ディーローカル(DLOCAL LIMITED ティッカーシンボル:DLO)

dlo

https://dlocal.com/
https://investor.dlocal.com/
https://www.sec.gov/edgar/browse/?CIK=1846832&owner=exclude

スポンサーリンク

2021/10/19:アップサイド利益警告+1600万株の売り出し

  • ディー・ローカル(DLO)がアップサイドで利益警告。第3四半期売上高は予想6453万ドルに対し新ガイダンス6700~6800万ドル。
  • 1600万株の売り出しですね。
スポンサーリンク

2021/09/06:売上高成長率が前年同期比+186.4%

第2四半期決算
EPS予想 5¢ vs 6¢ ⇒ 〇
売上高予想 $40.7M vs $59M ⇒ 〇
売上高成長率前年同期比+186.4%
スポンサーリンク

2021/09/05:高学歴でちゃんとした職歴のある人たちが経営している

  • ラテンアメリカを中心として、ネットで買い物をするとか投げ銭をするとか、小口の送金を支援するソフトウェア企業。
  • Eコマース(ネット通販)とよくマッチするサービス。
  • メルカドリブレの出身者が経営陣にたくさんいる。
  • それぞれの経営幹部はハーバードビジネススクールとかをきちんと出た、高学歴でちゃんとした職歴のある人たち。
  • いい加減な雲助みたいな会社ではない。
スポンサーリンク

2021/08/22:良い会社

  • 良い会社です。決算も良かったしね。
スポンサーリンク

2021/08/19:EPS、売上高ともに〇

  • これは結構良い銘柄。本社は、ラテンアメリカ、ウルグアイにある。
  • 経営陣は、メルカドリブレという南アメリカのEコマースのサイトがあるが、それを立ち上げた連中がディーローカルをやっている。
  • 他国通貨の小口決済をやっている。
  • 最近IPOされた毛並みの良い会社。
  • 第2四半期決算EPS予想5¢に対して結果6¢。売上高予想4,070万ドルに対して5,900万ドル。ガイダンスは出ていない。
スポンサーリンク

2021/07/25:次の決算を待ちたい

低金利でインフレリスクも低く決算好調が相次ぐ中、IPO銘柄や小型グロースが低迷してるのは何故?

  • IPOがポコポコ生まれていくる状況は健全ではない。ほとんどがゴミみたいな銘柄ばかり。
  • 個々のIPO株のクオリティ株が悪いかというと、それはそうではない。
  • たとえばマルケタ。これは非常にハイクオリティ。それ以外では、ゾーンメトリー、ドクシミティー、ディーローカール、オロ、たくさんある。
  • でも株価が動いていない。それは圧倒的なIPOの供給に押しつぶされて、それらのストーリーが開花していない。だから決算発表を待ちたい。
  • 次から次へとIPOに手を出すのは止めて下さい。四半期決算を出していける強い企業をじっくり観察して、良い決算を出していける限り、長期で保有していく。
  • たとえば、ドキュサイン、モンゴDB、トゥイリオ、トレードデスク、ロク、ズームビデオ、オクタ…そういったグロース株。これらもIPO後に低迷した時期が長く続いた。でも、その間においてもきちんと決算を出していた。
  • 今回もまったく同じようなシナリオを想定しています。
スポンサーリンク

2021/06/29:これ、僕は好き

  • コレが今、僕は好き。
  • この会社は、ペイメント・ソリューションの会社。そういった意味ではペイパル、スクエア、マルケタ、ストライプと同じグループに属します。
  • 発展途上国の人がネットで買い物や投げ銭というのは、細々としたトランザクション。それに対して、いちいち現地通貨との交換をやっていたら、新興国通貨というのは交換比率が凄く悪いわけです。
  • それらを「ローコストで換金させてあげます」というプラットフォームが、ディーローカル。
  • たとえば、アフリカ大陸やラテンアメリカではすごく需要があると思う。
  • 本社はモンデビデオ、つまりウルグアイにある。
  • 経営陣は、メルカドリブレという南アメリカのEコマースのサイトがあるが、それを立ち上げた連中がディーローカルをやっている。
  • ハーバードビジネススクールとかピカピカの経歴のある人たちがやっている。
スポンサーリンク

2021/06/21:デジタルペイメントが熱い

  • デジタル・ペイメントが熱いな。ディー・ローカル。
スポンサーリンク

2021/06/03:新規株式公開

ティッカーシンボルDLO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました