ハワイアン・ホールディングス(HAWAIIAN HOLDINGS ティッカーシンボル:HA)

スポンサーリンク

2021/08/29:基本的にはいい。これからはモノではなくサービスにシフトする

航空株はどうですか?

  • 基本的にはいいと思う。DAL、H、UAL…。
  • この辺は今後の銘柄になってくると思う。
  • 先日スピーチしたパウエル議長は、今は自動車やパソコンなどの耐久消費財が売れていると言っていた。みんなが家にいて、レストランで食事ができず、旅行に行けず、お金が余っている。そのお金が耐久消費財にいった。
  • だけど、耐久消費財はずっとデフレでずっと価格が低かった。けど、今だけは一過性のインフレがきている。
  • グラフの下の線が耐久消費財の値段。上がサービス物価。そうすると、サービス物価は常に高かった。でも耐久消費財の値段が常に低かった。でも、リモートワークの関係で、耐久消費財の値段が今だけ上がっているという構図になっている。
  • インフレ心配しないで、一過性だから。経済再開したら、価格が戻っていくよ!とパウエル議長が言っている。値段のバランスがでてくると。
  • 航空株、クルーズには好意的な意見を持ち、モノに対して悲観的な意見を持っているかというと、モノは外出できなかったから売れているだけであって、外出できるようになったら一巡する。耐久消費財なんだから、一度買ったらしばらく使える。車だって毎年買わないでしょう?
  • だから、これからはサービスへのシフトというのを頭に入れてほしい。その意味では、航空株、クルーズがいい。

クルーズや航空が上がり始めるのは半年や1年先など当分先になると考える?

  • いや、そんなことはないと思いますよ。
  • 目先は相場がギクシャクすると思うが、それが済み次第、速やかに入るべきだと思う。
スポンサーリンク

2021/08/22:回復は頭打ちになるリスクがある

ハワイアン、どうですか?

  • いいと思います。
  • 強いて言えば、デルタ変異株の関係で、太平洋路線の再開はまた遅れそう。
  • ハワイアンは、売上高の約60%を占める米国人乗客だけに依存して、ここまで業績を回復させている。
  • しかし、ゆくゆくは米国人乗客だけではなく、日本、韓国、中国からの客も必要になってくる。
  • 回復は頭打ちになるリスクがあると考えた方が良い。
スポンサーリンク

2021/08/02:他の航空株同様、良い決算だった

  • 第2四半期はEPSは予想-$1.88に対し-$1.44。OK。
  • 売上高は予想3.9億ドルに対し4.11億ドル。
  • 売上高成長率は前年同期比+584.7%。
  • これも他の航空株同様良い決算だったと思います。
  • 航空株の決算が全部出そろって、カンファレンスコールを聞いたけど経営陣は全部強気だった。
  • ハワイという特殊な場所が意味するのは、観光客の依存度が高い。アメリカ、アジアからも遠い。他の航空株以上に業績がきりきり舞いしやすい会社。
  • 今は観光客が動き始めている。トレンドとしては良い方向に置かれている。

現時点で注目されている航空株を1~3位まで(DAL, UAL, HA, ALK, LUV)

  • 王道な銘柄はデルタだろうね。稼働率は一番低かった。それは経営が悪いからではなくいち早く飛行機を再投入しているから。それができるのは財務的に余裕があるから。
  • ユナイテッドはボーイング777を全部駐機している。設備稼働率が高いように見えるけど、大きなマーケットが欠落している。次に需要が増えたとき、スイッチを押したらキャパシティーが増えるので稼働率は下がる。それはそれでいいんだけど…。
  • ハワイアンやアラスカンエアー、サウスウエストも面白いと思う。サウスウエストはチョンボがあったけど、良い会社。EPSでミスは許してあげて良い。
スポンサーリンク

2021/07/28:EPS、売上高ともにOK

  • ハワイアン・ホールディングス(ティッカーシンボル:HA)が第2四半期決算を発表しています。
  • EPSは予想-$1.88に対し-$1.44、売上高は予想3.9億ドルに対し4.11億ドル、売上高成長率は前年同期比+584.7%でした。
スポンサーリンク

2021/07/26:予想を上回る旅行需要の回復で米航空会社は割安?決算の見どころ、今後の注目点

 

ティッカーシンボルTICKER SYMBOLEFGHHA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました