シーア(SEER ティッカーシンボル:SEER)

スポンサーリンク

2021/08/22:ほとんど売上高が立っていないが、超、超、超最先端な技術力がある

  • たんぱく質の解析をするツールを作っている会社です。
  • ゲノムの会社でいうとイルミナとかが有名。あるいはテンエックスゲノミックスなどがある。
  • 最近のゲノム創薬の話をものすごく乱暴に説明すれば、まず、ゲノムを分析する作業がある。それはたくさんの良いツールが出ている。1997年ぐらいからそういうツールが出はじめた。ゲノミックスの分析ツールは、市場は成熟しています。
  • 疾病に合わせて、それを治すお薬を作ろうというふうにデザインしたとき、それはバイオの薬というのはたんぱく質。たんぱく質を培養する際、いろんな種類ができてしまう。
  • ゲノム解析も難しいけれど、それにぶつけるお薬のベースとなるたんぱく質分析はそれに輪を掛けて難易度が高くなる。この部分は良いツールがなかった。
  • 今までは、ターゲットになり得るたんぱく質のグループを限定し、当てずっぽうで創薬していた。
  • そうではなくて、すべてのバリュエーションの中から最適なものを絞り込むことを可能にするツールを作っている会社がシーアという会社。
  • これは、超、超、超最先端です。だけど、今の段階ではリサーチコミュニティーから注文が舞い込んで売上高が立つという段階ではない。
  • 今は、ハーバード大学とか一部のリサーチホスピタルなど、特定オピニオンリーダーのユーザーにまず使ってもらう。それをもとに、論文を書いてもらい、そのエンドースメントで新しい大学にツールを売っていく。
  • だから、製品はあるけれど売上高はほとんど立っていない。大学の研究室の中で実際に動かしてみて、確かに使えるという認証をもらう段階。だから決算などは関係がない。そこまでいっていない。
  • それを断った上で、シーアという会社はすごく技術力がある。
  • 1996年にイルミナがIPOした際、あのときこれはスゴイ会社が出てきたと思ったが、それと同じぐらい強烈な印象を受けた。
スポンサーリンク

2021/06/29:このあたりは面白い

少し前からARK innovation ETFの組入れ銘柄にゲノム関連銘柄を多くみかけるようになりました。先程のロイヤリティファーマのお話も含めてですが、医薬品開発、ゲノム医療関連はなにか大きな地殻変動が起ころうとしているのでしょうか。

  • たとえば、新型コロナワクチンだって、ゲノム創薬の大勝利の結果。
  • 去年の新型コロナ騒動でみんなゲノムの解析装置とかを買い求めて、これから腕まくりして新薬を開発しようとしている。
  • 今後もイノベーションがあると思うし、それが加速すると思う。
  • その関連で言うと、たとえばシーア(SEER)。これ、ツールの会社。あるいは、バークレイライツ(BLI)とか。これもツールの会社。
  • この辺当たりは人気が離散しているけど面白いと思う。
スポンサーリンク

2021/03/28:まだ遠い先の話だと思う

  • プロテオミクス(proteomics)の会社。
  • チャートでは買えない。過去の最安値38.37ドルで反発するかという保証はない。
  • まだ一回しか安値を更新していないから。
  • でも、反発したら反転するかもしれない。
  • 売上高はないはず。製品自体は完成している。ハーバードやオレゴン大学の研究室のなかでβテスティングしていると思う。
  • 研究者からの評判はものすごく良い。
  • 売上高に上げられるほど進捗していないので、遠い先の話だと思う。
スポンサーリンク

2021/03/09:非常に、非常に良い技術を持った会社

  • ずいぶん株価が下がったね。
  • これ非常に、非常に、非常に良い技術を持った会社。
  • リーサーチャーにはとても、とても、とても評判が良い。
  • ハーバードやオレゴン大学に機器を持ち込んで、研究者に使ってもらっている段階だけど、まだ課金できていないと思う。
  • たぶん、今年は売上高がないのでは…。
スポンサーリンク

2021/02/14:プロテオミクス機器の会社はここしかない

会社のプロフィールみても何やっている会社かわからない。

  • たとえば、ゲノムってあるよね。ゲノムは遺伝子に関していろんな分析をしている。ゲノムを使って、こういう薬を作れるんじゃないか…という話になったときに、お薬というのはたんぱく質なんだけど、半完成品であるたんぱく質の構造がどうなっているか…というのを分析するツールが今までなかった。
  • シーアがやっていることは、プロテオミクス(proteomics)、つまりたんぱく質の分析に関する学問、そのツールを作っている会社がこの会社。
  • まだ試作品しかない。ハーバードやオレゴン大学というところで試作機が動いている。非常に上々の評判です。
  • 今、ゲノム関連銘柄なんて、掃いて捨てるほどある。だけど、プロテオミクス機器のメーカーはここしかない。そういうストーリー。
スポンサーリンク

2021/01/11:SEERのプレゼンテーションに注目している

ヘルスケアカンファレンス、CESで注意点は?

  • JPMは本日から3~4日間、ヘルスケア・カンファレンスを開催します。これはバーチャルな会議です。
  • 最も重要なイベントは、”Vaccine Panel “と呼ばれるファイアーサイド・チャットです。ワクチン・パネルの時間はわかりません。
  • しかし、BNTXやMRNAのような企業が対話に参加します。だから、私はそれに注目しています。
  • また、個人的にはJPMではSEERのプレゼンテーションに注目しています。この会社はプロテオミクス用のツールを作っています。
  • 非常に最先端の技術です。しかし、まだ製品はありません。
  • アルファ版やベータ版のプロジェクトはありますが、商品化されたものはまだありません。彼らの話を聞きたいと思っています。
スポンサーリンク

2020/12/09:ブックビルディング方式でのIPO

SEERはなに方式でのIPOだったのでしょうか?

  • ブックビルディングです。
スポンサーリンク

2020/12/01:遺伝子工学ツールの会社

  • イルミナとかそういう遺伝子工学ツールの会社です。
  • 製薬会社とかバイオ企業がR&Dするたんぱく質は、どんどん性質が変わっていくもので、非常に複雑です。
  • 今までは良い解析ツールがなかった。それをやっているのが、シーアの解析装置。
  • ディールは880万株売り出して、価格設定は16-18ドル。幹事構成はJPモルガン、モルガンスタンレイ、バンクオブアメリカ。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLヘルスケア株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました