じっちゃま銘柄逆引き辞典:イエティまとめ(YETI HOLDINGS YETI)

アウトドア向けクーラーとドリンクウエアの人気ブランドYETIまとめです。

https://www.yeti.com/en_US

スポンサーリンク

2021/05/13:第1四半期決算 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

  • イェティ 第1四半期決算 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK
スポンサーリンク

2021/05/01:ブレイクアウトポイントまで株価が戻そうとしている展開

  • ブレイクアウトして、その後でブレイクアウトポイントまで株価が戻そうとしている
  • 教科書どおりの展開だと思います。
スポンサーリンク

2021/04/25:好き

  • イエティは好き。
スポンサーリンク

2021/04/16:あまりにも人気すぎて生産が追いつかない

  • アウトドア向けの堅牢なクーラーとドリンクウエアのブランド。
  • クーラーというのはプラスチックの大きな四角い箱で両方に取っ手が付いていて、その中に氷をぶっ込んで、コーラやビールを冷やす。たとえば海水浴に行ったら冷たいドリンクが飲みたくなる。スポーツ観戦の時にクーラーもっていったりとか。
  • この会社のクーラーの使われ方は、元々、ハンターたちが森に行って獲物を撃つ。撃った獲物をクーラーの中に入れて持って帰って家でさばくときに使われていた。なのでプロ向けで、丈夫な製品だった。
  • 飾りを一切廃した、実利一点張りの武骨なダサいデザイン。
  • イエティのデザインはメッチャダサいという質実剛健さが、逆に格好いいじゃんというふうにブレイクした。
  • ピックアップトラックの後ろにイエティのクーラー載せて、車を発進させたら、アスファルトの地面に落ちても、壊れない。叩いても蹴っても壊れない。そういう頑丈なクーラー。
  • その信頼性、丈夫さ、それがイエティのブランドのコアイメージになっている。オーセンティックなブランドだと言われている。
  • そこから派生して、たとえばピックアップトラックに乗っている運転手が飲むマグとかにも商品を展開し始めた。
  • イエティのオリジナルはドリンクウエアではなく、クーラーをツールとしている。それがワイルドなオーラーを出している。
  • イエティのドリンクウエアも落としても壊れないので人気がある。
  • まだ全米に展開できていない。
  • 昔、僕はカリフォルニアに住んでいたけど、イエティのブランドを知らなかった。3年前にフロリダに引っ越してきて、ピックアップトラックの後ろにイエティを載せていた。流行っているんだなぁ〜と思った。
  • ジョージア州、アラバマ州、フロリダ州とか東南部を中心としたブランドだった。主に、釣り、狩猟、バーベキューといったアクティビティのために使われていた。
  • 今、カリフォルニア、コロラドとか東南部以外の地域に広がり始めている。まだイエティというブランドは米国国内のストーリー。インターナショナルではない。逆に言えば、将来インターナショナルに展開する余地が残っている。
  • 売上高は十分出ている。前年比19%出ている。新型コロナになってネット通販がものすごく伸びた。
  • イエティの問題点は需要ではなく、あまりにも人気すぎて生産が追いつかないこと。卸レベルでの在庫が少なすぎる。みんなのほしい色、デザインが払底していて「買えない」という苦情が消費者からきている。
  • 人気の色は、すごく悪い色というか汚らしい色。もっとオシャレなら良いんじゃない?と僕からは思うけど、汚い色であればあるほど、どういうわけか人気がある。
  • どの色の商品をどれだけ生産するかという問題がある。
  • 売れ筋カラーというのは、常に地味な色。経営計画と違う需要になってて困っているという声が聞こえている。非常に面白い問題を抱えている。
  • それだけこの会社の製品は本物志向ということ。
  • 今、キャッシュフローが出てきたので、せっせと借金を返して負債を圧縮しています。バランスシートもずいぶんキレイになってきた。
イエティの売上高(百万ドル)
2018年779
2019年914(YoY:17.3%)
2020年1092(YoY:19.5%)
イエティの修正営業利益(百万ドル)
2018年124
2019年143(YoY:15.3%)
2020年224(YoY:56%)
イエティの負債(百万ドル)
2018年33
2019年300
2020年135
銘柄逆引き辞典YETITICKER SYMBOLUVWXYZ消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました