サッターロック・キャピタル(スロキャピタル SURO CAPITAL ティッカーシンボル:SSSS)


スポンサーリンク

2020/07/31:ポートフォリオにある企業がいつIPOされるかが重要

SSSSの判断材料は?

  • SSSSはクローズドエンドファンド。会社型ファンドというけれど、ベンチャーキャピタルのように、他の会社の株式を取得してそれを支配している。
  • IPOがくるごとにその持ち株の含み益が増える。それをゆくゆくは売却するというビジネスモデル。
  • ファンドなので決算自体は関係ない。一番大事なのはポートフォリオにある企業がIPOされるか…。
  • 次の株価刺激材料はパランティアという会社のIPO。ゆくゆくはコーセラ、コースヒーローのIPOになると思う。
スポンサーリンク

2020/07/15:割高を気にしても仕方ない

SSSSが$12以上に爆あがりしてます。なぜ?

  • サンフランシスコに本社があるクローズドエンドファンド。
  • テクノロジー株に投資するという目的を持っている。具体的にはパランティアとかコーセラとかに投資している。
  • ネットアセットバリュー(純資産)が約12ドルぐらい。でもクローズドエンドファンドには、EFTにあるような場でついている株価とネットアセットバリューとのサヤ取りの機能がない。
  • だから割高になったら、むこう3年、5年取引されるということがある。だからあまり気にしてもしょうがないと思う。
スポンサーリンク

2020/07/12:次世代テクノロジーに投資するクローズドエンドファンド

  • スロキャピタルと略して言及される場合があります。
  • 「サッター」というのは、サンフランシスコの金融街の通りの名前。つまりサンフランシスコの会社。
  • サッターロックは、次世代テクノロジーに投資するクローズドエンドファンドをやっている。だから、投資信託の一部だと思って下さい。
  • しかし、普通の投資信託はオープンエンド。クローズドエンドファンドは、会社型投信と呼ばれる場合があり、普通の事業会社と一緒で、株式市場に上場している。その意味ではETFに近いです。
  • ETFとの違いは、純資産と時価総額の乖離が生じたら、サヤ取りや調整が行われるが、クローズドエンドファンドの場合はそれが行われない。
  • 昔、FacebookがIPOする前に、サッターロックキャピタルに投資すれば、Facebookに投資することができると話題を呼んだ銘柄。今は、Facebookに投資していません。
  • でも、面白い投資先に投資をしている。オンラインエデュケーション(具体的にはコーセラという大規模オンラインプラットフォームがある)に投資をしている。同じくオンラインエデュケーションであるコースヒーローという会社にも投資をしている。
  • そろそろIPOするのではと話題を呼んでいるパランティアにも投資している。
  • それからシェア電動スクーターの会社であるラインにも投資している。
  • 各大学はオンラインコースに移行しようとしているが、その際、主に使われるプラットフォームがコースヒーロー。これは大学授業のオンラインドキュメントライブラリ、つまりそこへ行けば授業で使うマテリアルをダウンロード可能。それに加えて動画もダウンロード可能になっている。教育者向けのプラットフォームを提供しているのがコースヒーローということになる。
  • 投資の際のポイントは、この会社の投資先、純資産と場で付いている株価との調整が行われないことなので、今、場で付いている株価がネットアセットバリューに対して、べらぼうに割高になっているにもかかわらず、この会社に投資すると失敗するということ。
  • この会社のネットアセットバリューは約12ドル。今11ドルぐらいで気配が付いている。もっといえば、少しディスカウントでトレードされているということ。
  • 新型コロナで大学や高校がどうやって授業をやれば良いのか非常に苦しんでいる。チェックとかto youとかの上場銘柄が人気になっているが、それは本命ではないと思う。
  • 本当にオンラインで授業コンテンツを提供しているのはコースヒーローやコーセラ。これらに投資できる株を買わないのは意味がない。それができるのが、サッターロックキャピタルだということ。

SSSSのネットアセットバリューについて教えてください。IPO前の銘柄は未上場なので時価総額が低く見積もられると理解しています。SSSSの保有銘柄が上場するとその分ネットアセットバリューも増えると思ってよろしいでしょうか。

  • これはどうやってNAV(ネットアセットバリュー)を計算しているかというと、最も直近に行われたプライベートラウンドのバリュエーションでNAVを計算していると思う。
  • 2019年4月ぐらいに直近のVC投資があった。時価総額は12億ドルぐらいだったと思う。コースヒーローの場合はいつプライベートラウンド投資があったのかは覚えていないけど、バリュエーションは11.5億ドルとかぐらいだと思う。
  • 別の言い方をすれば、SSSSのNAVというのは、更新頻度が非常に低いしあまり当てにならない。
  • だけどNAVが12ドルで、10.7ドルぐらいなら少なくともべらぼうなプレミアムを払わせるということはないので、今はお買い得だと思う。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLQRSTハイテク株SSSS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました