ベイカーヒューズ(Baker Hughes ティッカーシンボル:BKR)


公式サイト

IRサイト

スポンサーリンク

ベイカーヒューズについて

ベーカー・ヒューズは、同社は1987年4月に設立され、テキサス州ヒューストンに本社を置く。油田用製品、サービス、デジタルソリューションの提供を行っている。

なかでもデジタルソリューション(DS)部門は、シースリーエーアイ(c3ai. ティッカーシンボル:AI)の大株主であり、かつ事業と類似しているため、同銘柄をトレードする際はベイカーヒューズのデジタル売上高を見ておく必要がある。

もし、ベイカーヒューズのデジタル売上高にダウンサイドがあるのであれば、シースリーエーアイは売りと見て良い。

管理人
管理人

ベイカーヒューズのデジタル売上高とシースリーエーアイの決算は連動すると覚えておこう。

スポンサーリンク

2021/10/22:第3四半期決算

$BKR
3Q F21
EPS est.$0.16 vs $0.1🙅
売上高 est.$4.95B vs $5.1B 🙆
YoY +5%

デジタルソリューションズ受注
$523M YoY +6%
デジタルソリューションズ売上高
$510M YoY +1%

管理人
管理人

シースリーエーアイの上昇はしばらく期待できないのかな…?

スポンサーリンク

2021/05/01:ベイカーヒューズのデジタル売上高に注目する理由とは?

  • しばらく前にベイカーヒューズという石油サービスの会社が決算発表しました。部門別売上高のところでデジタル売上高という項目があるが、今期は良い感じでアップしていた。
  • ベイカーヒューズのデジタル売上高に注目する理由は、石油を掘るときにドリルビットを作っている会社で、その中にセンサーがたくさん組み込まれている。このセンサーからの情報でここに石油があるとかね、AIが応用されています。
  • もともとベイカーヒューズというのはゼネラルエレクトリック(GE)の一部門だったが、そこからスピンオフされて独立した。
  • ゼネラルエレクトリック自体が飛行機やガスタービンなどの工業製品を作っていて、その中でセンサーなどを駆使したAIソリューション、たとえば金属疲労でジェットエンジンのブレードが壊れそうだ、そろそろエンジンを交換した方がいいとかをAIが教えてくれている。
  • そういうアプリケーションにGEがものすごく注力していた。その後、リストラクチュアリングがあって、回転機器のビジネスはベイカーヒューズに行った。
  • ベイカーヒューズはたくさんAIをやっているし、それはデジタル売上高という形でブレイクダウンを得ることができる。
  • そのそういう歴史的な経緯の関係上、ベイカーヒューズの決算の方が、c3.aiの決算発表よりもかなりタイミングが早いので、ベイカーヒューズの決算を見れば、c3.aiの決算がどうなるかはある程度予測がつく。
  • 前回の決算は、ベイカーヒューズのデジタル売上高は期待外れだった。しかし、今回は期待以上に良かったので、たぶんc3.aiの決算はそれなりに良くなるんじゃないかと考えています。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLABCDエネルギー株BKR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました