クワイデル(QUIDEL ティッカーシンボル:QDEL)



スポンサーリンク

2021/01/14:今後、日が当たる可能性はある

QDEL今後日があたる?

  • その可能性はあると思います。
スポンサーリンク

2020/11/04:新型コロナが終われば業績は悪くなると思う

  • ワクチンが承認された後でしばらくは、診断装置の需要はあると思う。でも永遠ではない。
  • 新型コロナの比重が高いので、これが終われば業績悪くなると思う。
  • カップができているけど、柄の部分が下がっているので287.30ドルを超える必要がある。
  • 理想的なカップは306.72ドルを超えないといけない。
スポンサーリンク

2020/10/08:ワクチン株もってるなら、ホールドしてもいいんじゃない?

QDEL売ってワクチンにフォーカスしたほうが良い?

  • もうすでにワクチン株をたくさん持っているならテスターの株も持っていていいんじゃない?
スポンサーリンク

2020/09/20:次の決算まで待ちたい

QDELは買い?

  • 僕は次の決算まで待ちたい。
  • というのは、ライバルのテスターが続々と出てきているので、そこを見極めないと何もできないと思う。
スポンサーリンク

2020/08/28:悪い材料がふたつある

QDELホールドしてるけど、売ったほうが良い?

  • 昨日ドカンと下がって、かなり戻ってきている。
  • 今の戻りのモメンタムがなくなったなと思ったらその時点で売れば良い。
  • 何が起きているか。それはふたつ悪い材料がある。
  • イエール大学がものすごく簡単な新型コロナ検査キットを開発した。「社会のために役立つので独り占めしない」と。作り方を教えるので、みんな作って!とオープンソースで公開した。今後、それに基づいて新型コロナの検査キットがどんどん出てくるはず。これは設計図があるだけで、まだ世には出てきていないけど、これが第一点。
  • 第二点。クワイデルの新型コロナの検査装置、カートリッジが今は一番ローコストソリューションだけど、アナライザーという炊飯器みたいなサイズの機械の生産が遅れている。納期までに納められていない。クワイデル、しっかりしろよ!ということで株価が売られた。これは一過性のものかもしれないけど、納期が復活したときに、もっと安くて便利なアナライザーが出てくるわけだから、タイミング的に商機を失ったかなと思う。
スポンサーリンク

2020/08/20:将来先細りになるリスクあり

クワイデル、他から安い検査キッドが出るから売りかもという話があったから、決算良かったけど売り?

  • 決算良かったけど、気を付ける必要がある。
  • 安い検査キットというのは、イエール大学が示した新しい検査キットの製造方法なんです。
  • イエール大学自体は販売しないけど、キットの作り方が公開されて、誰でもやれる、作れる。
  • ぼやぼやしていると、クワイデルのビジネスが小さくなると思っている。
  • 今は、クワイデルのアナライザーと検査するカートリッジが非常によく売れている。ソフィア2アナライザーは生産が間に合っていない。それより簡単なシステムが今後出てくるのであれば、将来先細りになるリスクはある。
スポンサーリンク

2020/08/11:心配していない

決算に問題なさそうなのに数日売り込まれているのはなぜ?

  • 決算良かった。
  • 昨日売られた理由は、新型コロナの便利なテスターが、近々他社から出てくるという話を嫌気していると思う。
  • クワイデルのソフィア2というテスターは安くて早いし、使えるテスターなので売られすぎかなと思う。

クワイデル、アナリストがショートを推奨した後に3日連続大幅に下がってるけどどう?

  • ちょっとわからないですね。特に問題ないと思うけど。
  • 今、州によっては自覚症状がある人ではないとテストを受けられないところがある。そういう州がどんどんそういう規制を撤廃している。
  • 目先のテスト数は減るのではなく、増えると思う。だから心配していない。

昨日下がったけど買いでしょうか?

  • はい、僕は買いだと思います。
スポンサーリンク

2020/07/31:ぶっちぎりに良い決算

クワイデルのホールドでこの先気をつけることは?

  • それは決算ですね。
  • 第2四半期決算EPS予想1.09ドルに対して1.86ドル。
  • 売上高予想1.96億ドルに対して2.02億ドル。
  • 売上高成長率前年同期比+86.4%。
  • ぶっちぎりにいい決算だと思います。
スポンサーリンク

2020/07/29:決算を待ちたい

クワイデルの見解を教えてください。

  • 今はソフィア2というアナライザー、検査装置が新型コロナの検査でものすごくよく出ている。
  • 業績的にはぶっちぎりでいいのではないか…ということが、株価に織り込まれている。
  • 決算を待ちたいと思う。
スポンサーリンク

2020/07/09:今から買ってOK

今から買ってもいい?

  • たぶん、大丈夫だと思います。
  • 今ものすごくアナライザーの出荷が増えているから。
スポンサーリンク

2020/07/09:ガイダンス上方修正直後も決算直後も買うタイミングは同じ

LVGOとQDELが、ガイダンス上方修正発表直後に買い付けを行うのは、好決算発表後に買い付けと異なる?

  • いや、基本的に一緒。
  • カンファレンスコールがないので、どうして上方修正が入った背景に関する会社側の説明がないということだけ。
スポンサーリンク

2020/07/02:いい。次の決算注目して

FB、QDEL抱いててもいい?

  • はい、いいと思います。
  • 次の決算発表に注目してください。
スポンサーリンク

2020/06/28:次の決算まで待ちたい

売りシグナルについてお考えを教えてください。

  • 次の決算まで待ちたいと思います。
スポンサーリンク

2020/06/07:ホールドでいい

高値208から153に落ちていますがホールドでいい?

  • ホールドでいいです、心配しないで。
スポンサーリンク

2020/05/13:買い場だと思う

爆上がりした後、下げましたが買い場でしょうか?

  • 買い場だと思います。
  • 新型肺炎のテスト装置を作っている会社ですよね。
  • PCRではなく、抗原、つまり病気の源が存在しているのかしていないのかを検査する手法です。
  • 手軽、コストが安い、町医者でも検査できる。
  • クワイデルが作っているソフィア2という抗原検査の正解率は85%ぐらいです。
  • 85%じゃ意味ないという人もいるかもしれないが、そういう人たちは医療の現場を分かっていない。
  • クワイデルの装置は一次スクリーニングで使うだけ。街のかかりつけのお医者さんのところに行って、検査して陽性だったらPCRすればいい。テストは一回だけじゃなく複数回やればいい。第1スクリーニングとして幅広くテストできればいい。
  • 日本ではPCR検査について水掛け論ばかりしているが、君ら石器時代なのって言いたい。そうではなく抗原検査できるようになればいいと願っている。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLQRSTヘルスケア株QDEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました