投資初心者なら知らないと危険!投資ストーリーやテーマだけの銘柄はクソ!

こんにちは。酒とロック(@saketorocks)です。

全固体電池の未来に興味があります。全固体電池で注目されている銘柄といえば、クアンタムスケープ(ティッカーシンボル:$QS)。

「テスラを追い越す銘柄」と祭り上げられており、以前から、私も買いたい!と激しい衝動に駆られておりました。

ですが、じっちゃま、もとい「じっちゃま投資学」では、投資テーマやストーリー一発で買いに行くことを強く警告しています。

管理人
管理人

投資リテラシーを上げるために、かなり重要な教えです。頭にたたき込んで覚えておきたいです!

スポンサーリンク

2021/02/06:ストーリーはほとんどが捏造

ここまでの決算発表、景況感、イールドカーブについて

エキサイティングな投資ストーリーとか素晴らしい投資テーマとかクソだと思う。それらのほとんどがねつ造。現実が伴っていない企業が非常に多い。

たとえばクアンタムスケープ(ティッカーシンボル:$QS)。

これもイナゴタワーみたいなチャート。次世代のEV向け電池を開発しているという触れ込みで人気なったSPAC銘柄ですが全然ダメ。

それもそのはずで、彼らの実績はゼロです。ペーパー上ではハイパフォーマンスな次世代電池が完成するとうたわれているが、実際にはこの手の試み(全固体電池の開発)は過去に何度もあり、すべて失敗している。

テーマ投資とかストーリー投資というのは、ほどほどにしておきなさい。

特に今はロビンフッターなどの未熟者たちがそういうのをはやし立てている。そういうのに手を出したらだまされるリスクがある。今はそれを心配すべき局面だ。

スポンサーリンク

2020/02/08:エキサイティングなストーリーだけに惚れないで

広瀬隆雄の自己紹介 このチャンネルで何を学ぶことができる?

ストーリーのいい会社がきちんと決算をピシッと出してくる。そういう事ができなければいくらストーリーがエキサイティングでも、そんな株はだめ。持っている意味ないと思う。

エキサイティングなストーリーを持ってる株っていうのは、砂浜の砂と一緒ぐらいで無数にある。いいストーリーなんて、ゴロゴロ転がってる。エキサイティングなストーリーだけに惚れないでください。そんなのはコモディティですよ。

本当に価値のある銘柄とは?

本当に貴重な価値のある銘柄というのは、そのテーマあるいはストーリーに向かってキチンキチンと、毎期、毎期、前進していける会社。それがレアなんですよ。価値があるんですよ。

だから決算!決算!決算!と言っているわけ。

決算至上主義というのは、決してストーリーを無視しているのではない。夢を具現化するための日々の着実な活動をその企業がきちんと実践しているか、ということ。その部分をその注目している。

ストーリーではなく企業が実践していることを観察せよ

アメリカではね「人の言うことを聞くな」「鵜呑みにするな」という風に言われます。人の言ってることを聞くんじゃなくって、「人がやってることを観察しろ」という風に教わります。

決算を分析するというのは「ストーリーは分かった。でも実際にあなたその目標に向かって歩んでるの?」って検証してるわけですね。それが重要なポイントです。

スポンサーリンク

今回のなるほど!

じっちゃまは、投資ストーリーやテーマを否定しているのではなく、実態の伴わない夢物語を否定しているのでしょう。

それを見抜くためにできることは何か。それは、投資先企業の決算を確認することが一番重要だと教えてくれています。

Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃま株式投資の基本相場の張り方決算
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました