ロビンフッド(Robinhood HOOD)

hood

スポンサーリンク

2021/07/03:ロビンフッドのIPOは失敗します

  • 今度ロビンフッドのIPOが動き出す。
  • それは何を意味するか。個人投資家ブームというか、ゲームストップやAMCなどのロビンフッド銘柄が相場になるかもしれない。
  • ロビンフッドの口座開設も加速するかもしれない。ロビンフッドIPOは、35%、ロビンフッド口座開設者に株を渡しますと言っているから。
  • そうすると大部分の初心者は、「ロビンフッドの口座を開設するとロビンフッドの株がもらえるのかよ!いいねぇ〜!!」と口座開設が殺到するかもしれない。
  • 目先としては、個人投資家フィーバーが来るかもしれない。
  • しかし、実際にロビンフッドIPOが値決めされたら、コインベースのIPOのようになるかも。わーっと下がって悲惨でしょう?値決めされたところが、天井だった。BTCもそうだった。
  • 同じ事がロビンフッドのIPOに起こらないという保証はない。
  • ロビンフッドのIPOは、失敗します。ロビンフッドのIPOは、失敗します。ロビンフッドのIPOは、失敗します。
  • それは、僕がシンジケートでIPOの実務をやっていたからよく分かる。
  • 35%もの株を個人投資家にアロケートして、それどないすんねん!と僕は言いたい。
  • その話を聞きつけて、ロビンフッドの口座を開設する人、お金持ちだと思います?そもそもロビンフッド口座開設者は、18-44歳。メインはミレニアム世代とかゼット世代。若者だよね。
  • それは、その人達を馬鹿にしている訳ではない。そのぐらいの株式投資を始めるのは非常に良いこと。でも、投資資金を限られているということを言いたい。
  • 一生懸命働いて貯金を作り、ロビンフッド口座を開設し、株を買う。そのロビンフッドの株が下がったら、ナンピンできます?ほとんどの株主はアホールドしなきゃならない。それに向けて、ヘッジファンドがバーッと売ってくるわけだから、株価は下がる。そういうシナリオが怖い。
  • ロビンフッドの相場は終わるだろうし、IPO市場全体が冷え込むかもしれない。注目度の高いディールがずっこけると、冬が来る。
  • たとえば、WE WORKがIPOできず断念した。あの後で、ディールが止まった。そういうパターンになるリスクがあるかも。
  • 強気一辺倒はやめてください。ロビンフッドのIPOで盛り上がることはあるだろうけど、クールな態度で突き放してその様子を眺めるということが大事だと思っている。
スポンサーリンク

2021/02/28:情弱が、馴れ合いながらウハウハ儲けられるほど、株式投資は甘くアリマセン!

  • このまえゲームストップ株の事でロビンフッドやレディットが議会に呼ばれてぎゅうぎゅう絞られました。そのとき証人のひとりとして識者の立場からシンクタンク、ケイトー・インスティチュート(Cato Institute)の女性が最近のネット証券の在り方に関して証言したんですね……
  • そこで彼女が言っていたことは「たしかに掲示板とかで銘柄を示し合わせてみんなでワッセワッセと買い上がるような行為もある。しかしその一方で大半の新しい投資家は堅実なコツコツ投資を目指している」とデータを引用しながら語っていました。
  • 今回の個人投資家による腕力相場→長期金利の上昇→腕力相場の瓦解、、、という喜劇の影で、「ほんとうの多数派」のコツコツ投資家たちは黙々とVTIなどの米国株をまるごと買うようなファンドを積み立てている…… まずこの事実に我々は「はっ!」と気が付くべき。
  • 株式投資は「スケベ」でやるもんじゃない!
  • ありえない一攫千金を夢見る夢想家も、宝くじで夢をみたほうがマシ。すくなくとも宝くじなら有り金全部失うようなことは無いだろうから。
  • 情弱が、馴れ合いながらウハウハ儲けられるほど、株式投資は甘くアリマセン!
  • まずiDeCoやって。
  • 次に積立NISAもやって。
  • 個別株は、その後でいい。
  • 大多数の個人投資家がまずやるべきはiDeCoと積立NISA。これらが、メインコース。個別株は、いわばデザート。それは……別腹でやって! キミらがやろうとしていることは、ステーキ喰う前にデザート喰うような愚行だ。
スポンサーリンク

2021/01/31:ロビンフッドが証拠金を積めなくなってJPモルガンに駆け込んだ

  • もう一回、なぜ先週ロビンフッドが50銘柄を買い禁止にしたか、説明しようか? これ、大事な話だからしっかり聞き届けて。
  • ロビンフッドのような証券会社があなたのような個人投資家からお金を預かった場合、それはストリート・ネームというカタチで混蔵保管されます。
  • 一見すれば証券会社があなたのお金を預かっているわけだから証券会社はそれを自由に使ってあなたに代わってトレードの決済をつければそれで済むように見える……でも実際は顧客の現金と証券会社の現金は混同してはいけないのです!
  • お客さんにある株をトレードさせて、それの受渡しがT+2、すなわちトレード日から起算して2日目に完了するまで「滞空時間」があります。その「待ち時間」の間、証券会社はトレードを清算するクリアリングハウスに一定の証拠金を積まないといけない。これは顧客資産とは「別腹」である必要があります。
  • この場合、クリアリングハウスとはDTCC(Depository Trust & Clearing Corporation)という会社です。
  • 普通、DTCCの取引相手は何十年も付き合いのある素性の知れた相手ばかりなのでT+2の「滞空時間」の間、別にたいした証拠金も要求せず、お互いの信用で決済の履行を当然のこととして処理します。 ただし例外がある。
  • ある証券が急騰・急落し(ひょっとすると代金を踏み倒されるかも?)という疑いがある場合、DTCCに積む証拠金の比率を引き上げます。これは「相手が信用できない!」という理由ではなく「値動きが荒っぽいから当然事故が起きることも想定しなければ」という気持ちでやることです。
  • いまゲームストップ株などの荒っぽい動きをする銘柄に関して、このクリアリングハウス証拠金率が跳ね上がっている。それでロビンフッドが証拠金を積めなくなってJPモルガンに駆け込んだ。
  • ロビンフッドの顧客は「ちぇっ!ロビンフッドは使い無いな。それじゃWeBullに証券口座を開け直すか……」と考えている。 おなじことなんです! WeBullだってDTCCから高い証拠金を要求されるから自己資本不足に陥り「買い禁止!」を宣言せざるを得ない。
  • 先週、ロビンフッドだけではなく、ネット証券の多くで一握りの銘柄が「新規買い禁止」になった背景はそれ。突き詰めて言えば、ゲームストップ株をオモチャにしてしまっている個人投資家のメチャクチャなトレードこそが信用コスト増の原因なのであってロビンフッドに対して怒るのはお門違い
  • 結論としては「証券の受渡しのシステムがぶっ壊れるまでトレードするバカタレ」がおまえたちだということ。 これで事故が起きない方が不思議。 のぼせあがるのもいい加減にしなさい。
  • 先週ロビンフッドはJPモルガンなどから10億ドルの信用供与枠をドローダウンしました。それに対しDTCCはロビンフッドに対し330億ドル(!)のクリアリングハウス証拠金を要求している……JPモルガンから与えられた当座の資本なんて、一瞬で使い切るスケールです。
  • するとロビンフッドが自己資本不足から抜け出すには断続的に「50銘柄の買い禁止」を連発して、兎に角、買い方の動きを封じないといけない。 いまBidが消えたら……ゲームストップとかの株は、どうなると思う? 冷静になれよ!
  • 去年、外出禁止令が出た時、スーパーからトイレットペーパーが消えた。そら、そうだろう。見境なくトイレットペーパーを買い込むものだから、生産が間に合わなくなるのは当たり前!いまゲームストップ株が断続的に「買い禁止」になるのは、まったく同じ仕組みやで。いい加減、バカな買い込み、やめろ!
スポンサーリンク

2021/01/29:飛ぶのはロビンフッドかもしれない

  • ロビンフッドが銀行から信用供与枠を引出し。→資金がひっ迫している。 警戒して!
  • ロビンフッドは資金繰りに苦しんでいます。今後も何度も新規買い注文を受け付けないことが起きると思う。
  • ほんとうに、投機的な株に手を出すのは止めて! 大やけどすると思うよ。
  • いまロビンフッドに起こっていることは、たぶんトレードの受渡し業務に絡んで、自己資本比率に抵触しかかっているのだと思います。
  • とても難解な概念で、わかりにくいと思うけど、証券の受渡し業務の「配管部分」の説明をします。
  • 清水一行の小説に「相場師」という名作があります。主人公は場立ちから身を起こし証券会社のオーナーになるところまで出世します。でも証券不況で経営が苦しくなり、悪戦苦闘します。
  • ある日、大きな火の玉(流れ星)を見て、大相場が来る!と確信します。その間にも経営は日に日に悪化します。最後に本当に大相場が来て、買い注文が殺到するのですが、その買い注文が受渡日がくるまで証券会社が代金を立て替えなければいけないので、立替金不足で瞬間倒産してしまうのです。
  • ポイントは「証券会社は活況すぎると自己資本比率の面でとてつもないプレッシャーを受ける」ということだけを理解してください。
  • いまアメリカ株はトレード日から2日後(T+2)に受渡日が来ます。その間、買い付け代金の一部は直ぐにクリアリングハウスであるDTCという受渡機構へ「クリアリングハウス預託金」として入金する必要があります。
  • でも実際の取引の決済は2日後です。だから2日間の資金立替は、顧客資産に手を付けず、証券会社の差し引き資本準備義務(net capital obligations)で行う必要があります。
  • 僕もH&Q時代に巨大な買い注文が来た日、H&Qが資本準備義務に抵触してしまってFRBから大目玉を喰らったことがあります。
  • 要するにロビンフッダー達が「思いっきり買いあがろうぜ!」と皆でイキリ立っても、もう証券会社の資本力がパンク状態なので怒涛の買い注文が来るたびに断続的に今日実施されたような「買い禁止!」を宣言せざるを得ないということ。
  • みんなはヘッジファンドが飛ぶのを見たさに「ワッセワッセ!」と焚き付けているけど……「飛ぶのはロビンフッドかもしれない」ということには考えが及ばないわけ?

2020/08/15:20歳の大学生がオプション取引を試してみて瞬時に7300万円の負債を作り、それを苦に自殺した。

  • 今週末の『バロンズ』誌、巻頭特集は株トレアプリのロビンフッド。
  • ロビンフッドはモバイルファーストを念頭にサービスを構築している。口座開設時最低投資資金の制約はつけてない。サクサクとトレードできるし受け渡し日が来るまで反対売買の制約も課してない。口座開設も即承認。最初の入金が着金する前からトレード開始OK
  • ロビンフッドでトレードしている個人投資家はRedditやフェイスブック・グループでチャットし銘柄について語り合う。
  • 株式投資の「ゲーミフィケーション」ないしは「ソーシャル化」を引き起こしている。
  • ロビンフッドの株式委託手数料は無料。マーケットメーカーからロビンフッドのオーダーフローに対して支払われる対価がロビンフッドの売上高。
  • ロビンフッドはオプション取引もカンタンに始められる。20歳の大学生がオプション取引を試してみて瞬時に7300万円の負債を作り、それを苦に自殺した。
  • ロビンフッドにはコールセンターは無い。自分の口座残高情報に対する疑問が生じた時、相談できない。
銘柄逆引き辞典TICKER SYMBOLEFGH金融株HOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました