台湾セミコンダクター(TAIWAN SEMICONDUCTOR MANUFACTURING TSMC ティッカーシンボル:TSM)

スポンサーリンク

2021/10/15:第3四半期決算

3QFY22
EPS予想 $1.06 vs $1.08 ⇒1.9% beat
売上高予想 $14.86B vs $48.88B ⇒0.1% beat
売上高成長率前年同期比 +22.6%
粗利率 51.3%(ガイダンス49.5-51.5%)
営業利益率 39%(ガイダンス39-41.1%)

ガイダンス
4Q
売上高予想 $15.58B vs $15.4~15.7B ⇒0.13% beat

スポンサーリンク

2021/09/05:未来は明るいと思う

  • 未来は明るいと思います。
  • だけど、部品不足がいろんなところに来ている。たとえばサブストレートと呼ばれる半導体の下地みたいなものまで不足している。それで、インテルが泡食っている。
  • だから、半導体各社はギクシャクしているんじゃないの?
スポンサーリンク

2021/08/11:決算悪かった会社は、2回、3回、4回…と悪い決算になるリスクが高い

MGA, TSMが決算外したので売ったが、将来を期待して買い直すか迷ってる

  • 決算悪かった会社は、2回、3回、4回…と悪い決算になるリスクが高いです。
  • それが悪い決算を出したら後で売る理由。なぜ心変わりする理由があるの?
  • 次の決算が良い数字になるのを見届けてから買い直せばいいのでは?

アナリストの楽観視のため$TSMは結果的に決算ミスとなったが、ホールドでよろしい?

  • まあ、100歩譲って許してあげるということもいいかも。
  • 実績のあるしっかりした会社なので…。
スポンサーリンク

2021/07/25:決算はかなり取りこぼした

TSM,TXNのガイダンスがアナリスト予想比で微妙でしたが半導体株は下落基調に入ったと判断してOK?

  • そうなのかもしれない。
  • 今期の決算発表はだいたい好調だけど、半導体は駄目なグループ。
  • TSMはかなり取りこぼしをしていたよね。全体としてもあまり良くなかった。
  • TXNはガイダンスが良くなかった。ガイダンスが弱いということは、会社側が車載半導体に対して自信を持っていないんだろうね。
スポンサーリンク

2021/07/19:市場予想を下回ったものの、単に市場予想が高すぎただけで、会社側のガイダンスは無事達成

スポンサーリンク

2021/07/15:僕だったら売る

  • TSM決算しくじったら売るという手もある。僕だったら売る。
  • 台湾セミコンダクター 第2四半期決算 EPS、売上高ともに× ガイダンスはOK
スポンサーリンク

2021/07/05:いいと思います

  • いいと思います
スポンサーリンク

2021/06/29:半導体に関しては、それほど強気ではない

  • このところ株価が伸び悩んでいるよね。業績メチャクチャいいのに。
  • ひとつには半導体不足で、ダブルオーダーみたいにふかした発注をしたり、新規の半導体工場を作ったり、設備投資をしたり。
  • そういう中長期的なだぶつきというか、過剰投資というか、そういうものに対する警戒が少しでているんじゃないかな?
  • 半導体に対しては、それほど強気ではない。
スポンサーリンク

2021/05/28:注文の水増しが横行している

  • 半導体に関してはやや心配しています。
  • 今、経済再開で景気が良くなって、半導体も足らないということが広く喧伝されていますよね。みんな知っていると思うけど。
  • メーカーの担当者は、半導体品不足だから、少し多めに注文しておこうという形で、注文の水増しが横行していると聞いている。
  • たとえば、エヌビディアはGPUを作っていて、仮想通貨のマイニングに使われる。先日、中国政府がマイニングに対する規制を発表しました。中国国内ではマイニングしにくい。マイニングリグとよばれるコンピューターを中国国外に中古で処分する、もしくは新しいマイニングリグを買えないということになり、ひょっとしたらマイニングリグが余るかもしれないという状況がある。まだ、わからないけど。
  • 何かの拍子で逼迫した需給が逆転する可能性があるということ。需給関係が暗転した場合、急転直下で半導体が余っているということになるかもしれない。
  • とりわけ問題なのが、不足している半導体の多くは自動車向け半導体。それらの多くは標準製品なんです。もっといえば、カタログをめくりながら、カタログから買うタイプの作り置きされた半導体。特に付加価値は高くない。だけどみんなが買ってしまったら手に入らなくなる。そういう類いのモノ。
  • 世界のどこかに付加価値の低い半導体が一杯ため込まれているリスクがないとはいえない。そういうことを心配している。
スポンサーリンク

2021/05/25:危ない!

  • これから世間は「モノではなく体験型消費へ」回帰すると思います。モノのストーリーに投資するのは止めて! 材木、半導体などはモノ型の需要です。いまそれらは経済再開との絡みで不自然に需要が誇張されている。危ない!
スポンサーリンク

2021/05/21:次に半導体で起こること

スポンサーリンク

2021/05/11:悪い理由ない。ホールドでいい

  • 個別に悪い理由はない。ホールドでいいんじゃない?
スポンサーリンク

2021/04/24:半導体不足なのは車載向け半導体。彼らにとってはどうでもいい

半導体不足と言われているのに株価が上がらないのは?

  • 別に…それなりに株価のパフォーマンス良かったと思う。全然心配する必要ない。
  • 半導体不足というけど、TSMがやっている半導体はほとんど不足していないからね。これ間違えちゃ駄目だよ。
  • 今、半導体が不足しているのは、車載半導体、自動車向け半導体、家電製品向け半導体とか、そういうカッティングエッジではない、ラギングエッジの半導体が払底しています。
  • 台湾セミコンダクターは、たとえばエヌビディア(NVDA)とかの最先端顧客にたいしてきちんと納品できるかということが、業績のほとんどを決定づけます。それがハイマージンビジネスで、ハイボリュームビジネス。
  • 彼らにとって半導体不足になっている自動車とかそういうアプリケーションはクソどうでも良いと思う。
  • もし、半導体不足に関係する銘柄を買いたいというのであれば、NXPセミコンダクター(ティッカーシンボル:NXPI)。これは自動車に対する売上比率が大きい株。こういう銘柄のほうが向いていると思いますよ。
スポンサーリンク

2020/07/31:TSMCはチャート妙味がある

TSMC, SMICの展開は?

  • TMSCのほうが好き。
  • まず、チャート妙味がある。新値に突っかけてきている。
  • SMICは、あくまでも夢を買う段階。中国政府が半導体業界にてこ入れする。中国政府がお金をまわして半導体産業を育成させるというストーリーだけであって中身は伴っていない。
  • 実際、SMICの線幅はTSMCよりも2世代、3世代ぐらい遅れた技術に依拠した生産体制になっている。
  • 一銘柄選ぶならTSMCにします。
スポンサーリンク

2020/07/29:長期的には良い

2日連続暴騰、新境地に入った?

  • チャート的にパーンと跳ねた後なので、そういうブレイクアウトした後は必ずテストしに来る。下値をグッとこらえられるか…という感じで。
  • その後で本格的な買いがきます。
  • 今、台湾セミコンダクターはその局面にある。
  • ちょっと引かされるリスクがあると思う。
  • でも、長期的には中身が良いことには変わらない。
スポンサーリンク

2020/07/19:決算結果と逆に株価が動いても心配する必要はない

決算発表で結果が良かったのに株価が反応していないのは?

  • 心配しなくていいと思う。
  • 決算発表があった後で、悪い決算だったのに株価が高いとか、結果が良かったのに株価が安いとか心配しないで
  • 決算の結果と違う動きをした場合でも、2週間から1か月ぐらいすれば、だんだん決算の結果と株価がさや寄せしていくから。
  • 新しいガイダンスに基づいてアナリストは予想数字を修正する。次にリサーチレポートを出すとき、決算の数字が予想より上ならばアナリストも数字をアップして出す。
  • リサーチレポートを出したら、それをスタンダートプアーズとか市場調査会社に提出する。すると彼らが予想数字を集計してコンセンサス数字を提示する。そうすると、ガイダンスが高ければ自ずとコンセンサス予想もアップする。
  • じたばたせずに待っていれば良いんですよ。
スポンサーリンク

2020/06/04:いいと思います

  • いいと思います。
ティッカーシンボルTSMTICKER SYMBOLQRSTハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました