じっちゃま銘柄逆引き辞典:エクソンモービル(EXXON MOBIL CORPORATION XOM)

スポンサーリンク

エクソンモービルとは(XOM)

  • エクソンモービルはテキサス州アーヴィングに本社を置く1882年創業の大手石油会社。
  • 垂直統合された石油会社
  • 川上の部門では米国、カナダ、オーストラリア、パプアニューギニア、アングラ、モザンビークなどで石油や天然ガスを生産。
  • 川下の部門では、テキサス州ベイタウンやボーモント、ルイジアナ州バトンルージュ、シンガポール、ベルギーのアントワープなどに精油所を保有。

チェックすべき記事・指標

管理人
管理人

原油価格、じっちゃまの記事、ベーカーヒューズ社発表のロータリーリグアカウントはチェックすべき。

※ロータリーリグアカウントとは、「シェール業者が稼働させている採掘装置の数」のこと。石油探索生産会社に対してドリルビットなどを提供するベーカーヒューズ(BKR)が集計しているロータリーリグカウント(シェール業者が稼働させている採掘装置の数)の推移をチェックすることで、シェールオイル業者が生産を抑えているか、そうでないかを把握することができる。
スポンサーリンク

2021/05/11:精製マージンの拡大を期待

  • ちょうどいまブレイクアウトしそうになっているところ。
  • これまでの上値抵抗線62.52ドルを少し上を切った。
  • ガソリン価格がパイプラインの一時的な中断で高騰しようとしている。
  • 石油精製工場を持っているが、仕入れコストから精製マージン(精製して販売した代金)が拡大する。それを期待してエクソンモービルを買うという展開があるかもしれない。
スポンサーリンク

2021/05/06:経済再開でガソリンの消費が増える

  • 石油関連株は、面白いと思う。
  • 経済再開で人々が動き出している。
  • 日本の場合は電車で移動するが、アメリカは車で移動する。
  • 経済再開でガソリンの消費が増える。
  • なので石油関連株は、注目される。
  • 実際、エクソンモービルやシェブロンは、決算発表でキャッシュフローの数字がすごく増えていた。
  • 今から仕込んでも遅くない。

石油銘柄株は中東でのニュース等により急落の可能性がありますでしょうか?

  • それは常にある。一番ある可能性としては、シェルの増産です。アメリカでも。
  • それで市況が悪くなったら株価が下がるでしょう。
スポンサーリンク

2020/03/02:シェル業者が少し潰れた方が、原油価格にとってはいいんじゃない?

石油会社の将来をどう見てますか?本当にパリ協定を達成できるレベルまで頑張ると2040年には現在対比30%石油需要は減少するとの見積もりがIEAから出てます。

  • そのとおりですよね。僕もそう思っています。
  • 特に今日明日目先の問題点としては、原油価格がかなり下がったので、パーミヤンとかバーケンとかで操業しているシェル業者の資金繰りがちゃんとつくかというのが目先のビッグクエッションだと思っている。
  • テキサス州のシェル業者は特に悪い話は今のところ聞いていない。しかし、ノースダコタ州バーケン油田で主に操業しているコンチネンタル、それからホワイティングペトロリアム(WLL)ね、結構ヤバイんじゃないのって言われているよね。そこら辺から順番におかしくなっていくんじゃないかな?
  • むしろ、そういうシェル業者が少し潰れた方が、原油価格にとってはいいんじゃない?
  • 原油価格が上がれば、エクソンとかシェブロンとかのオイルメジャーズの株価は少し戻ってくると思う。でも、今はオーバーキャパシティ。石油をくみ上げている業者が多すぎる。
  • 自転車操業みたいに借金してはプロダクションにつっこみ、オイルを生産してその代金で借金を返す。生産高は高水準だけど、自転車操業で苦しい。非常に無益な戦いをやっている。

2020/02/10:原油価格が上がりそうにないからまだダメ

  • 今のタイミングで買うのはどうかなぁと思う。
  • 原油価格がまだ上がりそうにないから。
  • 原油価格はどういう局面で上がるかというと、まずテキサスなどで操業しているシェル業者の活動がすごく活発なので、シェルオイルは供給過多なんです。それがマーケットを崩している。それが何とかならないとダメ。
  • 12月から1月にかけて、シェルの業者が資金調達にものすごく苦労した局面があった。そのとき、ひょっとしたらシェル業者が潰れて、供給が減るかなと期待を持った。
  • しかし、1月中旬ぐらいにちょっと相場環境が良くなり、シェルの会社が資金調達して今年は大丈夫になった。
  • シェルはどこの業者も借金してはそれで原油を生産するという自転車操業的な不健全な体質になっています。
  • 米国の生産のうち、増産された大部分はそういう泡沫的で不健全、資本調達コストが高い業者が、マーケットを崩しているんですよ。
  • 市況が悪くなって、シェル業者の株が二束三文になり、資金調達できなくなったら、泡沫的な生産業者は逝ってしまうわけでしょ?そうすると供給が減って原油価格が上がるシナリオになる。でも、それは今ではない。
  • 1月に資金調達できたので、今年は大丈夫な業者が増えたので原油価格はダメかもしれない。
  • エクソンモービルというのは財務力の弱い業者と比べると、対極に位置する石油会社。財務力がしっかりしているので倒産することはない。同じ事はサウジアラムコにもいえる。
  • 倒産の心配はしなくていいけど、ものすごく待たされるという時間の無駄が嫌だなと僕は思っている。
銘柄逆引き辞典TICKER SYMBOLUVWXYZエネルギー株XOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました