じっちゃま銘柄逆引き辞典:ドクシミティー(Doximity DOCS)

docs

  • ドクシミティーの指命は、すべての医師がより生産的になり、患者さんにより良いケアを提供できるよう支援すること
  • ドクシミティーは、米国の医療従事者向けのオンラインネットワーキングサービス
  • 医師はこのプラットフォームを無料で利用できる
  • このプラットフォームを医師が利用することで、最新の医療情報にアクセスでき、効率的に患者の治療を行うことができる
  • 同僚との連携、患者のケア、バーチャルな患者訪問、最新の医療ニュースや研究の更新、キャリアの管理などを提供
  • Apple App Storeで100,000件以上のレビューがあり、5つ星の4.8を獲得
  • 2021年3月31日時点で180万人以上の医療従事者(全米50州およびすべての医療専門分野の医師の80%以上)が会員に
  • ドクシミティーの顧客は、製薬会社、医療システム、医療求人会社など
  • 医薬品メーカーのトップ20社のうち20社が利用
  • U.S. News & World Report Best Hospitals Honor Rollに掲載された病院や医療システムのトップ20社も顧客
  • 医療専門家にとってのメリットは、時代遅れのシステムとテクノロジーを解消してくれること。関連性のある高品質コンテンツの入手と最新の研究・治療法の情報入手が容易になる…など。
  • 製薬会社側のメリット:対面販売など従来の販売方法の影響力低下の解消。最新の治療法を医師に告知することが容易に。ターゲットを絞ったマーケティングが可能に。
  • 医療機関のメリット:遠隔医療の問題を解決。リクルーティングに活用可能。医師、ブランド認知力向上(患者が最適な医師を見つけることが可能に)。
  • FY2021売上高は207M(2.7億ドル)。売上高成長率前年同期比+77.8%と急成長。営業利益率84.9%。non-GAAP EPSは0.29。
  • NRR(売上継続率)は2019年136%→2020年130%→2021年153%。
  • 10万ドル以上の収益がある顧客数は200社。前年同期比+41.8%
  • 幹事会社:モルガンスタンレー、ゴールドマンサックス、JPモルガンなど

スポンサーリンク

2021/07/03:IPO後初の決算を待ちたい

最近IPOされたDOCS, MQ, CURV, XMTRどう?

  • すべていい。
  • IPOの買い方は、上場初日に買って1回転とる。博打になるけど。
  • 次にIPO企業に投資するかしないかを決定するのは、IPO後初の決算をきちんと数字出せるか。むしろこっちのほうが重要。
  • IPO後初の決算を待ちたい。
スポンサーリンク

2021/07/03:良い会社。行けるんじゃない?

  • (株価は)ソーサーボトム的になっているし。
  • 良い会社だと思うよ。行けるんじゃない?
  • IPO後、初の決算発表を乗り切れるか、それが不安だよね。
スポンサーリンク

2021/06/29:一回冷やした方がいい

  • ちょっと今は買いにくいね。
  • 一番おいしい部分(〜48ドルぐらい)は、過ぎちゃった。
  • 一回冷やした方が良いかもしれない。
  • 次もしこの銘柄を買えるとしたら、IPO後、初の決算発表で腰を入れて買うというやり方がいいんじゃないかな?
スポンサーリンク

2021/06/25:この会社の素晴らしい点は課金方法です

  • ドクシミティー(DOCS)アプリはカンタンですがHIPPA(医療保険携行性説明責任法)に基づき保健社会福祉省(DHHS)の認める患者個人情報が保護されている通信を可能にしています。
  • アメリカではお医者さんはHIPPAにコンプライアントな通信方法以外で患者に遠隔的にアドバイスすることはできません。
  • ドクシミティー(DOCS)は遠隔医療うんぬんとか言う前に「お医者さんのリンクトインみたいなもの」と考えた方が良いかも。
  • つまりお医者さんが患者さんとちょっと話する際でも、HIPPAという法律のプライバシー保護基準を満たしたツール(それはフェイスタイムみたいなものですけど)を使用しないといけない……それだけのこと。
  • 要するにDOCSのツール自体の付加価値は低い。しかし、ほぼ全てのお医者さんが、好むと好まざるにかかわらず、日々のコミュニケーションのためにこのツールを利用しなければいけない。
  • この会社の素晴らしい点は課金方法です。いちばんカネ持っている製薬会社、ヘルスケア・プロバイダからカネをむしり取っている。製薬会社のMR(セールスマン)は新型コロナ以降、お医者さんのところへ営業に参上できなくなった。するとDOCSを利用するしかない。
  • (アメリカで遠隔治療の浸透は)してます。

2021/06/24:26ドルで値決め

  • ドクシミティー(DOCS)2330万株を26ドルで値決め。レンジは20~23ドルだった。今日から取引開始。 コンフルーエント(CFLT)2300万株を36ドルで値決め。レンジは29~33ドルだった。今日から取引開始。

2021/06/22:良い会社なので注目

  • ドクシミティー良い会社なので注目して!
  • ドクシミティーのビジネスモデルの素晴らしい点は、おカネをたくさん持っている製薬会社やヘルスケアシステムからフィーをむしりとる方式だということ。
  • すでに米国のお医者さんの80%がドクシミティーの遠隔医療プラットフォームに加入している。お医者さんは無料で参加できます。
  • お医者さんに営業攻勢をかけたい製薬会社、新しい患者さんを紹介して欲しいヘルスケアシステムがドクシミティーのネットワークを利用するとき、関所のようなノリでフィーを課します。
  • ドクシミティー ☆☆☆☆☆

2021/06/21:ドクシミティーが近く新規株式公開

この会社しっかり黒字。

銘柄逆引き辞典TICKER SYMBOLABCDヘルスケア株DOCS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました