リヴィアン(RIVIAN ティッカーシンボル:RIVN)


公式サイト

スポンサーリンク

リヴィアンについて

2021年11月9日にIPOするEV(電気自動車)メーカー。Amazonから支援を受けているため注目されている。実際、Amazonは配達車をリヴィアンから10万台発注をして話題になっている。

スポンサーリンク

リヴィアンに関するじっちゃま金言

2021/11/10:78ドルで値決め

  • リヴィアン(RIVN)レンジより上、78ドルで値決め。売出し株数1.53億株。調達金額119億ドル、歴代6番目に大きい米国でのIPO。取引開始けさ。
  • 寄付きは高いかも。ルーシッド(LCID)とフィスカー(FSR)は連れ高が予想される。そこが「材料出尽くし」売りポイント。
  • もういいんだよ、ルーシッドとかフィスカーは。チャートみてみろや? サンキュベラマッチャ、ハイサヨナラ!

2021/11/07:リヴィアンのピックアップトラックは受け入れられやすいと思う

IPO申請したRIVNについて教えて

  • リヴィアンのロードショーみました。ちょっと引っかかったのは、他のIPOに比べて数字に対する言及が少なかった。
  • もちろん、まだ製品がないので数字に対して細かいことを言えない事情もよくわかるけど、それを加味した上でも、情報開示が乏しい印象を持った。

Rivian(RIVN)のIPOは注目してる?出動する価値はある?

  • 生産キャパシティも少し少ないと思った。
  • 20万台かな?それは小さいよね。ぜんぶ時前でやる必要あるのかな…と感じた。
  • どのぐらいしっかりとエクセキューション、生産計画に従って車を生産していけるのか。それは未知数だと思う。
  • 今は、このIPOが出たら絶対買おうとかは考えていない。
  • 今週IPOされるので、人気になって高値でオープンすると思う。そうなのであれば、コバンザメ的な発想でルーシッド、フィスカーなどの関連EV銘柄を買っておいて、どうせリビアンがホットになったらその辺も連れ高になるので、そこで1回転獲れるか…ぐらいのことしか考えていない。
  • ストーリー自体はそれほど悪くない。そのストーリーはSUVに特化したEVメーカーだということ。アメリカではセダンは売れない。セダンを売っているのはテスラぐらい。アメリカ人はトラックとかSUVが好き。
  • テスラは需要のど真ん中の車種に関しては、ものすごく手薄だった。それを正面から取り上げているのがリヴィアン。だからリヴィアンには注目せざるをえない。
  • もちろんテスラもピックアップトラックを発表している。ただ、ものすごく尖った未来的なデザインになっている。
テスラのさ

テスラのサイバートラックw

  • ああゆうデザインが嫌いだというアメリカ人も多いと思う。大工さんとか植木屋さんが業務にも使うので、仕事で使うのにサイバートラックで行ったらお客さんに笑われるんじゃないか…とか心配しなくちゃいけない。
  • その点、リヴィアンのピックアップトラックはそれほど奇抜ではない。受け入れられやすいかなと思います。

こちらがリヴィアンのピックアップトラックR1T。

  • EVマーケットをみると、圧倒的に大きいのはテスラ。それ以外ではルーシッド(LCID)。非常に高級なセダンを作っている。テスラよりももっと値段が高い。もうひとつはフィスカー(FSR)。リーズナブルな値段でスポーティーなSUVを来年から作り始める。2022年の11月か12月ぐらいから納車が始まる。それにリヴィアンが加わるということ。

2021/11/02:リヴィアンがIPOロードショーをキックオフ

  • リヴィアンがIPOロードショーをキックオフ アマゾンから出資を受けたEVトラック、SUV、商用車メーカー

2021/09/16:リヴィアンがIPOロードショーをキックオフ

  • リヴィアンのEVトラック、顧客への納車開始!

2021/02/21:リヴィアンがIPOロードショーをキックオフ

  • リヴィアンはアマゾンとフォードの後ろ盾を得たEVメーカー。今年の9月頃をメドにIPOとか。時価総額で500億ドルを目指している。今日、テスラが下がった一因かも。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLQRSTRIVN
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました