じっちゃま銘柄逆引き辞典:フォームファクターまとめ(FORMFACTOR FORM)

  • 半導体製造装置のグループに分類される銘柄
  • 半導体製造装置には前工程と後工程に分けられるがフォームファクターはその中間に位置する
  • 半導体ウエハー検査・測定をやっている
  • アドバンスト・プローブカード(ウエハーがきちんとした品質で製造できたかチェックする検査装置)を作っている
  • 市場規模19億ドル。年間+6%成長。
  • 売上トレンドはシクリカル。マージンはやや低い。
  • 顧客の発注にすぐ答える必要があるので売上・マージンは変動しやすい。
  • コンソリデータとして他社の製品(アドバンテスト、カスケード、FRF、HPDなどの製品群)を買収
  • 2012年の市場占有率20%(目標36%):年間売上8.5億ドル


スポンサーリンク

2021/4/17:半導体でもバリエーションが高くなく、割安な銘柄

  • 半導体セクターは非常に好況。たとえばエヌビディア(NVDA)や台湾セミコンダクター(TSM)は、ピカピカ。ぜんぜん問題ない良い投資対象。しかし、リーダー銘柄はすでに値が上がっている。
  • 今から買えるものがあるとすれば、何だろうと考える投資家が多い。バリュエーション的に高くない。無理しなくても買える銘柄。フォームファクターはそうした尺度にかなう銘柄。
  • フォームファクターが製造するプローブカードは、顧客から注文を受けてからの納品までのリードタイムが短い。
  • その意味は、インテルなどの大口顧客の言いなりになりやすい。
  • 顧客から注文を受ければすぐ納品しなければならないし、注文がストップすればすぐに売上がなくなる。
  • 従属度が高い。媚びへつらっているビジネスにならざるを得ない。
  • 業績の見通しの立てやすさが低い。
  • その代わり好況のときには売上高が増える。売上高が団子になりやすい問題あり。
  • 高価な半導体製造装置を納品するASML、アプライドマテリアルズ(AMAT)、ラムリサーチ(LRCX)とか、そういう会社は寡占状態で、殿様商売的なビジネスができている。たっぷりマージンをもらっている。
  • フォームファクターの場合は、そういうビジネスはできない。だからマージンはやや低い。
  • 注文によって急に売上が上下するので、自社の利幅の確保が非常に難しい。なぜこの株が比較的割安に放置しているか…という説明になる。
  • 貧乏くじを引く、しみったれたセグメントの中では、マーケットシェアを伸ばしている会社。他社の製品ラインを買収して、製品の取りそろえをだんだん増やしている。
  • 具体的には日本のアドバンテストのプローブカードのビジネスを買収した。そのほか、カスケード、FRT、HPDの製品群も買収している。
  • マーケットシェアを2012年の20%から30%を超えてきている。究極的には36%とりたいという野望を持っている。
フォームファクター地域別売上高
中国27%
台湾25%
米国16%
韓国14%
欧州7%
日本4%
その他7%
  • 顧客別売上高は、ファンドリー&ロジックが62%。ロジックというのはインテルみたいな垂直統合されたマイクロプロセッサの会社だと思うが、それが大多数を占めている。
フォームファクター顧客別売上高
ファンドリー&ロジック62%
DRAM18%
フラッシュ3%
システムズ17%
  • 究極的な会社の目標は、売上高を6.94億ドルから8.5億ドルにもっていくというガイダンスになっている。
2020年実績会社目標
売上高6.94億ドル8.5億ドル
ノンGAAP
グロスマージン
45.5%47.0%
ノンGAAP
営業マージン
19.4%22.0%
ノンGAAP
EPS
$1.49 $2.00
フリーキャッシュフロー1.15億ドル1.6億ドル
  • いずれもアグレッシブなターゲット。達成できるかどうかはわからないが、もし目標達成できるのであれば、非常に割安な銘柄。
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典FORMTICKER SYMBOLEFGHハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました