じっちゃま銘柄逆引き辞典:アトラシアンまとめ(ATLASSIAN CORPORATION TEAM)

スポンサーリンク

アトラシアンとは

  • ソフトウェアのエンジニアなどがクラウド上でコラボするためのツール「ジラ(Jira)」「ヒップチャット(Hipchat)」など、デベロッパーツールを提供する企業。
  • 一時はピカピカのべっぴん銘柄だったが、2021年5月現在は、決算をミスしてじっちゃまから見捨てられた銘柄と成り下がっている。

スポンサーリンク

2021/02/14:アトラシアンはスルーします

  • これは決算ぽろぽろ…(取りこぼしている)
  • アトラシアンはスルーします。
管理人
管理人

音飛びで回答がよくわかりませんでしたが、たぶん上記のようにコメントしたんだと想像しています。

スポンサーリンク

2020/08/28:良い決算だけを出す企業を抱いてテンバガーを見つけている。

じっちゃまはプリプリの美女株をどのように探してるの?

  • まず心がけていることは、IPOのときに売り出し目論見書をよく読むことを心がけている。特に注目度の高い銘柄に関してはね。
  • IPOのときの売り出し目論見書の開示情報のボリュームのほうが、それ以降の年次報告書よりはるかに詳しいんですよ。その企業について勉強するときに一番良いのは、S-1なんですよ。
  • なるべくS-1をよく読むようにして、IPOのロードショーなんかも見るようにしている。
  • その中から決算をきちんと出せる企業を温存して、悪い決算を出した企業からピーンと売っていく。
  • だから箸にも棒にもかからない決算を出した企業は、忘却の彼方に忘れる。良い銘柄だけを残している。
  • OKTA、TEAM、DOCU、CRWD、ZMとかは、そういう方法で探し出した。
  • 逆の言い方をすれば、今度こういう会社がIPOすると紹介した銘柄は、推奨ではない。
スポンサーリンク

2020/08/11:ピーンと売ってください

今後のSaas銘柄について、金利と決算以外に撤退のタイミングの目安はある?

  • 決算、決算、決算ですね!だから、決算が悪かったところは売ってください。
  • 一例として、今期の決算でSaaS銘柄で悪かったところは、アトラシアン(TEAM)。
  • ピーンと売ってください。

2020/02/11:リスクが低い銘柄

  • チャートがいい。今、新値圏にある。高値は153.70。これもカップウィズハンドルのチャートパターンになっている。ここからは早いと思う。
  • 12月期、第2四半期の決算は、EPSは予想27セントに対して37セント。売上高予想は3.89億ドルに対して4.09億ドル。売上高成長率36.7%。
  • 今期の決算は非常に強かったけど、データセンター向けのプロダクツを値上げしたので需要の先食いがあった。セールルマンが値上げする前に約定を前倒しにした。その関係で、とりわけ素晴らしい決算だった。
  • その反動で、次の決算は少し予想を下回る。ただし通年でみると楽勝でガイダンスが高い。それは不健全ではない。
  • ヨーロッパや日本にいるマーケティングパートナー企業がどういうふうに商売を作るかということに関して、アトラシアンは文句を言えない面があるので、しょうがない。
  • リスクが低い銘柄だと思う。
銘柄逆引き辞典TEAMTICKER SYMBOLQRSTハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました