ディーローカル(DLOCAL LIMITED ティッカーシンボル:DLO)

dlo

公式サイト

IRサイト

スポンサーリンク

2021/12/05:売りだと思う

DLOどうですか?

  • 決算が悪かったよね。だから、売りだと思います。
スポンサーリンク

2021/11/17:第3四半期決算 EPS×、売上高は◯

3Q FY21
EPS est.$0.07 vs 0.06$🙅
売上高 est.$65.13M vs $ 68.6M🙆
YoY +123%
  • 利幅が縮小しています。
  • 今期大口顧客を獲得した際、たまたまその客がロー・マージンだったのかも。利幅は顧客の構成内訳により若干変動します。
スポンサーリンク

2021/11/12:決算前の公募増資の意図は?

好決算で株価が上がった後に公募増資するのは、より金銭が集まるので理解できる。DLOの様に決算の前に公募増資するのは、よい決算が出せないから株価が下がる前に集金しようとしてる?それとも、他の思惑がある?(ロックアップ解除のタイミングと関係ある?)

  • そういうことではない。
  • 引き受けするときに、アンダーライティングアグリーメントという引き受け契約をする。その時に、次の決算大丈夫ですよね?と経営者に何回も綿密に打ち合わせをする。
  • 決算前の資金調達に関しては、慎重にやっている証券会社が多いのでは?
管理人
管理人

決算前の公募増資は、ZOOMにもありましたね

スポンサーリンク

2021/10/19:アップサイド利益警告+1600万株の売り出し

  • ディー・ローカル(DLO)がアップサイドで利益警告。第3四半期売上高は予想6453万ドルに対し新ガイダンス6700~6800万ドル。
  • 1600万株の売り出しですね。
スポンサーリンク

2021/09/06:売上高成長率が前年同期比+186.4%

第2四半期決算
EPS予想 5¢ vs 6¢ ⇒ 〇
売上高予想 $40.7M vs $59M ⇒ 〇
売上高成長率前年同期比+186.4%
スポンサーリンク

2021/09/05:高学歴でちゃんとした職歴のある人たちが経営している

  • ラテンアメリカを中心として、ネットで買い物をするとか投げ銭をするとか、小口の送金を支援するソフトウェア企業。
  • Eコマース(ネット通販)とよくマッチするサービス。
  • メルカドリブレの出身者が経営陣にたくさんいる。
  • それぞれの経営幹部はハーバードビジネススクールとかをきちんと出た、高学歴でちゃんとした職歴のある人たち。
  • いい加減な雲助みたいな会社ではない。
スポンサーリンク

2021/08/22:良い会社

  • 良い会社です。決算も良かったしね。
スポンサーリンク

2021/08/19:EPS、売上高ともに〇

  • これは結構良い銘柄。本社は、ラテンアメリカ、ウルグアイにある。
  • 経営陣は、メルカドリブレという南アメリカのEコマースのサイトがあるが、それを立ち上げた連中がディーローカルをやっている。
  • 他国通貨の小口決済をやっている。
  • 最近IPOされた毛並みの良い会社。
  • 第2四半期決算EPS予想5¢に対して結果6¢。売上高予想4,070万ドルに対して5,900万ドル。ガイダンスは出ていない。
スポンサーリンク

2021/07/25:次の決算を待ちたい

低金利でインフレリスクも低く決算好調が相次ぐ中、IPO銘柄や小型グロースが低迷してるのは何故?

  • IPOがポコポコ生まれていくる状況は健全ではない。ほとんどがゴミみたいな銘柄ばかり。
  • 個々のIPO株のクオリティ株が悪いかというと、それはそうではない。
  • たとえばマルケタ。これは非常にハイクオリティ。それ以外では、ゾーンメトリー、ドクシミティー、ディーローカール、オロ、たくさんある。
  • でも株価が動いていない。それは圧倒的なIPOの供給に押しつぶされて、それらのストーリーが開花していない。だから決算発表を待ちたい。
  • 次から次へとIPOに手を出すのは止めて下さい。四半期決算を出していける強い企業をじっくり観察して、良い決算を出していける限り、長期で保有していく。
  • たとえば、ドキュサイン、モンゴDB、トゥイリオ、トレードデスク、ロク、ズームビデオ、オクタ…そういったグロース株。これらもIPO後に低迷した時期が長く続いた。でも、その間においてもきちんと決算を出していた。
  • 今回もまったく同じようなシナリオを想定しています。
スポンサーリンク

2021/06/29:これ、僕は好き

  • コレが今、僕は好き。
  • この会社は、ペイメント・ソリューションの会社。そういった意味ではペイパル、スクエア、マルケタ、ストライプと同じグループに属します。
  • 発展途上国の人がネットで買い物や投げ銭というのは、細々としたトランザクション。それに対して、いちいち現地通貨との交換をやっていたら、新興国通貨というのは交換比率が凄く悪いわけです。
  • それらを「ローコストで換金させてあげます」というプラットフォームが、ディーローカル。
  • たとえば、アフリカ大陸やラテンアメリカではすごく需要があると思う。
  • 本社はモンデビデオ、つまりウルグアイにある。
  • 経営陣は、メルカドリブレという南アメリカのEコマースのサイトがあるが、それを立ち上げた連中がディーローカルをやっている。
  • ハーバードビジネススクールとかピカピカの経歴のある人たちがやっている。
スポンサーリンク

2021/06/21:デジタルペイメントが熱い

  • デジタル・ペイメントが熱いな。ディー・ローカル。
スポンサーリンク

2021/06/03:新規株式公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました