オン(ON ティッカーシンボル:ONON)

https://www.on-running.com/
スポンサーリンク

2021/10/03:ナイキが苦しんでいるなら当然オンも苦しむはず

どういう基準でキャッシュにする銘柄を選べばいい?

  • 一番やられている銘柄から切ってください。悪い決算を出した銘柄も売ってください。
  • 売ったらすぐに買わなきゃならないと考えるのはバカタレ。
  • ある会社が悪い決算を出したら、続けて悪い決算を出しやすい法則がある。同様に、ある企業が悪い決算を出したら、他の会社も駄目になるリスクがある。
  • たとえば、今で言うとフェデックス、ナイキが悪い決算を出した。
  • ナイキはものすごくシビアな会社。そのナイキが悪い決算だったとなれば、気を付けなければならないのは、オン。
  • ナイキがベトナムで苦しんでいるなら、オンも当然苦しむはず。
スポンサーリンク

2021/10/01:ぶっ殺されるかも

  • オン(ティッカーシンボル:ONON)も、ぶっ殺されるかも。主にベトナムで靴を作っているので。
スポンサーリンク

2021/09/26:サプライチェーンの問題はどうか…

ONONどう?

  • まぁ、動いていない。でもストーリーはいい。
  • 気を付けなければいけないことは、ナイキが決算発表していて、サプライチェーンが乱れていると警告していた。
  • オンの場合、ベトナムのホーチミンに集荷施設があるんじゃないかな?その輸出がきちんと行っているかどうか。たぶん、混乱していると思う。
  • ベトナムの弱点は、ホーチミンの港が貧弱なこと。
  • ホテルの窓から貨物船が見える。その貨物船は蛇行しながら港を出て行く。それは、川がくねくねしていてコンテナ船が出られない。効率が悪い。バングラデシュのチッタゴンという港もそうなんです。
  • 中国一国集中から、バングラデシュやベトナムの生産拠点を分散するのはいいが、公安施設ということをいえば、中国のほうがはるかにインフラストラクチャーがいい。地理的条件がいい。
  • みんなは軽視しているが、すごく深刻な問題。コンテナ船の船賃が高いので、今年のクリスマスは商売しないと言い始めている業者がいるぐらい乱れている。
  • 強気になって、ダナオスとかそういう株価を突っついている場合ではないと思う。
スポンサーリンク

2021/09/16:ナイキの裏をかいて成長するのは、とても難しい。

  • アスレチックシューズのオン(ONON)、24ドルで値決め。今日から取引開始。
  • 運動靴のマーケットは、むずかしいですね。昔、LAギアという銘柄で大失敗しました(笑)
  • シューズそのものの利幅というのは、素晴らしいと思うんです。でも……ナイキ(NKE)という強敵が居るので、その裏をかいて成長することは、とても難しい。
  • オンの良い点は「スイスのDNA」を売り物にしている点。
  • こういう世界観。

スポンサーリンク

2021/09/13:元トップアスリートが開発するスポーツシューズ

  • 【米国株IPO】シューズブランド「オン(On)」が上場!元トップアスリートが開発するスポーツシューズは、ナイキやアディダスを向こうに回して着実に成長中!
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOP消費循環株ONON
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました