アット・ザ・マーケット・オファリングって何?(ATM)(At The Market Offering)

公募増資が発表され、「アット・ザ・マーケット・オファリングだからヤバイよ〜」って、言われているけど、これは一体どういうことなのか?

アット・ザ・マーケット・オファリング(略して、ATMと表記されることがあります)は、じっちゃまライブでも頻出単語のひとつになっていますので、きちんと理解しておきたいです。

スポンサーリンク

非常に横着な公募増資。ATMを憎む習慣をつけて!

At the market というのは、注文の入れ方で「成り行き注文」ってあるでしょ?これが、「アットマーケット」という注文の入れ方なんですよ。合法か違法かといえば合法。ちょっとでも株価が上がりそうになったら、すぐに主幹事が売り物をぶつけてくるので要注意です。

じっちゃま
じっちゃま

非常に横着なやりかた。僕は大嫌い。

公募増資「アンダーライティング」と「アットザマーケットオファリング」の違い

企業側が「何億円調達したい、あるいは何株出したい」と公募増資する場合、普通はアンダー・ライティング方式をとります。

「アンダー・ライティング」というのは、企業から公募の依頼を引き受けた主幹事が「はい、わかりました〜。それではその株数を私が売って差し上げます!」といって、毎日場が立っている株式市場とは別に、投資銀行が機関投資家のところへ行って「この株、買いませんか?」といって勧誘するやり方。これが、伝統的なアンダー・ライティング方式になります。

それに対して、投資家とのミーティングや営業活動を一切省略して、個人投資家が参加している株式市場で、投資家の買い注文に対して五月雨式に売りをぶつけていくのが「アット・ザ・マーケット・オファリング」。

投資家の買い注文に対して、しれっと新株を売ってくるので、投資家が買っても買っても、株価が上昇しない。

これは、お手軽な株式の発行のやり方。もっと言えば、株価が崩れるのを100%承知した上で、自らわざと株価を崩しにいくような資金調達のやり方なんです。だから、自分で自分の首を絞めているようなもの。

なぜ憎きアット・ザ・マーケット・オファリングをやるの?

「アット・ザ・マーケット・オファリング」がどういうときにやるか?たとえば何か良いニュースが出て、投資家が買いに行こうとするときに狙い澄まして売りをぶつけるやり方。

じっちゃま
じっちゃま

だから怖ろしい!

たとえば、これカーニバル(CCL)が、今やっています(2020年12月時点)。

公式ホームページではATMによる公募増資であることを発表しています

カーニバルの公式ホームページではATMによる公募増資であることを2020年9月15日に発表しています

CCLは、新型コロナでクルーズ船が全部ストップしている。だけど、個人投資家は「もうすぐワクチンができるので、旅行関係は買いだよね〜♪」ってと思うわけじゃないですか?

そんなとき、「カーニバル(CCL)にいこうかぁ!」と買い注文をいれたら、そこに売り注文をぶつけられるんです。

チャートを見てもらえばわかると思うけど、全然うごいていないですよね。それは売り圧力があったから。

じっちゃま
じっちゃま

人が悪い!僕らが引き受けの仕事をしていたときは、「アット・ザ・マーケット・オファリング」なんて、本当にやくざなやり方としてみられていて、「人でなし!」っていいたくなるほど、ひどいやり方としてみていた。

ところが今では、あたかも普通のことのように横行している。

昔だったら、モルガンスタンレーとか、ゴールドマンサックス、JPモルガンとか、上品な投資銀行だったら、絶対に「アット・ザ・マーケット・オファリング」なんかできなかった。

じっちゃま
じっちゃま

道で、ケツまくってうんこ💩しているのと一緒だよ。そのぐらい恥ずかしいこ行為なんです。

だから、「アット・ザ・マーケット・オファリング」というものを憎む習慣をつけてください。

カーニバルは、2021年2月22日にアンダーライティングによる公募増資を発表しました。これも公式サイトに発表があります。

スポンサーリンク

まとめ

管理人
管理人

公募増資が発表されたら、一般的な「アンダー・ライティング」方式か、憎むべき「アット・ザ・マーケット・オファリング」方式かを確認すること。

「アット・ザ・マーケット・オファリング」だったら、しばらくその銘柄は購入せず、終了するまで様子を見よう。

「アンダー・ライティング」の場合、買い出動するなら公募価格を下回らないことを確認してからにすること。

Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃま株式投資の基本相場の張り方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました