成長株投資の価格目安に重要なPSR(株価売上倍率)を確認する方法

こんにちは、酒とロック(@saketorocks)です。

バリュー、工業株、資材、半導体、エネルギー、バイオ…株をやっているといろんな銘柄に目移りしますが、僕は長期投資目線で見ているので、結局のところ、中小型株でグロース株ばかりに目が行ってしまいます。

オールドエコノミーに投資するならば、何も個別銘柄でなはなくて、ETFやVTIでいいじゃ〜んって、思っちゃうんですよね。

で、グロース株投資をする際、IPOしたての赤字企業が多いので、株価が安いかどうかの判断材料となるPERを元に買いを入れることが難しいわけです。

そこで指標のひとつとして見ておきたいのが、PSR(株価売上倍率)です。PSRはスタートアップ企業の株価が割安かどうかを判断できる指標のひとつです。

詳しくはググってもらえればわかると思いますが、ざっくりいうと、PSR15-20倍ぐらいなら割安な感じが僕はします(銘柄によっては30倍でもほしくなることもあります。たとえばZMとか。)

スポンサーリンク

seeking alphaでPSRを確認する方法

僕がよく利用しているのはseeking alphaです。いろんな指標が無料で一度にチェックできるので重宝しています。

個別銘柄ごとにPSRをチェックする

まずは個別銘柄ごとにPSRを確認する方法を紹介します。

さっそくseeking alphaへ飛び、お目当てのティッカーシンボルを入力します。銘柄の詳細画面が表示されたら、タブのところにある「Charting」をクリックし、「Metric:」のプルダウン「P/S(TTM)」を選択します。

PSR

様々な銘柄のPSRを比較する

ポートフォリオを作成しておけば、候補銘柄のPSRを一度に比較検討することもできます。

My Portfolioから「Create New Portfolio」を作成。ティッカーシンボルを入力すればポートフォリオが完成します。

ここではすでに作成しておいたポートフォリオの中からPortfolio1を選択し、タブから「Value」へ飛びましょう。その中に、「Price/Sales」という項目がPSRです。

決算が良かったハイグロース株(じっちゃまオススメ銘柄)がメインになっています。RPRXはバリュー、JMIAはじっちゃまオススメではありませんが、気にしないでください。

「Price/Sales」の文字のところをクリックすると、PSRの数値を並び替えることができます。AIは40.3倍。かなり安くなったとはいえ、僕にとってはまだ様子見の水準ですね。Uあたりは、22.24倍とだいぶ安い水準ですよね。

スポンサーリンク

trading viewでPSRを表示させる

チャートで確認するならtrading viewがオススメです。

サイトへ飛んだら、ティッカーシンボルをたたいて検索しましょう。表示されたら「フル機能チャート」をクリックし、チャートを表示させたら「ファンダメンタル>統計>Price to sales ratio」の順に選択します。

PSR

「ファンダメンタル」の文字が表示されていない場合は、棒グラフのアイコンを選択しましょう。表示画面の幅によっては、以下のようになっていることがあります。

グラフの下にPSRのチャートを表示することができます。なぜPSRを見るべき銘柄ではないApple(AAPL)で例を示したかは気にしないでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

PSRは、seeking alphaまたはtrading viewで調べることができます。

個人的には、チャートで見るならtrading view。銘柄比較するならseeking alphaで見ています。でも、好みの問題なのでどっちでもいいですね。

ツール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました