パワー・インテグレーションズ(POWER INTEGRATIONS ティッカーシンボル:POWI)

スポンサーリンク

2020/09/18:決算はそれなりだった

POWIの今後の見通しは?

  • 特に変わっていない。
  • パワーインテグレーションズは決算それなりだったと思う。
スポンサーリンク

2020/08/20:決算は問題なかった

POWI買い増しを検討してるけどどう?

  • 目先はプラグパワーのほうがチャートはいい。パワー・インテグレーションズラウンドトップみたいなチャートだけで決算発表の中身は問題ない。
  • 株価が半分になっているのは、株式分割されたから。
  • 分割は、ファンダメンタルズに理論価値は一切変わらない。しかし、表示価格が安くなるので、個人投資家が買いやすくなる。
スポンサーリンク

2020/07/31:ガイダンスは悪くない

powlはじっちゃまのツイートだと若干ガイダンスが下回っているように見えたのですが質問者の方には決算クリアと仰っていました。正しいガイダンスの見方を教えて頂きたいです。

  • 第2四半期決算、EPS予想64¢に対して65¢。
  • 売上高予想1.064億ドルに対して1.068億ドル。
  • 売上高成長率前年同期比+3.9%。
  • 第3四半期売上高予想1.136億ドルに対して、新ガイダンス1.1~1.2億ドル。新ガイダンスのレンジ1.1~1.2億ドルの中値を取ると、1.15億ドルになる。ということは、予想1.136億ドルよりも上。だから、このガイダンスは決して悪いものではないといえる。
  • 予想値に対しては足して2で割って、平均を出して。それと比べてください。

パワーインテグレーションズはトランプ当選で暴落するか?

  • それはありません。すごく地味な会社なんですよ。
  • 華がない会社。やっていることが、非常に地味。
  • パワー半導体というものがセクシーではないけど、この会社の製品は流行廃りのものではない。長期で見たハイテク製品、スマホ、タブレット、パソコンなどのトレンドが大事。
  • iPhoneを充電するときに使うサイコロみたいなアダプタありますよね。それが家の中に転がっているということがトレンドとして続けば、売上高が伸びる。あるいはLEDライトが普及すれば伸びる。
  • それって、バイデンになるかトランプになるか…ということではないでしょう?社会のトレンドなので、あたふたしなくてもいい。
スポンサーリンク

2020/07/29:エコ関連銘柄です

  • パワーインテグレーションズ(POWI)はエコ関連です。
  • パワー半導体ほど節電に直結するソリューションはありません。EV関連でもあるし。
  • 決算は木曜日にある。

バイデン有利の場合、今からお勧めのエコエネルギー株?

  • パワー・インテグレーションズに注目しています。
スポンサーリンク

2020/07/19:需要がものすごく増えている

SaaS、ヘルスケア、ゴールド以外の注目セクターは?

  • 半導体かもしれない。
  • 今、中国と米国が仲が悪い。アメリカは中国に半導体なんか出すなとプレッシャーをかけている。中国は、半導体を自給自足しないと大変なことになると、SMICなど国内産業に取り組んでいる。
  • アプライドマテリアルズ、ラムリサーチなどの会社が忙しくなるかもしれない。
  • 注目されていない銘柄で、僕がいいなと思っている銘柄はパワーインテグレーションズ。パワー半導体を作っています。
  • パワー半導体は、交流を直流に変えてあげる変換器、あるいは高圧電圧を低圧に下げる。400ボルトから12ボルトとか。それをチップひとつでやっている。
  • ガラケーの充電器、コンセントに差し込むアダプターって、結構重くなかった?中身を開けてみると、銅線を巻いてあるんだけど、コンセントにささっているだけでものすごい電力浪費になるんですよ。
  • しかし、今のスマホのアダプターは小さくて、パワーインテグレーションズのチップが入っている。チップひとつでAC/DC、つまり交流直流の変換ができる商品を作っています。
  • AC/DCコンバーターは、テスラのようなEV車が普及してくるとたくさん必要になるんです。電子スクーターとか、あとアメリカでは裸電球は違法になっていて、LED照明にしなさいという行政指導が入っている。それを付けようと思ったら、パワー半導体が必ず必要なんです。需要がものすごく増え始めている。
  • メインは、ワクチンだと思うけど、次どこへ行くかを考えておかなければならないんで、そこら辺あたりに目配せしている。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOPハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました