ジョンソン・エンド・ジョンソン(JOHNSON & JOHNSON ティッカーシンボル:JNJ)

jnj


スポンサーリンク

2021/07/22:第2四半期決算 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

スポンサーリンク

2021/03/29:薬品部門と医療機器部門、日用品部門の3部門で事業を展開

スポンサーリンク

2021/03/28:薬品株は面白いと思う

  • 薬品株が面白いと思っている。
  • たとえば、ブリストルマイヤー(BMY)、メルク(MRK)、ファイザー(PEF)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、アッヴィ(ABBV)、アムジェン(AMGN)
  • そういったグループは見過ごされていると思うよ。
スポンサーリンク

2020/07/12:ワクチン成功しても業績へのインパクトはゼロ

JNJ決算がよくなかったとしても、ワクチンを期待して手放さない方がいい?JNJにとってワクチンが占める割合は大きくないので手放すべきでしょうか?

  • ジョンソンエンドジョンソンは巨大企業。ワクチンが成功しても業績に対するインパクトはゼロ。
  • 大事なのはジョンソンエンドジョンソンの薬品ポートフォリオ。それが今季どうなっているかのほうが重要。
  • ベビーパウダーに関する訴訟がまだ続いているので、それがどうなるかのほうが重要だと思う。

ワクチン株は今後どんなニュースが出たら売りと判断すべき?

  • ワクチン開発は非常にリスクが高い。有望なワクチン株はいくつもある。これまでの臨床試験は非常に良い感じで進行している。だからといって、第三層が成功するとは限らない。スケールが全然違うから。
  • まず、すごくリスキーだということを理解して。そうであれば、全滅というシナリオが基本。結果がはっきりする前に降りたいということを前提としている。
  • 一番進んでいるのがバイオンテック、ファイザー連合。8月の第一週まではニュースが出てこない。それはいいこと。悪いニュースが出てきたらすぐに半値になるはず。それまで放置したくない。バイオンテックは8月第一週までに降りる。
  • 2番目に進んでいるのがモデルナ。8月第三週まではニュースがでない。それぐらいになったら降りたい。
  • 3番目がアストラゼネカ。これも9月ぐらいまでには判明する。それぐらいまでには降りたい。
  • ジョンソンエンドジョンソンは、かなり出遅れている。9月から臨床試験が始まる。これは第一、第二層臨床試験。臨床試験はどのPhaseでも悪いニュースが出る可能性があるので、どのフェーズでもピリピリしている。
  • 経口ワクチンのバックスアートという銘柄もある。実績がないので眉唾だと思っているが、無視はできない。トランプ大統領が錠剤大好きだし、情弱アメリカ人は注射は抵抗するが錠剤に抵抗感がない。錠剤だったら承認するというインセンティブが強い。その理由は、一定数の人がワクチン接種をしないと社会全体として意味がないから。経口ワクチンの持っている魅力は大きいし、まだ臨床試験に移行していない。つまりしばらくは遊べる。今はATM(アットザマーケティングオファリング)で資金調達をしているから、株価が跳ねたときに売り物をぶつけられるので気を付ける必要がある。
スポンサーリンク

2020/07/06:ワクチンの承認も、量産することもハードルがメチャクチャ高い

ワクチン製造は一般的に難しいと聞いています。しかし、ワクチン製造失敗の情報はあまり入ってきていません。となるとワープスピード計画関連株に対して市場の期待値が高くなりすぎているのではないかと考えています。MRNA、BTNXなどの売却に関連してこれらの広瀬さんの考えを教えて頂けたらと思います。

  • ワクチンというのは、承認される、されない…ということが非常に難しい。
  • いろんな疾病分野のなかで、ワクチンは最も承認されにくいジャンルの一つ。
  • 遺伝子関係の珍しい病気のほうが、FDAからの承認が出やすい。特殊な病気に関しては、苦しんでいる人たちのために承認してあげた方がいい…となりやすい。orphan drug statusに採用されれば、承認されやすい。
  • でも、ワクチンは何百万人とか大勢の健康な人に注射する。だから多くの人に病気にさせるようなリスクは、ワクチンのほうが遙かにハードルが高い。だからワクチン開発は難しい。
  • ワクチンの承認がおりた後で、ワクチンを大量製造するときのハードルもメチャクチャ高い。量産するタイミングになったら、ワクチンが効かない…ということも、よくあること。大量生産が非常に難しい。
  • 製薬会社のなかで時価総額が大きいジョンソンエンドジョンソンが、何が悲しくてエマージェントみたいな会社に頭を下げて量産をお願いしているか…。それはワクチンの量産が難しいからなんです。
  • 仮にFDAから承認されたとしても、ワクチンができる保証はありません。
スポンサーリンク

2020/07/02:いいと思う

長期保有おすすめですか?

  • はい、いいと思います。
スポンサーリンク

2020/06/28:8月か9月に第三層臨床試験開始予定

  • ジョンソンエンドジョンソンとエマージェント連合は、8月か9月に第三層臨床試験を始めると言われている。これはかなりスケジュールが前倒しになりつつある。
  • アメリカ国立衛生研究所が直々に臨床試験を実施する。
  • 技術は、アドバックアデノウイルスベクターPER.C6を使っている。

PER.C6技術は、ワクチンやモノクローナル抗体の高収率の生産能力を増強し、コスト効果の高い大規模製造システムを実現する。特に、製造工程での増殖能が低いウイルスを対象とするワクチンの製造に高い有用性を発揮するという。AdVacとPER.C6の両方の技術を活用することで、ワクチン開発の迅速化と生産能力の強化が見込まれる。 出典元:日経バイオテック

スポンサーリンク

2020/06/07:アストラゼネカのギリヤド買収話を皮切りにM&Aバトルが始まるかもしれない

  • アストラゼネカがギリヤドに買収提案を持ちかけたとブルームバーグに報道された
  • アストラゼネカの時価総額は1,411億ドルです。一方、ギリヤドの時価総額は972億ドル。つまり、アストラゼネカの方が50%ぐらい大きい。
  • M&Aのトランザクションが発表されたら、買収側と被買収側の時価総額を比べる習慣を付けてください。買収が成就するかどうかを判断するときにひとつの手がかりを提供するから。
  • 今回はアストラゼネカの方が大きいわけだから、買収話のリーダーシップはアストラゼネカがギリアドを取りに行くという力関係になる。しかし、どちらの企業が利益を出しているかという見地からは立場が逆転する。
  • アストラゼネカの過去12か月の営業CFは35億ドル。ギリヤドは90億ドル。つまり、ギリヤドのほうがアストラゼネカより3倍儲かっているということ。
  • M&Aのニュースを見たら、株価収益率(PER)を比較する方法は非常に有効。この使い方をぜひ覚えて。
  • アストラゼネカのPERは103倍。ギリヤドは20倍。アストラゼネカのバリュエーションはギリヤドの5倍ぐらい高い。ざっくりとした法則として、PERが高い企業がPERが低い企業を買収するとき、その買収は上手くいきやすい。もっといえば、「アクリーティブな買収」をすることができる。
  • アクリーティブとは、EPSにとってプラスになるような…という意味。その反対の言葉がダイリューティブ。つまり、希釈化、薄めるということ。つまり、今回の買収例は、アストラゼネカにとって利益を濃くするということ。
  • 株式市場では、希釈化は良くないと判断される。公募は利益が薄くなるので、ダイリューションになる。だから公募がダメだと受け止める。
  • 今回のアストラゼネカによるギリヤド買収は、35億ドルの会社が90億ドルの会社を取りに行く。カルピスでいえば、薄味のカルピスと濃い味のカルピスをひとつのコップに一緒にするのと同じで、アストラゼネカにとっては味が濃くなる。これがアクリーティブな買収ということ。
  • 投資家目線でいうと、味が濃くなるなら良い!と好感しやすい。アクリーションという観点からすれば、今回の買収話は理にかなっている。
  • そういうディールが動き出すと他の製薬会社が黙っていない。たとえば、ジョンソンアンドジョンソンは時価総額が3,865億ドルある。つまり、アストラゼネカより2倍以上でかい。イーライリリーの場合は、1400億ドル。ブリストルマイヤーズも。マークは2000億ドル。
  • アストラゼネカに持って行かれるぐらいなら、他の製薬会社も買収したいということになる。もっといえば、これを皮切りにM&Aバトルが始まるかもしれない。
スポンサーリンク

2020/05/21:ワクチン承認に与える影響は小さい

  • ジョンソンエンドジョンソンは、超大型株なのでワクチンが承認されても業績に与える影響は小さい。だから株価が動かない可能性がある。
  • ジャンセンという製薬部門の薬のポートフォリオは伸びている。
  • ただしベビーパウダーの発がん性問題とか訴訟問題を抱えている。
  • 全体的に見れば、ワクチン相場として面白いかといわれれば、動かないと思う。
  • ワクチンをプレーしたいというなら、パートナーであるエマージェントを買った方が良い。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLIJKLヘルスケア株JNJ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました