バリュー株に投資する際の注意点

こんにちは。

どちらかというとバリュー株に興味がもてない、酒とロック(@saketorocks)です。拾いたい銘柄はほとんどがグロース株。

でも、金利上昇局面において、ポートフォリオがグロース株ばかりだと完全にやられます。というわけでして、バリュー株も少しは仕込んでいますが、どちらかというとイヤイヤ買っています。

ところでバリュー株はどこで売れば良いでしょうか?グロース株とバリュー株。出口戦略をどう考えればよいか。じっちゃまの教えを刻んでおきます。

スポンサーリンク

グロース株投資で重要なのはとにかく決算!

PER、PSR、バリューならPBRなど、割安か割高かの判断は状況によりけり。

グロース投資の場合、株価の天井はどんどん拡張することができる。

その株に対してこのぐらいまでなら払って良いだろうと感じる金額は、投資家の感じ方次第です。グロース株の場合、いくらでも高いPEマルチプルを付与することができる。

高値なのにグリーディーになれる根拠は、決算です。決算の数字がちゃんとしてれば、どんだけPERが高くなってもへっちゃら。

スポンサーリンク

バリュー株は株価が上がったらすぐに要注意

でも、バリュー株投資はそうではない。

バリュー株ファンは、常に悲観的に世の中をみている。株価が上昇するとすぐに萎える。

グロース株と同じように、どこまでもいけいけドンドンで上がると思わない方が良い。

それはクラスターが違う。バリュー系の投資家というのは年寄りばっかりだから。

それは気を付ける必要がある。

スポンサーリンク

バリュー株の出口戦略について

バリュー株を買うときは買値を気にしてください。なるべく安く買った方が良い。

グロースは業績が良ければずっとホールド。バリュー株は上がったら一回利食ったほうがいい。

低成長産業である場合が多いから。オールドエコノミーなので未来永劫に高いパフォーマンスが続くとはいえないから。

スポンサーリンク

まとめ

グロース株とバリュー株。それぞれ相場の張り方というものがあるんですね。とても興味深く、今度のトレードにかなり使えそうなので、忘れないようにメモしておきました。

相場の張り方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました