ワークホース(WORKHORSE ティッカーシンボル:WKHS)

スポンサーリンク

2020/09/20:株価はどのぐらいまでいくか…

WKHSは株価どれくらいまでいく?

  • わかりません!ワークホースの郵便局契約のニュースがでてくるのは、入札してから3か月ぐらいかかるんじゃない?
  • でも、お役所仕事なので、ピンポイントで発表されていないと思う。
  • しばらくはニュースがないと考えて。
スポンサーリンク

2020/09/18:11月ぐらいに入札結果がわかると思う

WKHSの見解は?

  • ローズタウンモーターズの株式を17%ぐらいだったかな?持っているんです。
  • ローズタウンモーターズの株価が上がると、ワークホースの株価もつられて上がる構図になっているんだと思う。
  • ワークホース自体もアメリカの郵便局USPSに対して、次世代郵便配達車を納入する商談が動いている。
  • 60億ドルという非常に大きな金額の入札で、その全部を取ることはないと思うが、一部ぐらいは電気自動車による配達車を納入する可能性がある。
  • 秘密入札なので情報は漏れてこないと思うが、たぶん11月ぐらいに結果が分かるんだと思う。
スポンサーリンク

2020/09/09:完全秘密入札

WKHSの郵便局入札はいつ?

  • 3か月ぐらいかかると思う。
  • 完全秘密入札です。金額がデカいので、不正事件があると困るため、極秘のうちにすすめているはず。

WKHS、DPHC、PLUGはホールド?

  • ホールドで良いと思う

WKHS、LinkedInに200人の求人が出てます。USPSの入札が上手く行ったということ?

  • それは発表されていない。
  • USPS(アメリカ郵便局)の入札動向については、一切、ニュースが漏れない仕組みなはず。
  • もし、USPSの入札ニュースが漏れたら、入札失敗なので仕切り直しになる。政府に関係する入札だから、不正があるとまずい。そうなったら受注業者は全部キャンセルになると思う。だから、ニュースが出ないのが一番。
スポンサーリンク

2020/09/05:ホールドします!

ワークホース、DPHC(ローズタウン)、PLUG、NKLA、ホールドでOK?

  • そのへんは、ちょっと今、物色圏外に来ているけど、特に悪い材料は出ていない。ホールドします!
スポンサーリンク

2020/08/11:巨大な入札案件を抱えている

WKHSは3ヶ月後に入札結果とのことだけど、途中経過的な雲行きはありそう?

  • これは、いきなり受注したかしないかが発表されると思う。
  • 郵便局の配達のバンとか、UPSとか、近場の宅配の小型トラックを作っている会社。
  • 今、60億ドルという郵便局の入札案件が動いている。
  • 3か月後に結果がわかる。
スポンサーリンク

2020/08/09:郵便局から受注があれば株価が大化けする

  • この会社はオハイオ州に本社がある。
  • 近距離EVのデリバリーバンの会社です。
  • 近場というか近距離というか、町内の郵便物の配達車、業務用車を作っている会社。
  • ワークホースというのは、働き馬。要するに業務用車だということ。
  • 直近の納車は少し落ち込んでいる。第1四半期に少し落ち込んだ。でも心配にはおよびません。
  • 第1世代の近距離EVデリバリーバンが古くなったので、第2世代に移行中で、第1世代の出荷が終わって、今、過渡期なので、今後、新製品のデリバリーが増えていく。
  • 第2四半期はたぶん2~3台しかデリバリーしていない。
  • 年末までには300台。受注残というか、出荷予定にある究極の台数は1200台。
  • それとは別に、アメリカの郵便局からの大きな入札が動いている。総額60億ドル。各社が入札のbitを提出した段階で、あと三ヶ月ぐらいで結果がわかるが、ひょっとしたらワークホースがかなりのビジネスをとるかもしれない。まだわからないけど。。。
  • もし、大きな受注があれば株価的には大化けするということ。
  • 8/10ぐらいに決算発表がある。足元の決算は新旧モデルの交代期なので、あまり重要ではない。むしろ郵便局の入札がどうなるかが重要。
  • ワークホースはローズタウンに投資して、10%株式を持っている。
  • なぜ他社の株式を支配しているかというと、同じ街にあるから。かつてのワークホースの社長がGMがオハイオ州のローズタウンというところにセダンの工場があったが、その工場を閉めると発表した。そのときに、ワークホースの社長が俺に買わせてくれということで、安値で払い下げてもらった。
  • そしてニュービジネスとして立ち上がったのが、EVピックアップトラックメーカーのローズタウンモーターズです。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLUVWXYZWKHS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました