米国株で元手33万円を2億2千万円に増やすまで

じっちゃまは、神様だ。

じっちゃまの投資手法に衝撃を受け、米国株に鞍替えしてから、1年が過ぎた。知識ゼロ。英語もしゃべれない。決算書?ま、何とか読めるようになってきた程度。

その程度のアホリーマンでさえ、笑っちゃうほど儲かっている。あはは。もはやフロリダに足を向けて寝られない状態である。

コロナショックを皮切りにスタートした投資戦略が功を奏しただけ。単なるビギナーズラックかもしれない。

確かに今年は難しい相場なのかもしれないが、株から足を洗う気はない。むしろ、銀行預金しているのは、愚の真骨頂だ。

スポンサーリンク

欲が出ると損をするのはなぜか

ただ、世の中、そう甘くない。

買った銘柄はいつも上げてきた。だから買いのポイントは悪くない。ところが、最近は売却のタイミングで悔しい思いをすることが多い。

売った銘柄の多くが、その後に暴騰しているのだ。

ディズニーしかり、チーズケーキファクトリーしかり、そしてロケットカンパニーズしかり。ロケットなんて、売った翌日に見たこともないぐらいの火柱を噴いていた。一夜にして50万ほどの利益を取り逃してしまった。

もちろん、1回転は取れているが、4回転分取り逃してしまったのだ!悔しくて一週間、頻尿と睡眠不足が止まらなかったぞ。くそ〜。

その後、欲を出して、ローズタウンモーターズ、ドリブンブランズに手を出し、長期金利上昇でことごとく損をした。泥棒猫のように速攻で逃げ出したけど。

炎上するローズタウンのエンデュアランス試作車。プレオーダー疑惑が露呈、加えて長期金利上昇でRIDEの株価は一気に暴落。。。

それにしても株を売ると、上がるのはなぜだ。欲を出すと損をするのはなぜなんだ!!

スポンサーリンク

進むべき道を示してくれる貴重な億り人の成功談

そんなとき、じっちゃまがオススメしていた「私は株で200万ドル儲けた」を手に取った。

ダンサーである筆者ダーバス氏が、200万ドル儲ける過程を刻々と記録されたドキュメンタリー本である。

ダーバス氏の元手は、5セントの株、6,000株。つまり$3,000分をギャラとして株で受け取るところから体験談はスタートする(1ドル110円で換算すると日本円にして33万円)。

つまり、33万円を、わずか7年ほどで2億2千万円にしたというのだ。う、うらやましい♪

さて、なぜこの本をじっちゃまが薦めたのか?

もし、あなたが真剣にじっちゃまの話を聞き、真剣にその手法を学び取ろうとしているなら、この本を読めば、ははぁ〜んと、膝を叩き実感すると思う。

もっというと、じっちゃまが、なぜそういう答え方をするのか、それが何となくわかるようになるはずだ。

スポンサーリンク

この書籍から学べること

さて、この書籍はとにかく読みやすい。体験談だからスラスラ読める。1日あれば読める。そのぐらい簡単だ。しかし、内容は濃い。学ぶべきことが多い。そのぐらい有益だった。

筆者の教訓を、簡単にまとめるとこんな感じだ。

  1. 掲示板など見ても時間の無駄
  2. 結局はファンダメンタルズ(決算)だぜ
  3. 何種類もの銘柄を短期で売買しても意味ないじゃ〜ん
  4. 値上がり銘柄を長期保有しなさい
  5. 価格の動きと出来高にシビアになれ
  6. ボックスレンジ(抵抗線)は超大事
  7. テメェのプライドやエゴなんか愚にもつかない
  8. 予想が外れたら君子豹変して逃げ出せ
  9. 一匹狼に徹しろ

まとめ

どう感じるかは、人それぞれだろう。でも結局は、じっちゃまがいつも言っていることが書かれている。

そして、もうひとつ。僕は、重要な教訓をこの本から得た。

じっちゃまは、神様じゃない。

Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました