じっちゃま銘柄逆引き辞典:ジラット・サテライト・ネットワークス(GILAT SATELLITE NETWORKS GILT)

じっちゃま(@hirosetakao)がジラット・サテライト・ネットワークス(ティッカーシンボル:GILT)について発言された内容を主に時系列でまとめています。投資ストラテジーにお役立てください。投資判断は自己責任でお願いします。

※あくまでも管理人が把握できたものであり、すべてではありません。※引用元はじっちゃま(@hirosetakao)のTwitter、youtubeチャンネルなどから行っています。

スポンサーリンク

2021/03/05:5Gに対抗しうる最も有力なライバル

  1. ずいぶん下がったよね。これ宇宙関連。地上にパラボラアンテナを設置するインフラストラクチュア。それを売っている会社。足元の業績は少しプレッシャーを感じている。
  2. この会社のドル箱ビジネスは、旅客機で移動する際、退屈なのでネットを使う。そのネットはギラットサテライトのシステムを通じて、飛行中の旅客機から人工衛星にシグナルが送られて、インターネットに接続するサービスをやっている。
  3. 使った分だけ請求する従量課金。
  4. 今は国際線はガラガラで誰も乗っていないわけだから、このビジネスはものすごく打撃を受けている。
  5. 将来、人工衛星を通じたインターネットの提供は、ビッグビジネスになる。
  6. 5Gに対抗しうる最も有力なライバル。それが人工衛星インターネット。
  7. 市場規模もでかい。宇宙ビジネスのなかで一番大きなセグメント。将来的にはビジネスチャンスがあるけど、今は業績が冴えない。
スポンサーリンク

2021/02/14:低軌道に小型人工衛星を打ち上げるベンチャー

  1. ルイサットと呼ばれる地上で使う比較的小型のパラボナアンテナ。直径70㎝ぐらい。とか、アンプリファイアとかを作っている会社。
  2. 今、低軌道に小型人工衛星を打ち上げるベンチャーというのがブームになっている。
  3. 今後、人工衛星が増える可能性が非常に強い。
  4. 空には人工衛星が飛んでいるのがわかっている。
  5. 地上の受けの側の設備をやっている会社がジラット。面白いストーリーだと思います。
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典GILTTICKER SYMBOLEFGHハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました