ネットフリックス(Netflix ティッカーシンボル:NFLX)


https://www.netflix.com/
https://ir.netflix.net/ir-overview/profile/default.aspx
スポンサーリンク

2021/07/21:ネットフリックス 第2四半期決算 EPSは×、売上高、ガイダンスはOK

  • ネットフリックス 第2四半期決算 EPSは×、売上高、ガイダンスはOK
スポンサーリンク

2021/04/24:決算悪かった。なんで握っているわけ?

NFLXを決算後も握ってる。見解教えてください

  • 決算悪かったよね。なんで握っているわけ?箸にも棒にもかからない悪い決算だった。
  • 新規加入者がぜんぜん増えていなかった。
  • 会社側によると下半期になればエキサイティングな新番組が出てくるので、その時に業績が良くなる。だから、半年後だよね。
スポンサーリンク

2021/03/05:基本オッケ

NFLX, COUPの見通し教えて

  • ネットフリックスは、基本オッケだと思う。
  • クーパの数字確認しておこか。コンセンサス予想は(EPS)-11¢ですね。
スポンサーリンク

2021/01/26:純利益が小さく見えたのは為替差損の特損を計上したから

NFLX営業キャッシュフローが純利益に対して下回っている

  • 為替差損の特損を計上したから。ノンキャッシュチャージです。
  • ノンキャッシュチャージというのは、帳簿上、会計上だけで損が出たことをいう。
  • 具体的には、ヨーロッパでユーロ建て社債を発行した。アメリカだけでテレビドラマを撮影しているわけではなく、ヨーロッパでも俳優さんやカメラマンを雇って撮影しているから、ユーロで費用が発生する。
  • グローバル多国籍企業の場合、世界のいろんなところでいろんな通貨建てで費用が発生する。そのライアビリティとアセットをマッチングしてあげる必要がある。
  • ユーロ圏で費用が発生するならユーロで資金調達する。まずユーロで社債をだして、映画を撮る。
  • ある一定の期間が過ぎれば、調達側と支出側がマッチするわけだけど、それがマッチしない場合が長く続くことがある。
  • その関係で会社としては、ユーロという通貨がネットロング、ネットショートになることが起きる。
  • 本業に関係ない。相場のアヤで損や得が出る。今回は、そうした形で純利益がものすごく小さくなった。
  • 今回の決算は一見すると変則的に見えたのはそういうこと。でも、中身はおかしいことは何もなかった。
スポンサーリンク

2021/01/22:今から買ってもいい

NFLX今買いはあり?

  • はい、ありだと思います。
スポンサーリンク

2020/11/01:いいと思う

ROKU・NFLX・NVDA・AMDどう?

  • そこらへんは、総じて良いと思う。
スポンサーリンク

2020/07/29:ガイダンスが悪かった。今後はダウンサイド

遠隔医療はまだまだ伸びる?

  • すごく伸びていますよね。今は新型コロナがあるので、病院に行けない、行きたくない人が非常に多い。慢性疾病に悩んでいる人が遠隔医療に移っているということだと思う。
  • 注意点としては、リモートワーク、リモートラーニング、遠隔医療は大人気だけど、兆候としてはピークが過ぎたかもしれないということ。
  • 一例としてネットフリックス。ガイダンス悪かった。今、リモートで需要が増えたけど、来期以降は新型コロナで外出禁止令が出たときよりは悪くなる。今後はダウンサイド。
  • 同様なことはMicrosoftにも言えて、リモートワークに対してものすごく良いセットアップになっている。いろんなリモートワーク用のツールを用意しているが、比較感としては前期よりは悪くなるかもしれないよね。
  • 同じことはテラドックにも当てはまるかもしれない。だけど売れということは言っていませんよ。
  • 株式投資において非常に重要なことは変化率(デルタ)が大事。変化率が低下しているなら、株はドカンと売られる。それに気を付けたい。
スポンサーリンク

2020/07/19:在宅ワーク銘柄とは分けて考えるべき

今後の在宅ワーク株の決算と完全に分けて考えていい?

  • 分けて考えて大丈夫だと思う。
  • ズーム、オクタ、クラウドストライクなどの在宅ワーク関連銘柄は、仕事で使用するので飽きたとか食傷気味とかとは関係ない。
  • ネットフリックスの場合は、テレビドラマとかだから、いくらなんでも飽きるよね。だからちょっと違うと思う。
スポンサーリンク

2020/07/12:決算を待ちたい

NFLX 何か印象などありますか?

  • この前どこかの証券会社が、上方修正していた。どこかは思い出せないが…。
  • 基本的には決算を待ちたいと思います。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOPNFLX
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました