じっちゃま銘柄逆引き辞典:2020 カーニバルまとめ(CARNIVAL CCL)

じっちゃま銘柄逆引き辞典(カーニバル 2020年発言まとめ)です。

2021年の発言まとめはこちらからどうぞ。

じっちゃま(@hirosetakao)がカーニバル(ティッカーシンボル:$CCL)について発言された主な内容を、時系列でまとめています。投資ストラテジーにお役立てください。

※あくまでも管理人が把握できたものであり、すべてではありません。※引用元はじっちゃま(@hirosetakao)のTwitter、youtubeチャンネルから行っています。
スポンサーリンク

2020/11/28:売り圧力がそろそろ切れる

  1. 今は業績ぐちゃぐちゃ。ゲロ吐きそうなぐらい醜い損益計算書になっている。
  2. 潰れないとは思う。
  3. 先日、10億ドルの公募増資をほぼ完了している。アットザマーケットオファリングで売っている。引受証券会社を仕立てて、彼らに買い取らせる。それを投資家にはめ込むという通常の売り出しではなくて、場で個人投資家が買いのビットをいれたら、それに対して売っていく。それのことをアットザマーケットオファリングという。
  4. カーニバルの株価が他のレジャー関連に比べて横一直線で株価が全然動いていないと感じると思うが、それは五月雨式に売り圧力を浴びていたから。その売り圧力がそろそろ切れるので、そこからは面白い。
  5. ただし、一般にワクチンが普及するのは来年の5月6月になると思う。しばらくは業績的にも苦しい状況が、来期もその次も続くと思う。
  6. 2月3月と比べるとアップサイドは大きいと思うが、リスクも大きい。
  7. あまりハイリスクな投資はしたくないというならば向かない銘柄だと思う。
スポンサーリンク

2020/11/09:深追いはしない

  1. ワクチン承認で25%以上アップ?みんなはしゃいでるねw あ!プラス31%!このタイミングで買いはわからないねぇ。
  2. この辺は深追いしない。まだいくらでもチャンスある。まだ決まったわけじゃない。
スポンサーリンク

2020/11/01:倒産しないと思う

  1. カーニバルは倒産しないと思う。
  2. けれど、再開の目途が立たない。長引いたらヤバイ。
  3. もう少し待ってて。
  4. ワクチンの承認は当初考えていたより後ズレしている。今は、特にヨーロッパは、新規感染者数がものすごく急騰している。ロックダウンもしている国も多い。
  5. そういうことが起こると、トラベル関連の銘柄は急に暗転する。
  6. 資金繰りの見通しがつくはずだったものがつかなくなるリスクがある。
  7. 今は、のほほんとバーゲンハンティングするという地合ではない。
  8. そうではなく、一番強い銘柄、業績の良い銘柄を順張りで買っていく相場であるべき。アメリカの格言で、When the going gets tough, the tough get goingというのがある。状況が厳しくなったらタフなやつだけが前に進める。
  9. タフなやつとは、アマゾンであり、アップルであり、FBであり、Googleなわけでしょ?奇をてらう必要はない。ごちゃごちゃやらなくていい。

2020/10/17:ダメだというわけではなく、先延ばしになっただけ

  1. 株価は動かないと思う。
  2. 大やられもしないと思う。
  3. バイオンテックのワクチン承認タイミングが、11月第三週に申請するとファイザーのCEOがレターを出した。
  4. これは新しい情報。予想より数週間遅い。それ自体は承認されるされないの可能性には一切影響ない。
  5. しかし、クリスマス商戦期間が迫っている。今年のクリスマスは華やいだ街に出て行くことはできない。
  6. HとかCCLとかCAKEとかはリア充銘柄ですよ。でもリア充楽しむのは少しお預けになった。ダメだというわけではなく、先延ばしになったというだけ。

2020/10/08:ちょっと見てみる必要がある

  1. 旅行関係で言えば、H、HLT、MARでもいいんだけど、しっかり経営されているという順番で言えば、MARが一番しっかりしている。財務内容もいい。
  2. HLTは中間ぐらい。
  3. Hは財務諸表的には、ん〜って感じであんまり感心しない。
  4. 今回の新型コロナでネガティブインパクトを受けているのはHが一番へこんでいると思うので、そのあたりは見直される可能性があるかも。
  5. DALとかCCLとか、そういった銘柄もちょっと見てみる必要があるんじゃないかと思います。
  6. 良い薬ができたら、景気が明るくなるかもしれない。これはリスキー。
  7. 特にこれまでパフォーマンスが良かったセクターがリスキーになる。ネット通販銘柄。ケチつける気はないけど、やっと食事にいける、百貨店にいけるといったときに、何が悲しくてアマゾンでポチポチやらなきゃいけないの?今まではネット通販に振り子が振れていた。

2020/10/02:今は買いません

  1. 僕ならちょっと様子を見る。あまりにも不確実性が高いので今は買いません。

2020/10/02:ちょっと早い

  1. まだちょっと早いと思う。ワクチンが完成すればこの辺も上がると思う。

2020/03/17:怒涛の利益警告

  1. 今日は引け後、怒涛の利益警告、、、
  2. 利益警告:インスメド、インテューイティブ・サージカル、シーザース、ヒルトン・グランド・バケーションズ、カーニバル、パイオニア・ナチュラル・リソーシズ、オックスフォード・インダストリーズ、ショットスポッター、チャーチルダウンズ、サウスウエスト航空、コアラボ、サミットホテルズ

2020/02/10:カーニバルは買いなのか?

  1. 新型コロナウイルスで横浜港に足止めを喰らっているダイヤモンド・プリンセス号のオーナー、カーニバルは「買い」なのか?
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典CCLTICKER SYMBOLABCD消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました