じっちゃま銘柄逆引き辞典:スクエア(SQUARE SQ)

スポンサーリンク

2021/07/14:仮想通貨ブームが冷え込むと悪影響

SQ, PYPL, MQの今後の見通しは?

  • SQに関しては、仮想通貨ブームが急速に冷え込むと悪影響がある。PYPLも仮想通貨を決済のメニューに加えたので少しは影響ある。
  • マルケタの場合は、仮想通貨とは関係ない。むしろIPO初の決算発表をきちんとこなせるか。そこが注目ポイントだと思う。

MQは売上の70%がSQですが今後の見解は?

  • それは今はそう。でも、急速に変わっていくと思います。
  • 心配する必要ないと思う。

SQ, MQはビットコイン下落の影響は織り込み済み?

  • スクエアは織り込まれたかもしれないが、よくわからない。
  • マルケタは関係ないと思う。
スポンサーリンク

2021/05/06:仮想通貨トレーディングの依存度が高まっている

  • 基本的にはポジティブ。しかし、最近の業績はだんだん仮想通貨のトレーディングの依存度合いが高まっている。
  • 美容院、レストラン、花屋さんなどのマーチャンツの決済端末も作っているし、個人の決済アプリ、スクエアキャッシュというアプリもやっている。
  • 近年のスクエアの業績はスクエアキャッシュが伸びたことによって、仮想通貨の業績が駆動されている部分が多々あります。
  • もし、仮想通貨ブームが下火になるのであれば、そのスクエアキャッシュの成長変化率は当然鈍化してくる。
  • だけどスクエアという会社は、次から次へと新機軸を打ち出すのが非常にうまい。また次の売上伸張のためのネタを探してくると思う。そういう意味ではあまり心配していない。
  • 上場されていないけど、ロビンフッドとかと同じように、トレード関係のアップダウンに影響されることは、かなりの部分あることは事実。
スポンサーリンク

2021/05/06:株や仮想通貨への依存度が高い

  • PYPLとの違いは、SQはキャッシュアプリ、つまり株や仮想通貨への依存度が高い。
スポンサーリンク

2021/04/24:スクエアは一旦利食いになるかも。考え中

  • 基本的には好きな銘柄。
  • 直近はスクエアキャッシュの依存度が高い。
  • ロビンフッド現象とかも終わりつつある。
  • 仮想通貨もブームが下火。
  • チャラチャラしたトレーディング系のものというのは、下火になりつつある。
  • そういった局面では、スクエアは一旦利食いになると思う。
  • 今、考え中です。
  • BTC暴落が怖くてSQを利確した⇒それでいいと思う。
  • スクエアキャッシュは株トレーディングもできるので、スクエアキャッシュのアプリでビットコインETFが出たときにそれをトレードできるかといわれるとトレードできると思います。
  • けれど、ビットコインETFができたら、スクエアキャッシュにとってネガティブだと思う。

銘柄逆引き辞典SQTICKER SYMBOLQRSTハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました