スクエア(SQUARE ティッカーシンボル:SQ)

スポンサーリンク

2021/10/16:アフターペイを買収したので業績はいいはず

業績相場になると、GSDISSQあたりはどうでしょうか?

  • GSも決算良かった。今がピークかもしれない。
  • ディズニーはESPNをスピンオフするかもしれない。これ、スピンオフしないほうが良いと思う。でも、その材料で一回は買われるかも。
  • スクエアはアフターペイというBNPL企業を買収したので業績はすごくいいはず。
スポンサーリンク

2021/09/26:BNPL株はぜんぶ買いじゃない?

SQどう?

  • この前、アフターペイというオーストラリアのBNPL会社を買収した。これは良い買収だった。
  • 今、アファームに投資家の注目が集まっているが、BNPL業界はアファームだけじゃない。アファームも、アフターペイも、クラーナも頑張っている。
  • みんな今、景気が良い。この辺は全部買いじゃない?
スポンサーリンク

2021/08/02:アフターペイを290億ドルで買収

  • スクエアが豪州の分割払いフィンテック企業、アフターペイを290億ドルで買収
  • アフターペイを買収したので、繰上で決算発表した。
  • 第2四半期決算の数字は、EPS予想31¢に対して結果66¢。
  • 売上高予想50.5億ドルに対して、結果46.8億ドル。かなり大幅なショート。
  • 売上高成長率前年同期比+143%
  • square cash というアプリでビットコインの取引をしている。
  • ビットコインは価格が乱高下するに応じてそのトレーダーの人たち売買へするそういう性格がある。
  • 今季はつまり6月期はアナリストが予想したよりボラティリティーが少し少なかった。ビットコインのトレードにまつわる売上高がショートしたと考えている。
管理人
管理人

アフターペイ買収の件とバイナウペイレイターの説明に関しては動画をご確認ください

SQ, AFRM, MQどう?

  • スクエアは決算が悪かったので、少し考える必要あり。
  • アファームとマルケタは決算を待ちたい。
スポンサーリンク

2021/07/25:業績のモメンタムは少しおちh

SQ、長期保有してます。バンキングサービス開始に向けて株価上がりました。

  • 前回の高値283ドルに挑戦する動きですよね。
  • 新値取っていけるかというのは疑問。ややバリエーションが高いよね。
  • 業績のモメンタム的には少し落ち始めている。どうだろうね〜という感じ。
スポンサーリンク

2021/07/14:仮想通貨ブームが冷え込むと悪影響

SQ, PYPL, MQの今後の見通しは?

  • SQに関しては、仮想通貨ブームが急速に冷え込むと悪影響がある。PYPLも仮想通貨を決済のメニューに加えたので少しは影響ある。
  • マルケタの場合は、仮想通貨とは関係ない。むしろIPO初の決算発表をきちんとこなせるか。そこが注目ポイントだと思う。

MQは売上の70%がSQですが今後の見解は?

  • それは今はそう。でも、急速に変わっていくと思います。
  • 心配する必要ないと思う。

SQ, MQはビットコイン下落の影響は織り込み済み?

  • スクエアは織り込まれたかもしれないが、よくわからない。
  • マルケタは関係ないと思う。
スポンサーリンク

2021/05/06:仮想通貨トレーディングの依存度が高まっている

  • 基本的にはポジティブ。しかし、最近の業績はだんだん仮想通貨のトレーディングの依存度合いが高まっている。
  • 美容院、レストラン、花屋さんなどのマーチャンツの決済端末も作っているし、個人の決済アプリ、スクエアキャッシュというアプリもやっている。
  • 近年のスクエアの業績はスクエアキャッシュが伸びたことによって、仮想通貨の業績が駆動されている部分が多々あります。
  • もし、仮想通貨ブームが下火になるのであれば、そのスクエアキャッシュの成長変化率は当然鈍化してくる。
  • だけどスクエアという会社は、次から次へと新機軸を打ち出すのが非常にうまい。また次の売上伸張のためのネタを探してくると思う。そういう意味ではあまり心配していない。
  • 上場されていないけど、ロビンフッドとかと同じように、トレード関係のアップダウンに影響されることは、かなりの部分あることは事実。
スポンサーリンク

2021/05/06:株や仮想通貨への依存度が高い

  • PYPLとの違いは、SQはキャッシュアプリ、つまり株や仮想通貨への依存度が高い。
スポンサーリンク

2021/04/24:スクエアは一旦利食いになるかも。考え中

  • 基本的には好きな銘柄。
  • 直近はスクエアキャッシュの依存度が高い。
  • ロビンフッド現象とかも終わりつつある。
  • 仮想通貨もブームが下火。
  • チャラチャラしたトレーディング系のものというのは、下火になりつつある。
  • そういった局面では、スクエアは一旦利食いになると思う。
  • 今、考え中です。
  • BTC暴落が怖くてSQを利確した⇒それでいいと思う。
  • スクエアキャッシュは株トレーディングもできるので、スクエアキャッシュのアプリでビットコインETFが出たときにそれをトレードできるかといわれるとトレードできると思います。
  • けれど、ビットコインETFができたら、スクエアキャッシュにとってネガティブだと思う。
スポンサーリンク

2020/10/02:新値を付けたら飛び乗って!

SQについて、買いたいけど10月半ばまで待つか悩んでる。

  • SQは、いいと思います。
  • 170.41ドルが高値。それを超えると青空天井。今168まで来ている。チャートすごくいいね。これ、今日明日に新波動入るかも。ちょっと注目!
  • もし、新値付けたら10月まで待たずに飛び乗って!
スポンサーリンク

2020/09/05:その辺は大丈夫です!

決算が良かった、クラウドストライク、オクタ、ドキュサイン、リヴォンゴヘルス、スクエアは大丈夫?

  • はい、その辺は大丈夫です!大丈夫です!大丈夫です!
  • だから、持っててください。
スポンサーリンク

2020/07/06:いい。次の決算注目して

じっちゃまは、同じ銘柄で一回悪い決算でお別れしてまた好決算で出戻りした銘柄って過去にありますか?

  • ありますよ。僕がルールとして決めていることは、悪い決算を出した会社はベッドから蹴り出している。
  • 何でこのベッドで寝てるんだよ、このタヌキ!って感じで(悪い決算だったら)蹴り出して!!
  • どんなにあなたがこのストーリーがいいなと思った銘柄でも、一夜明け太陽の下で見たら「美女」じゃなくて「タヌキ」だった…。悪い決算とは、そういうこと。
  • この銘柄は命!アホールドしますって言っていたら、何が起こるか…。機関投資家がブワ〜っと売ってくるわけだから、その「怒濤の売り」になぎ倒されて、あなたは大損するのよ。
  • それより、皆が投げているなら自分も投げた方がいいでしょ。それやってください!!
  • 一回投げたら、Onece Burned,Twice Shy…。つまり、一度、火傷したら、二回目はよほど用心しないと火傷する。
  • だから、一回決算を取りこぼした会社が、次に決算が良かったら「まぁ、今回は良かったねぇ」という程度。もう一回、決算が良かったら「ん〜、見どころあるかもねぇ」。その次また決算がいいとなると「まぁ前ひどい目に遭ったけど、もう一回評価してやるかな〜」という形で、2回、3回点と決算が良くないと触手は動かないよね。
  • そういうことは、以前、Facebookで起こった。FacebookはIPO直後からずっこけてひどい決算だった。だけど、それ以降、良い決算をきちんと出せるようになった。
  • 同じことはスクエアにもあった。最初出てきたとき、おえぇ〜という感じで決算が悪かった。その後、良い決算を出せるようになって、ペナルティボックスから出てこられた。
  • だから、そういう(再インする)ことはあります。
スポンサーリンク

2020/07/09:決算まで待ちます

今日買ってもいいでしょうか?

  • 僕なら決算まで待ちます。
スポンサーリンク

2020/07/02:ペイパルやスクエアは、ビザやマスターカードとは住んでいる世界が違う

PYPL,SQがMA及びVに及ぼす影響についてお教え願います。

  • 一元的にはすべて決済にかかわる企業ですけど、でもこれらの企業は実際には違うと思う。
  • これらの銘柄は住んでいる世界が違う。
  • マスターカードとビザは、銀行サービスに付帯して銀行を助けるソリューション。たとえば、クレジットカードの処理はビザが担当するけど、与信は銀行が提供している。だから、共生共存関係にある。それが参入障壁になっている。
  • ビザという会社は、各銀行が出資し、決済システムができた。だから株主は銀行。
  • それが大きな違いだと思う。
スポンサーリンク

2020/06/28:ブレイクしたら買って

SQやPYPLは買いでしょうか?

  • 現状は買いだと思いますけど、SQはブレイクアウトしているのかな?
  • チャートポイントが近いと思う。ブレイクしたら買って。

ティッカーシンボルSQTICKER SYMBOLQRSTハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました