じっちゃま銘柄逆引き辞典:アゼクまとめ(THE AZEK COMPANY AZEK)

住宅ブームで大人気。アウトドアデッキやポーチ向け塩化ビニール木材複合材メーカ「アゼク」まとめ。

https://azekco.com/

管理人
管理人

じっちゃまが住宅関連銘柄で指数チェックをする際は、(先行指標として)材木関連のルイジアナパシフィック(LPX)をチェックしているそうです。

スポンサーリンク

2021/05/01:たぶん大丈夫だと思います

  • ブレイクアウトした後で、株価が戻ってきている。
  • 今の水準を死守しないといけない。
  • この水準より下げたらマズイが、たぶん大丈夫だと思います。
スポンサーリンク

2021/4/24:長期保有できるかは決算次第。

  • 長期保有できるかどうかなんて分かりません。
  • 決算次第です。
  • 今のところ、足元の業績の見通しはいいですよね。
  • いつも言っているが、長期保有できるか質問してくる人が多いが、その質問嫌い。
  • 長期保有に足りる銘柄かどうかというのは、あくまでも決算による。悪い決算を出している会社は、長期保有する意味なし。
  • 決算が良ければ保有しておけば良い。
  • それを何回も繰り返していたら、長期保有になるわけです。
  • テメェが勝手に硬く信じ込むタイプのものではない。それを誤解している人が非常に多い。初心者ほど、誤解している。
  • 長期保有するという固い決心、それがあなたを損から守ると勘違いしている人が後を絶たない。それはあまり投資戦略ではない。
スポンサーリンク

2021/4/16:住宅ブームで人気化

  • 住宅建設の建材メーカー。
  • アウトドアデッキやポーチ向け塩化ビニール木材複合材メーカー。
  • 雨にさらされる外のストラクチャをやっている。
  • 木材のまわり塩化ビニールのコーティングをしてあるような、雨ざらしにできる建材を作っている。
  • 去年新型コロナがあって在宅勤務を強いられた。狭い家に住んでいて、いろんな不便なことが多かった。郊外の家に住み替えたい。どうせ住み替えるなら、アウトデッキがある家に住みたいとみんな夢を見る。このセグメントが人気になっている理由は、そこ。
  • アウトドアデッキがある家、新築住宅がものすごく消費者に好まれている。一種のアウトドアブーム。
  • アゼクの場合は、リサイクル原料を主に使用している。
  • 自社工場を持っている。
  • ESGが脚光を浴びている。環境にやさしいグリーンな企業が人気になっているが、アゼクもリサイクルに非常に力を入れている会社。
  • 売上高の推移はこんな感じ。
アゼクの売上高(百万ドル)
2017年663
2018年682
2019年794
2020年899
  • 修正EBITDA(利払い前、償却前利益)もこんな感じで増えている。
アゼクの修正EBITDA(百万ドル)
2017年131
2018年150
2019年180
2020年214
  • 修正EBITDAマージンも良い感じで増えている。
アゼクの修正EBITDAマージン(%)
2017年20.7
2018年22.0
2019年22.6
2020年23.7
  • 競合には、トレックスという会社がある。ブランドでいえば、トレックスのほうがアゼクよりもっと人気のあるブランドをひとつ売っている。
  • アゼクはマルチブランド戦略を展開している。ナンバー2、ナンバー3など、たくさんのブランドを展開している。アウトドア建材の分野の総合点でいえば、トレックスとアゼクはほぼ一緒。
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典AZEKTICKER SYMBOLABCD消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました