じっちゃま銘柄逆引き辞典:フェイスブックまとめ(Facebook FB)

スポンサーリンク

2021/05/11:いずれ業績の良さが、株安の状況を救う

好決算にも関わらず株価が大きく下がる理由は?ZMを$370で買ってガチホしてる。このままずっと株価が下がり続けると思う?

  • それは地合が悪いから。しばらくは下がり続けると思う。
  • でも、そもそもなぜ決算を精査するかは、こういうときがあるからこそ。
  • 株価が下がったときに持ち続けることができるか、その根拠を提供するのが好決算でなければならない。
  • 今みたいな局面でガチホするのは当たり前。
  • 業績の良い株、GAFAM、ZM、OKTA、CRWDとかそういう銘柄は、いずれ業績の良さが、株安の状況を救う。ただ待っていれば救われるという銘柄を買うべき。
スポンサーリンク

2021/05/06:大型株から入るのが保守的

  • VTIやETFに投資して、その後個別株をやるなら、アップル、Amazon、Facebook、マイクロソフトなどの大型株から始めるのが保守的なやり方じゃないかと思う。

スポンサーリンク

2021/05/01:決算は強い数字でした

  • 第1四半期決算EPS予想2.32ドルに対し3.30ドル。売上高予想236億ドルに対し結果262億ドル。売上高成長率前年同期比47.7%。強い数字でした。
  • デイリーアクティブユーザーは前年同期比8%。AURP(Average Revenue Per User)前年同期比30%。広告表示回数前年同期比12%。つまり、広告単価の上昇が売上高を牽引しているということ。
  • ガイダンスとして第2四半期の売上高も第1四半期と同じかそれ以上のペースで拡大するというコメントが出ていた。FBは思いっきりガイダンスを抑える企業で知られているので、それをちょっとでも強気のことを言うというのは非常に珍しい。今回のセカンドクオーターのガイダンスは非常に強いものだったと思います。
  • 本日までの決算発表で好決算TOP3は?⇒強い印象を与えた銘柄はAMD, FB, GOOGあたり。

2021/04/29:EPS、売上高ともにOK

  • フェイスブック 第1四半期決算 EPS、売上高ともにOK

2021/04/24:全然、問題なし

  • 第4四半期決算は、EPS予想3.24ドルに対して、3.88ドル。売上高予想264億ドルに対して281億ドル。売上高成長率前年同期比33%。
  • 全然問題なし。

2021/04/09:世界のワクチン普及の遅れは、フェイスブックにとって痛くもかゆくもない

  • チャートが非常に魅力的。しかし広告からの収入がメイン。ワクチンペース鈍化により米国以外の経済回復が遅れると考えると、少し魅力度は落ちたと考えるべき?⇒いいえ、そうではない。
  • FacebookのARPU(Average Revenue Per User)、つまりユーザー単価、ユーザーあたりの広告売上高、それがアメリカと世界では全然違う。
  • アメリカのFacebook一人当たりの売上高は大きい。世界のARPUは小さい。
  • 今、新型ワクチンの普及が遅れている国は、みなARPUが小さい国で遅れている。
  • Facebookにとってみれば、痛くもかゆくもないと思う。
  • 今、仕込むのも良いと思う。
  • 今までの上値抵抗線をブレイクアウトしたばかりだから。
  • チャートを手がかりにトレードするなら、Facebookのチャートほどきれいなチャートはあまりないと思う。

2021/04/07:GAFAMのなかで一番旬なチャート

  • いずれピークデジタルがくるから株価が上昇できなくなると言った。
  • それから半年以上経っているから、休養十分。
  • 時点で買いになると思う。
  • GAFAMのなかで旬なのは、Facebookである。
  • 同じくGOOGもブレイクアウトしたばっかり。
  • 2,152ドルという過去の上値抵抗線をブレイクアウトした。
  • GAFAMのなかでもGOOGとFBは経済再開関連銘柄といわれている。レストラン広告やブティック広告の売上高の比率が高い。
  • マイクロソフトも新波動入りしようとしている。
  • AAPLとかAMZNは比較的最近までチヤホヤされていたので出遅れているよね。
  • ZMやOKTAより、一足先にお休みしていたのがFB。そういうものが今は旬になっている。
  • 休むと言うことは決して悪いことじゃない。
  • 休養十分なFBやMSFTに順番が回ってきている。

2021/03/25:304.67ドルを超えたら面白い展開

  • 今後は個人情報の扱い、独占の問題等で成長が妨げられる?⇒ある程度あると思いますが、もう株価に織り込まれていると思います。
  • レンジの上弦に近づいている。
  • 304.67ドルを上にいったら面白い。レンジを抜けて一回下がるかもしれないが、また上をトライする展開かも。
  • 決算のOutlookはいいと思う。

2021/03/20:ピークデジタルはすでに織り込まれている

  • InstagramはFacebookが持っているが、そのInstagramに加えて、今のInstagramのユーザー層よりも、もっと若い層にアピールするような…言い方を変えれば、Snapchatってありますよね。SnapchatってInstagramのユーザー層よりは少し若いと思うんだけど、まぁ、統計を見ていないので少し当てずっぽうで申し訳ないんだけど。
  • でも、きっとSnapchatのユーザー層は高校生とか若い子とかが多いと思うんだけど、それにもっとダイレクトに競争するようなプラットフォームを作ると昨日言っていたんじゃないかな?それが株価高騰の理由では?
  • ディエムの情報に進捗ある?⇒よくわかんない。何だっけ?ディエムって。何それ。
  • ピークデジタルは、今もうすでに株価は織り込まれているんじゃない?
  • 2020年8月24日にピークデジタルに気を付けろという記事を書いた。
  • そのときからピークデジタルへの懸念は始まっていたんじゃない?
  • この辺の銘柄は半年ぐらい横ばいしているわけだから、ピークデジタルはその間にかなり消化している。
  • そろそろ連休明けじゃないか?

2021/03/09:FBは問題ない

  • Facebookは問題ない
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典FBTICKER SYMBOLEFGHハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました