ミスター・カーウォッシュ(mister carwash ティッカーシンボル:MCW)

mcw


スポンサーリンク

ミスターカーウォッシュについて

  • 1996年設立の全米最大洗車場ブランド
  • 21州344の洗車場を保有(まだまだ伸びしろあり♪)
  • Unlimited Wash Club(UWC)と称するサブスクモデルを導入
  • 2021年3月現在、140万人のUWC会員を保有(2010年12月31日から2021年3月31日までのCAGRは43%)
  • 2020年、コロナ渦でも24万人のUWC会員が増加
  • 既存店売上高は、39四半期連続で増加。2010年から2019年まで年平均9%成長。2020年はコロナの影響により-11%となったが、2021年の第1四半期には、既存店売上高が18.6%増加している。
  • 洗車場総数は、2010年の65拠点から2020年には342拠点に。2021年3月31日には344拠点に増やし、2010年から2021年3月31日までのCAGRは18%成長。
  • 総売上高は2010年の124百万ドルから2020年には575百万ドル、2021年3月31日までの過去12か月間は595百万ドルに増加し、2010年から2021年3月31日までのCAGRは17%。
  • 純利益を2010年の400万ドルから2020年には6000万ドル。2010年から2021年3月31日までのCAGRは34%増加。
  • 純利益率は2010年の3.0%から2020年には10.5%。2021年3月31日には182百万ドルに、2010年から2021年3月31日までのCAGRは26%に増加。
  • 主要指数:Location Count(期末時点の洗車場総数)、Comparable Store Sales Growth(既存店売上高成長率)、UWC Members(Unlimited Wash Club会員数:サブスク利用者)、UWC Sales as a Percentage of Total Wash Sales(サブスク売上高)、Adjusted EBITDA and Adjusted EBITDA Margin(調整後EBITDAと調整後EBITDAマージン)
  • UWCメンバーシッププログラム、モバイルアプリ、Webツールを通じて顧客データを収集し、収集した顧客データを通じて、ターゲットを絞ったマーケティング、顧客ロイヤルティ、および新規顧客の獲得を促進。
  • 2021年には、全国の既存市場で合計16~18の新規出店を見込んでいる。
  • CEOはJohn Lai氏。ネスレ、ブルーコーラルシステム(洗車用洗剤)、FinanCenterで営業担当副社長を経て、2002年にミスターカーウォッシュへ入社。
  • 幹事会社:バンクオブアメリカ、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど

全米50州のうち、半分以下の21州のみの展開であり、伸びしろは十分。

スポンサーリンク

2021/10/03:良いのかもしれない

MCWが先週の下げ相場で少し上げた。今後チャートが上げてくればテクニカル的に買いになりそう?

  • なかず飛ばずだけどねぇ。
  • 一応、決算もクリアしているし、ま、良いのかもしれないね。
スポンサーリンク

2021/09/26:今は売上高成長率を根拠に買われているよね

DRVNやMCWやCOURなどは決算良かったけど、株価が振るわない銘柄は他の銘柄と何が違う?

  • 売上高成長率じゃない?
  • 今、投資家が何を切り口に銘柄を突っついているかというと、売上高成長率が爆発的に高い銘柄がチヤホヤされている傾向があるよね。アップスタートとかアファームとか。
  • それらに共通するのは成長率。いつまで続くかわからないけど、今は成長率だと思う。
スポンサーリンク

2021/08/25:19.57ドルで値決めされたけど一度も上回ってない

  • ミスター・カーウォッシュ(MCW)1200万株の売出し$19.57で値決めされたけど一度も上回ってない。モルスタ……ふがいないな。「株式の王者」の伝統は朽ちつつある。
スポンサーリンク

2021/08/22:心配しなくて良い

MCW, ABNBは決算良いのになぜ株価が下がる?

  • そういうことはしょっちゅうあります。
  • 心配しなくていいです。
  • ミスターカーウォッシュとエーアンドビーの決算、中身、非常に良かった。
  • 2か月、3か月とか、ならしてみれば、ほとんどの場合、良い決算を出した企業の株はじりじり良くなります。
  • 好決算を出して株価が動かなかったからと言って、そわそわする必要はありません。
  • 僕はエアビー嫌いなのよ。経営者も嫌いだし。細かいところを端折る姿勢が嫌い。そういったエアビーでも、ちゃんとした決算だと認めざるを得ない決算だった。

Yahooファイナンスにガイダンスが示されてない

  • はい、出ていないですよ。
  • 会社側が決算発表のときにリリース時に行うか、カンファレンスコールで話す場合、あるいは一切言わない場合がある。
  • それは決まったルールではないです。
スポンサーリンク

2021/08/13:EPS、売上高、ガイダンスすべて〇

  • ミスター・カーウォッシュ(ティッカーシンボル:MCW)が第2四半期決算を発表しています。
  • EPSは予想9¢に対し14¢、売上高は予想1.92億ドルに対し1.97億ドル、売上高成長率は前年同期比+93%でした。
  • 既存店売上比較は+93%でした。
  • 2021年の売上高は+30%成長を見込んでいます。修正EPSは39~44¢を見込んでいます。
  • ここまでの決算をまとめるとDOCS、UPST、DDOG、COUR、GDRX、MQ、MCW、ABNBの決算に好感を持ちました。サバゲーで次のステージへ進んだ状態。
スポンサーリンク

2021/08/02:ブランド戦略、経営面は共感できる

DRVNとMCWどちらが好き?

  • ドリブンの成長率は馬鹿にならない。100%以上。
  • ミスターカーウォッシュの成長率はど忘れしたけど、そこまで成長していないんじゃないかな?(2010年から2021年3月31日までのCAGRは17%)
  • ブランド戦略、経営という面ではミスターカーウォッシュに共感する。
  • しかし、いい加減に経営されている街の修理工場を買収して大きくなる戦略をとっているドリブンブランズもなかなか捨てがたい銘柄。
  • ドリブンは最初見たときすごく良い銘柄だと思ったけど、IPO初の決算発表でずっこけた。その理由は外出禁止令でみんなどこも行けなかったので、自動車修理がぜんぜんなかった。それで最初からケチがついた。
  • でも見過ごされているのは多分にあるけど、ドリブンブランズのビジネスモデルは非常にいいと思っている。
  • 両方好きです。
スポンサーリンク

2021/06/25:15ドルで値決め

ミスター・カーウォッシュ(MCW)、3750万株を15ドルで値決めしました。当初レンジは15~17ドル。

スポンサーリンク

2021/06/22:☆☆☆

ドクシミティー ☆☆☆☆☆
ゾーメトリー ☆☆☆☆
リーガルズーム ☆☆☆
ミスター・カーウォッシュ ☆☆☆
トーリッド ☆☆☆
クリスピークリーム☆☆☆
センティネルワン ☆☆
インタップ ☆
コンフルーエント
インテグラル・アド・サイエンス

スポンサーリンク

2021/06/21:新規株式公開

ミスター・カーウォッシュが近く新規株式公開 全米最大の洗車場ブランド

スポンサーリンク

2021/06/20:営業キャッシュフローがすごい。黒字

  • ミスター・カーウォッシュ(MCW)良いIPO。カー・ウォッシュのサブスクリプションが大人気。従業員を大切にする会社。医療保険も401(k)も完備。営業キャッシュフローがすごい。黒字。
  • カー・ウォッシュ(洗車場)のビジネスのキャッシュフローが魅力的なことはアメリカの裕福層なら誰でも知っていること。一度はカー・ウォッシュのオーナーになることを夢見ない人は居ません。
  • でもカー・ウォッシュが繁盛するカリフォルニアやアリゾナのような処は水不足も深刻です。そこで洗車の水をリサイクルする地下貯水槽の設営など、ビジネスはどんどん資本集約的になりはじめている。
  • ミスター・カーウォッシュの場合、汚れの程度や使用する化学物質などに応じて4つの地下貯水槽を設けてリサイクルしている。
  • 生え抜き主義で、優秀な社員をどんどん昇進させ、新しいロケーションの新規開店に投入する。
  • 顧客は洗車を定期購読(サブスクリプション)すると一月に何回でも洗車できる。自分の行きつけのミスター・カーウォッシュだけでなく、他州のミスター・カーウォッシュでもOK。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOP消費循環株MCW
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました