ADMAバイオロジックス(ADMA BIOLOGICS ティッカーシンボル:ADMA)

a


スポンサーリンク

2020/07/31:ワクチン株と同じ上昇を考えないで

プラズマ療法がFDA承認の考えがあるというニュースはADMAにとって良いニュース?

  • それは良いニュースです。
  • 気を付けなければいけないのは、プラズマはお薬ではない。
  • お薬は工場で量産できる。でも、プラズマは治った患者から採取しなければならない。しかも、時間がかかる。2時間、3時間ぐらいドナーが拘束される。
  • だから、急速にボリュームを伸ばすことができないという問題がある。
  • ワクチン株と同じような売上上昇を考えないでください。

ADMAは決算近いけどこのままホールド?

  • はい、しばらくホールドしたほうがいい。プラズマの材料がある。政府が何を言うか分からないしね。

ADMAはプラズマという伝統技法らしいけど、なぜ今更古い技法がIPOされたのか?

  • これはIPOしたのは新型コロナが出る云々のずっと前。無関係だと思う。
スポンサーリンク

2020/07/12:大きな問題は手間がかかりすぎるということ

4月から6月までの実績が出る8月決算まで待つべき?

  • プラズマの会社。プラズマは血清と呼ばれるもの。
  • 新型コロナにかかって、復活し退院した患者さんは免疫を持っている。退院後、血液の寄付を得る。そこから遠心分離機にかけて分離し、透明な液体部分が血漿、プラズマ。それを濾過してプラズマを別の患者に注射すると治りが早くなる。それがプラズマ療法。
  • 100年ぐらい行われている治療法であり、効き目が分かっている。安全性も分かっている。
  • ベトナム戦争でも使われた。プラズマを水で溶かして点滴してきた。
  • 大きな問題点は、手間がかかるということ。そもそも完治した患者も少ない。プラズマ療法は国民全員にばらまけるようなものでもない。
  • だからウォール街がエキサイトしていない。

ADMAはオワコンですか?

  • そんなことないと思う。
  • ワクチンとはストーリーが違う。新型コロナに対する対策という意味では共通しているが、ワクチンは新薬の開発。ADMAのプラズマ療法は、昔からある伝統的手法。
スポンサーリンク

2020/06/28:旬な銘柄であることは間違いない

ADMAは買いでしょうか?値動きが鈍いですが買う場合、それはワクチンが一通り落ち着いた後でしょうか?

  • サービスストーリー。インテレクチュアルプロパティストーリーじゃない。
  • 新しい技術、付加価値の高いノウハウを手がかりにしていまい。
  • どのぐらいプラズマを集めることができるか、そういうサービス業的要素が強い。その点は注意する必要がある。
  • でも、旬な銘柄であることは間違いありません。
スポンサーリンク

2020/06/10:非常に泥臭いビジネス

EBSとADMAの今後の展開について、教えていただきたいです。

  • 新型肺炎にかかって、病院に運ばれ、病気と闘って退院した患者さんに、もう一度採血センターに来てもらう。採取した血液を遠心分離機にかけて、血漿プラズマを抽出する。それを患者に血漿プラズマを注射すると免疫力をアップする。そういう使われた方をします。
  • 新しい技術でも、特許でも、新薬でもない。手法です。プラズマ療法というやり方は、いろいろ手間がかかる。
  • 新型肺炎から回復した元患者さんが、どのぐらい積極的に採血に応じてくれるか…というのは、国民の意識による。他の患者のために献血するというビジネス。非常に泥臭いビジネス。
  • モデルナは新型肺炎向けワクチンを作っているけど、最新技術を使った銘柄。
  • それに対して、ADMAとかタケダとかがやっているプラズマ療法は地味でコツコツ型のビジネス。そこから株価の上がり方をイメージしてください。
スポンサーリンク

2020/06/01:プラズママーケットはADMAにとってビッグディール

  • プラズマのマーケットでは、武田製薬がいる。アメリカでもビッグな存在です。シャイヤーという製薬会社を買収したから。そのシャイヤーがプラズマ製薬をやっている。
  • プラズマ連合のリーダーは、タケダ。その他は、ADMA。
  • 新型肺炎向けプラズマという切り口だけで一番株価が動く銘柄はADMA。プラズママーケットは小さいマーケットだし、タケダ製薬は大企業。だから、プラズマの材料でタケダを買うのは全然意味がない。
  • でも、ADMAにとってはビッグディールです。僕ならADMAを買う。
スポンサーリンク

2020/05/28:プラズマ株は、ワクチン、治療薬がダメだった場合、注目される

  • プラズマの会社。プラズマビジネスは、新型コロナウィルスに感染して病気になって、感染した患者さんから血液をとり、結晶、つまりプラズマを遠心分離機にかけて分離し、不純なものを取り除く。そのプラズマを病気に苦しんでいる人に注射すれば、治る。
  • ずっと昔からある正統的な治療法のひとつで、新しいサイエンスではない。非常に効き目がある。
  • 大々的にやらない理由は、患者になって回復した人なければ取れない。つまり、供給に問題がある。
  • 採血センターに行って、採血する必要がある。ボランティアになるひとがたくさん出てこないとできない。ボリュームという面でビッグビジネスにはならないかもしれない。
  • 新型コロナが終わった場合、プラズマビジネスはテイクオフしない。
  • 良いワクチンがない、治療薬がレムデシビル以外ない、ダメ、ダメ、ダメ…となった場合、プラズマという手があったな!となる。国民がボランティアに行く機運が高まるような局面ではプラズマ株は注目されると思います。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLABCDヘルスケア株ADMA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました