じっちゃま銘柄逆引き辞典:トゥイリオまとめ(TWILIO TWLO)

スポンサーリンク

トゥイリオとは(TWILIO TWLO)

Twilio サービス紹介|エンジニア向けコミュニケーションAPI
  • ソフトウェア・デベロッパーが電話やテキスト・メッセージを送受信するAPIプログラムを簡単に組み込むことができるサービスを展開。
  • SMS、チャット、SNSなどをAPIでつなぐコミュニケーションAPIを展開。
  • 開発コストや人的リソースの構築コストを軽減してくれる。

スポンサーリンク

2021/05/11:売られる理由はない

  • 決算カンファレンスコール聞いて特に問題を感じなかった。
  • 全般的に良い決算だった。売られる理由はないと思う。
スポンサーリンク

2021/05/06:EPS未達は、たぶん、買収した会社の統合費用とか入っているはず

TWLOはガイダンス未達のため売り?

  • まだカンファレンスコール聞いていないけど、決算自体はEPSガイダンスが少し低かったよね。
  • EPS予想-10セントに対して、結果5セント。売上高予想5.34億ドルに対して、結果5.9億ドル。売上高成長率前年同期比61.7%。第2四半期EPS予想-5セントに対して、新ガイダンス-16〜-13セント。売上高予想5.71億ドルに対して、新ガイダンスは5.91〜6.01億ドル。
  • 売上高のガイダンスは良い感じで上方修正されているけど、EPS予想は下方修正されている。たぶん、買収した会社の統合費用とか入っているはず。
  • それはカンファレンスコールを聞いていないので細かいところは分からない。今の段階では保留にしておきたい。
  • まったく同じ事はOKTAにも起きた。そのとき一旦急落したけど、それをぜんぶ取り戻した。それと同じ展開になるんじゃないかなと、今の時点では考えている。
  • 僕だったら今は売らない。
スポンサーリンク

2021/05/01:ずっと抱いておくのも良いストラテジー

TWLOなど純利益がマイナスなのにEPSがプラスなのはなぜ?

  • 憶測で物を言うけど、たぶんコンセンサスEPSはオペレーティングベースで出ているからじゃない?
  • 純利益がマイナスだというのは、ギャップアカウンティング、つまりアメリカで一般的に使われている会計手法でみると、赤字になっているんじゃないかな?当てずっぽうでいっているけど、たぶんそういうこと。
  • 別に抱えておけば良いんじゃない?
  • 投資というのは常に売買しなければいけないと考えている人がいるかもしれないけど、それは間違っている。
  • 正しい銘柄を持っているならずっと抱いておくのもちゃんとした投資。
  • あまりごちゃごちゃせずに、その銘柄が良い決算を出し続けているならば、それを抱えておくのが一番良いストラテジーだと思います。

2021/04/09:出直ってきている感じがある

  • 出直ってきている感じがある。
  • 今ハイパーグロース株というのは、良い感じになりつつある銘柄が多い。

2021/04/07:休むことは決して悪いことではない。

  • 良い決算出しているのに株価が冴えない。
  • この辺の銘柄、すべて同じようなチャートしているよね。
  • 相場というのは大きく開花したら、ちょっと休んで英気を養わなければいけない期間がある。
  • 休んでいるということは、イコール悪いということではない。売りではない。
  • 僕はこの辺の銘柄をものすごく見ている。虎視眈々と銘柄を選んでいる最中。
  • 一足先にお休み期間に入った銘柄がフェイスブックとかグーグル。休養期間が長いから、そういうものが今が旬になっている。
  • 物事には順番がある。休むことは決して悪いことではない。お休み期間が違うっていうこと。

2021/03/28:決算は良かった

  • 前回のブレイクアウトが319ドル。
  • そこまで戻している。この下値は硬いと思う。特に心配していない。
  • もう一回、上に上がっていく感じかな?
  • でも404ドルぐらいまできたら、上値抵抗があるんじゃないかな?
  • 決算自体は良かった。
  • 第4四半期EPS予想-7セントに対して、結果4セント。売上高予想4.55億ドルに対して、結果5.48億ドル。売上高成長率前年同期比65.5%。
  • 「同じ顧客をどれだけつなぎとめることに成功し、さらにその顧客からより沢山の売上高を上げているか?」の指標であるダラー・ベースト・ネット・エクスパンション比率(ドルベースの膨張率)は193%。前年同期比の125%より遙かに改善していた。
  • ガイダンスに関しては、第1四半期EPS予想-2セントに対して、新ガイダンスは-12〜-9セント。これ悪かった。たぶん、営業費用を積み増したから。心配していない。
  • 売上高ガイダンスは、予想4.87億ドルに対して、新ガイダンス5.26〜5.36億ドルが提示されている。売上高は大幅に上方修正されている。
  • それにも関わらずEPSがコンセンサスを下回っているのは、営業にドライブをかけるからだと思う。

2021/03/25:ホールドだと思う

  • 良い会社。この前の決算の内容も良かった。
  • ホールドだと思う。

2021/03/20:非常に稀な買い場を提供している

  • グロース株も持っている。バリューも持っている。VTIもどっしり持っている。VTIが一番多い。
  • 3か月ぐらい前に巻き戻すとバリューしか紹介しなかった。それは金利上昇でグロース株がやられる局面が来ることを予期していたから。
  • 今年は、バリューから始めた。今は、バリュー株はモメンタム株みたいに人気。バリュー株からバリューはなくなりつつある。工業株、素材株には割安株はない。
  • ではどういうところが割安かというと、強いて言えば、金融株か製薬株。全体として言えば、バリュー株は安くない。
  • 今の局面で言えば、グロースのほうが安い。GAFAMは割安感が強くなっている。SaaS株の中でも優良株、ZM、OKTA、CRWD、TWLO、TTDといったところは、なかなか買わしてくれないけど今は非常に稀な買い場を提供している。
  • 今日この局面なら、グロース系銘柄を買ってほしいと思う。バリューにフォーカスしていただけに。
  • もっといえば、マクロの話をすれば、今が一番バラ色。景気再開に関して市場参加者が描いているシナリオは。でも、やや楽観過ぎる。
  • GDP予想でいえば、FOMCメンバーの今年のアメリカのGDP予想は6.5%。一度もそういう数字が出たことは、1988年に渡米したけどそのときから今まで一回もなかった。
  • 瞬間風速で6.5%という数字が出ても、またグッと下がる。
  • 巡航速度のGDP成長率は、良くても3%、普通に考えれば2〜2.5%ぐらいに考えておいた方が怪我がない。
  • 今はグロースなんてダメだ、これからはシクリカルだ!という意見が台頭しているけど、僕は君ら経験不足じゃない?考え方甘すぎない?と思いますね。
銘柄逆引き辞典TICKER SYMBOLQRSTハイテク株TWLO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました