ペイパル(PAYPAL ティッカーシンボル:PYPL)

PYPL


スポンサーリンク

ペイパルとは(PALPAL PYPL)

  • エクソンモービルはテキサス州アーヴィングに本社を置く1882年創業の大手石油会社。
  • 垂直統合された石油会社
  • 川上の部門では米国、カナダ、オーストラリア、パプアニューギニア、アングラ、モザンビークなどで石油や天然ガスを生産。
  • 川下の部門では、テキサス州ベイタウンやボーモント、ルイジアナ州バトンルージュ、シンガポール、ベルギーのアントワープなどに精油所を保有。

スポンサーリンク

2021/08/02:決算が悪かったので売り

  • EPSは予想1.14ドルに対して新ガイダンス1.07ドル、売上高は予想64.3億ドルに対して新ガイダンス61.5億〜62.6億ドル

GAFAM, TSLAの決算を踏まえて今後の相場見通しに変更ある?(UPS, AMZN, PYPL)

  • Amazonの決算、ひどかった。Amazonは売りだと思う。
  • ネット通販ビジネスは、Amazon以外でも異変を感じる決算が多かった。
  • たとえば、UPSの株価も下がっていました。
  • PYPLも、先週の決算発表の後で株価が下がっている。ペイパルはeBayのマーケットプレイスが悪かった。過去のレガシービジネスが足を引っ張っていて、これはネット通販の範疇。
  • Amazonだけではなく、経済再開によって家でネット通販を利用するのがファッショナブルではなくなってきている。
  • GAFAMにまだ投資していていいと思う。
  • MicrosoftやAmazonのBtoBビジネスはまだまだ元気ですけど、ネット通販ビジネスは少し鈍化している。
  • Amazonショックがマーケット全体を暗転させるようなインパクトはないように思う。

PYPLとSQでは、今後の伸びしろに大きな違いがある?

  • スクエアの方が成長率が高いんじゃない?そういう気がする。
  • ペイパルはもうベースが大きいということがある。
  • イノベーションという観点から見ても、スクエアの方がそのペースが早いような気がする。

PYPL見通しいかが?

  • 決算が悪かったので、売りだと思う。
  • eBayマーケットプレイスの売上高がボロボロ。
  • 現在のバリュエーションからすれば正当化できないほど割高になっている。

PYPLは決算少しミスったようですが、鼻くそピン!されました?

  • はい、鼻くそピン!ですね。
管理人
管理人

バイナウペイレイターの説明に関しては動画をご確認ください

スポンサーリンク

2021/07/29:売上高×、EPSは〇、ガイダンス悪い

  • ペイパル 第2四半期決算 イーベイ・マーケットプレースの減速で売上高が×、EPSはOK ガイダンスは悪い
スポンサーリンク

2021/07/14:仮想通貨に関して少しは影響あり

SQ, PYPL, MQの今後の見通しは?

  • SQに関しては、仮想通貨ブームが急速に冷え込むと悪影響がある
  • PYPLも仮想通貨を決済のメニューに加えたので少しは影響ある。
  • マルケタの場合は、仮想通貨とは関係ない。むしろIPO初の決算発表をきちんとこなせるか。そこが注目ポイントだと思う。
スポンサーリンク

2021/07/03:309.14ドルを超えたら…

    • ピボットのシグナルが出かかっている。
    • 309.14ドルを超えたら早い展開になる。
    • 業績も伸びているし、いいんじゃない?
    • 株価的にはおっとりしているけど。
スポンサーリンク

2021/05/11:ブレイクアウトしそう

    • ちょうどいまブレイクアウトしそうになっているところ
スポンサーリンク

2020/09/02:いいと思う

ペイパル見解を教えてください。

  • いいと思います。
  • ペイメント市場については、日本ではハッキングの話題になっているかと思うけど。
  • アメリカのデジタルペイメント市場はすごい伸びている。
  • ペイパルはVenmo(ベンモ)など若者に非常に人気のあるアプリを作っているから引き続き良いと思っている。
スポンサーリンク

2020/07/02:ペイパルやスクエアは、ビザやマスターカードとは住んでいる世界が違う

PYPL,SQがMA及びVに及ぼす影響についてお教え願います。

  • 一元的にはすべて決済にかかわる企業ですけど、でもこれらの企業は実際には違うと思う。
  • これらの銘柄は住んでいる世界が違う。
  • マスターカードとビザは、銀行サービスに付帯して銀行を助けるソリューション。たとえば、クレジットカードの処理はビザが担当するけど、与信は銀行が提供している。だから、共生共存関係にある。それが参入障壁になっている。
  • ビザという会社は、各銀行が出資し、決済システムができた。だから株主は銀行。
  • それが大きな違いだと思う。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOP金融株ハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました