ロブロックス(ROBLOX ティッカーシンボル:RBLX)

スポンサーリンク

ロブロックスとは(RBLX)

ロブロックス(RBLX)は、子供向けオンラインゲームプラットフォームを展開。オンライン上で多くのユーザーが同時に遊べる壮大なゲーム・プラットフォームです。従来のゲームの概念にとらわれず、エンターティメントやソーシャル、おもちゃなどの要素をすべて具備した「体験の共有の場」を目指しています。

スポンサーリンク

2021/08/17:第2四半期決算 EPS、売上高ともに×

  • ロブロックス 第2四半期決算 EPS、売上高ともに×
  • ロブロックスの問題点は売上高の内訳をちゃんと開示してない点だね。だからアナリストがムダにバラ色の予想を立てる羽目に陥りやすい。
  • ゲーマーがロブロックスのゲーム内通貨、ロバックスを購入したら……それはブッキングスとして記録されます。受注残だと思ってください。言い直せば「すぐに売上高にはならない」ということ。
  • ゲーマーがロバックスでアイテムを購入したら……ふたつの売上高計上シナリオが考えられます。
  • ①それがその場で一度限り消費するようなアイテム(例:ドリンクを飲むなど)なら、即、100%売上高に計上してOK
  • ②それがずっと使えるアイテム(例:帯刀する剣)の場合、2年間を耐用年数と見做し23分の1の売上高のみ毎月計上⇒したがって四半期では23分の3を売上高として計上できる
  • すると①を買ったのか? それとも②を買ったのか? の内訳がわからないと売上高の予想が立てられない。僕が知っている限り、それは親切に案内されていない。
  • ロブロックスはダイレクト・リスティングで「お手軽上場」した関係で、このへんの詰めが甘いね。まったく箸にも棒にもかからない予想との乖離は、そういう事情で起きている。
管理人
管理人

2021年第2四半期決算メモ。「IPO=

儲かる」というイメージは神話ですな

  • EPS予想23¢に対して結果-25¢ ⇒×
  • 売上高予想$689.21Mに対して結果$454.1M ⇒×
スポンサーリンク

2021/06/29:集団訴訟の可能性はあるかも?

RBLX内で人気ゲームの幾つかは著作権に抵触しそうなものが多い印象。 今後集団訴訟などの可能性は?

  • あるかもしれないですね。ただ、どうなんだろね。
  • あとで、プロスペクタス読み直してみるね。
  • チャートはなんとも言えない。良い会社だけどね。
スポンサーリンク

2021/05/11:ロブロックスの売上高ミスが投資家に気にされない理由とは

  • 決算発表があったばかり。
  • EPS予想13セントに対して、結果-46セント。これは一次要因を含んでいるので比較対象にならない。
  • 売上高予想4.91億ドルに対して、結果3.87億ドル。これは未達。
  • 売上高成長率前年同期比139.5%。
  • 気を付けなければいけないのが、ブッキングスは前年同期比161%の6.52億ドル。
  • たぶん決算ミスしているが、株価はあまり下がっていないと思う。その理由は、ブッキングスが6.52億ドルということでメチャクチャ強かったから。
  • ロブロックスのゲーム内で通用する通貨がある。ロバックスという。それをまずクレカで買う。そのポイントをゲームの中で使っていく。たとえば洋服や剣を買うとか。
  • ブッキングスという数字は、ユーザーが米ドルや日本円をロバックスというゲーム内通貨に換金したとき、つまり、ゲーム内通貨を購入したとき、それがブッキングスになります。6.52億ドル。
  • だけど、その6.52億ドルは売上高とは呼ばない。なぜか。アメリカの会計原則で、「売上高」というからには、きちんと責任を果たす必要があるから。
  • 購入したゲーム内通貨を今後、実際にモノを購入することにより(それをユーザーが)使っていくという消費によって、はじめてゲーム会社としての義務を果たしたから商売成立になり、そこではじめて「売上高」として数字を立てて良いですという会計原則になっている。
  • 今回の売上高が予想4.91億ドルに対して、結果3.87億ドルということで未達だった。売上高が少なかった理由は、ゲーム内通貨のゲーム内での消費が振るわなかったから。
  • でも、会社としてロブロックスの銀行口座にお金は6.5億ドル飛び込んできている。キャッシュは積み上がってきているけど、売上高として上げられない。今後もゲームを運営して、ゲームを楽しんでもらってから、初めて売上高として上げられる。
  • たとえば、遊園地に小さい子供が乗る「汽車ポッポ」があったとします。乗車券を買ったときに「売上高」として計上してはいけない。なぜかというと、まだ子供を汽車ポッポに乗せて遊園地を一周していないでしょう?つまり義務を果たしていないから、預かり金であって、売上金ではないということ。
  • 株式市場の投資家は、売上高のミスはあまり気にしないと思う。それはいずれ使われるものだから。
スポンサーリンク

2021/05/01:手がかりなし

  • チャート的には何も手がかりがない
スポンサーリンク

2021/04/04:まだ高い

  • まだ高いよね。
  • もう少し下がってから出動するという意見に賛成。
スポンサーリンク

2021/03/25:もう少し様子見てから

  • IPO後株価が上がって、行ってこいで下がっていますよね
  • もう少し様子見てから出動したい
  • 好きな銘柄です
スポンサーリンク

2021/03/12:ちょっと高い

  • IPOされたばかり。状況は変わっていない。
  • 問題ないと思う。
  • まだ乗ってません。下がってきたら乗りたい。先日はスルーした。
  • ちょっと高いよね。もう少し揉むんじゃない?下がってきたら買いたい。
スポンサーリンク

2021/03/09:キャッシュフローは非常にポジティブ

  • 評価が下がった理由は特にない。
  • 面白い会社だと思います。
  • これがロブロックスのデイリーアクティブユーザー数。
  • 最近、ステップアップしているのは、新型コロナで家にいるから。
  • 年齢別デイリーアクティブユーザー数は、13歳以下が非常に多い。
  • デベロッパー・エクスチェンジ・フィーというのは、ロブロックス上で、ゲームを作っているクリエーターの人たちに払われている対価。みんなもゲームを作ってそこでお金を稼ぐことができる。
  • ブッキングスは、ユーザーがロブロックスに対してお金を送ったロバックスというゲーム内通貨にお金を交換する動き。
  • キャッシュフローは、非常にポジティブ。
  • 売上高はなぜそれほど大きくないのかというと、お客さんからクレカやペイパルからお金を入金したものを売上高に計上しないから。
  • ドルや円をロバックスに換金して、ユーザーがゲーム内でアイテムを買ったときに、買い物の内容に応じて買い物売上高を計上する。リアルな会計原則をバーチャルの世界にも適用している。芸の細かいことをロブロックスはやっている。
  • ダイレクトリスティングでIPO。
スポンサーリンク

2021/03/05:成長率が大幅に鈍化すると言い始めている

こういう局面でRBLXなどのIPOは初日は見送り、決算を待つべき?

  • それはなんとも言えません。
  • ロブロックスに関して言えば、めちゃくちゃホットになっている。
  • ダイレクトリスティングだけど、最初から取引価格が高くなることを心配していた。
  • でも、相場の環境が悪いし、先日のニュースリリースで足元の成長率が大幅に鈍化すると言い始めている。
  • 案外、安い値段で寄りつくかもしれない。でも、それはその時になってみないと分からない。
スポンサーリンク

2021/03/01:ロブロックスは仮想現実の世界を提供するゲーム・プラットフォーム! 商売したり、友人をつくったりできる“もうひとつの世界”の将来性に注目

スポンサーリンク

2021/01/22:上場の日にちはまだわからない

  • 上場の日にちはまだわからない
スポンサーリンク

2021/01/17:上場後の決算に注目したい

RBLX長期でどう?

  • それはまだ分かりません。
  • 上場後、決算がきちんと出せるかどうか注目したい
スポンサーリンク

2021/01/14:ロブロックスとドリブンブランズならどっち買う?

RBLXとDRVNならどっち買う?

  • 僕だったらドリブン(DRVN)ですね。
  • まぁ、わからないけど。寄り付き前の気配で変わる。
  • 両方とも公平な条件であれば、ドリブンの方が僕だったら買いたい。
スポンサーリンク

2021/01/11:基本的には好意的

RBLXダイレクトリスティング上場だけど見解教えてください

  • 基本的には好意的に見ています。
  • ダイレクトリスティングに先立って、今回ふたつの機関投資家に並行して資金調達をしている。
  • ダイレクトリスティング部分は、新株なし。コンカレントの資金調達で最後のラウンドをやる。そういう状況だと思う。
  • IPOされることにまた詳しく話をしましょうね。
スポンサーリンク

2020/12/09:ロブロックスは2番目

近日IPO予定銘柄のDASH, AI, ABNB,RBLX,Robinhood, Coinbaseの中でじっちゃまが良いと思う順位を上から3つ教えて下さい

  • 一番いいのはAI。
  • 2番目はRBLXかな。
  • DASHとかABNBは相場を見て判断します。
スポンサーリンク

2020/12/01:ユニティに与える影響は皆無

  • 発行条件がぜんぜん明らかにされていない。
  • バリュエーションが高いか安いかわからない。
  • 発行条件が分かったら、解説したい。
  • AIとは全然違うビジネスなので、比べられない。両方とも良い。強いて言えば、トーマスシーベルと一緒に仕事していたのでAIの方が個人的にはエキサイトする。
  • ユニティに与える影響は皆無だと思う。
スポンサーリンク

2020/11/28:ロブロックスのリスクは23か月後にある理由とは?

IPO直後に買うのはどう?

  • それはまだわからない。
  • 出たところ勝負で上場初日に考えている。

RBLXのリスクはどう捉える?

  • ロブロックスの売り出し目論見書を読んでいて印象を持ったのは、ブッキングス。つまり、まだ売上高に計上されていない入金。それが売上高の二倍ぐらいありました。
  • それに関しては、向こう23ヶ月にわたって按分比例で計上するといっている。
  • 要は、売上高のトレンドとして、ポーンと底上げしているのね。でも底上げしている部分以上にもっと、そこから底上げしている。
  • 今のロブロックスの収益性は、大きくアンダーレポーティングされている。
  • でも、キャッシュフローは大幅なポジティブになっている。
  • 銀行に入金があったんだけど、損益計算書にはまだ載せられないから。その部分の貯金があと23か月後ある。それが切れたときが怖い。
  • だから、2年後の心配よ。
  • 新型コロナで小学生が自宅待機になったので、そのときにロバックスというゲーム内通貨の売上がものすごく伸びた。でも、それが23か月後に厳しくなるという話をしています。

ティッカーシンボルTICKER SYMBOLQRSTハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました