【重要】宇宙、ゲノム、燃料電池、EV、AI…テーマやストーリーに投資する際に知っておくべきこと

こんにちは、酒とロック(@saketorocks)です。

2021年4月25日のじっちゃまLIVEは、震えるほどの神回でした。

少しおおげさかもしれないけど、株式投資に対してある意味、悟りが開けたんじゃないか…と言いたくなるほど。

SPAC、ストーリー、テーマ株に投資するなら、投資としてではなくギャンブル枠としてお金を入れよう。金輪際、浮ついた気持ちで相場に向き合うのを今後止めよう。。。

痛い目に遭ってきた人ほど、この話は身にしみるはずだ。

スポンサーリンク

エキサイティングなストーリーやテーマに投資するとは?

テスラ、アマゾン、アップルなどが今週決算発表

宇宙、ゲノム、フィンテックなど、ARKのファンドコンプレックスというのは、典型的にエキサイティングなテーマやストーリーを買うファンドです。

でも、最近になって投資をはじめた人は、投資とはストーリーにかけるものだと勘違いしている。テーマを買うべきだと。

そうじゃないんですよ。

過去、何十年もの歴史の中で、テーマとかストーリーとかがワークして儲かったときというのは、ほんのちょびっと、ちょびっと、ちょびっとしかない。

どういう投資が成功したかというと、がっつり決算、がっつりファンダメンタルズ、がっつり金利…そういったものを手がかりにして、地味に投資したものが成果を生んでいるんです。テーマやストーリーは結果を生み出していないんですよ。

スポンサーリンク

テーマやストーリーは豚に口紅を塗って売り飛ばすようなものである

僕は、ストーリーやテーマに対して、深い反省があります。なぜかというと、そういうテーマやストーリーをでっち上げるのが僕の仕事だったから。

テーマとかストーリーというのは、豚に無理矢理、赤い口紅を塗って売り飛ばすようなことに他ならないんですよ。

エキサイティングだからテーマ株買いたいというのは、投資の入口としたらそれでいいと思うけど、それは幼稚。初心者っ。

僕は、半分悲しい気持ちでロビンフッド現象とかSPACとかを見てきた。なぜなら、この映画の結末は悲劇だと言うことが見えているからね。

バージンギャラクティック(ティッカーシンボル:SPCE)の「宇宙旅行に行こう」とかさぁ、そういう銘柄はどうだろうねぇ〜と思っちゃうよね。

そういう会社なんですよ、ARKという会社は。別にキャシーウッドのことをディスっているわけじゃない。尊敬している。

でも、投資の本質というのはそういうもの。

スポンサーリンク

日本では技術革新やイノベーションが起こらない理由とは

技術革新やイノベーションを推し進めようと思ったら、損してもかまわない、チャンスにかけるんだ!というマネーを必要とする。獰猛なマネーをね。

それのことを投資の世界ではアニマルスピリットという。アニマルスピリットがないと、技術革新やイノベーションは起こらない。経済は前進しないんです。

なぜ、日本経済をディスっているかというと、アニマルスピリットを持った獰猛なマネーが少ないし、それを活用するきんゆうさ金融サービスが欠如しているから。だから、日本からは何もでてこない。当たり前でしょう?

別に日本人が悪いわけじゃない。日本人は優秀な国民で、勉強もできる。資質としては恵まれている。

だけど日本経済の仕組みが、そうした冒険や失敗、チャレンジに対してフレンドリーにできていない。

だから、日本はダメだといっている。

あなたのお金、リスクにさらして大丈夫?

それをアメリカに転じると、アメリカにはARKみたいなアグレッシブなファンドが存在する。キャシーみたいなアグレッシブなファンドマネジャーがいる。だから、彼女は尊敬されている。

しかし、そこで気がつかなければいけない。

「キャシーすごい、偉い!じゃあ、キャシーのところに自分の金を持っていこう」という風に思って、あなたが一生懸命稼いだお金を託したら…。

それは博打なんだよぉ〜。博打っ!わかります?

一般論として、社会を論じるときにARKみたいな存在があるということは、素晴らしいことですよ。

だけどあなたのお金、リスクにさらして大丈夫ですか?

ストーリー株に光が当たるときとは

今、なぜARKが儲からなくなっているか、ロビンフッドが儲からないか、SPACが儲からないのか?

投資には人気、不人気のサイクルがある。

そういうアグレッシブなストーリーが人気になる局面もある。そういう局面というのは、だいたい世の中が暗いときが多い。

わかる?すごく大事な話しているよ!

去年、新型コロナが蔓延して外出禁止令が出て、どこへも行けない、お金も使えない、自分の職があるかどうかもわからない。お先真っ暗という状況だった。

その時に僕は、「株は買いだわ…」と思った。

なぜか?そこへしか余ったマネーが行くところがないから。

世の中が不況で、成長がない局面では、グロースやストーリーというのは、差し込んでくる光なんです。その光を求めて、光の方へなびいていくわけです。だからARKやテスラが高パフォーマンスだった。

グロース株がやられる局面とは

だけど、今は注射を打って、もうこれで遊びに行こうとリア充しようとしているのに、何が悲しくて株なんか買っているわけ?

成長ひとつ見たって、成長している企業なんか石を投げればEPS成長20%、25%とか企業にあたりますよ。

成長がレアではない。当たり前なんですよ。

そのときに、ハイパーグロースだという銘柄が50%成長という決算を出したとするよね。その時に投資家はどういうリアクションをするか?

「はぁ?なんだお前の成長率たった50%なのぉ?成長株っていうからには、100%ぐらい成長しろよ!」って感じで、投資家がグロース株を見る目が厳しくなっている。

だからARKとかがグズグズしているわけ。

経済の流れ、物色の流れ、株式市場での人気というものを、味わえるように早くなってください。

Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃま
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました