ゾーメトリー(Xometry ティッカーシンボル:XMTR)

XMTR

  • AIを活用したオンデマンドで製造された部品や組立品を効率的に調達できるようにし、製造サービスの売り手がビジネスを成長させることができるようなマーケットプレイスを構築している。創業は2013年。
  • 筆者の勝手なイメージだが、日本でいうところのモノタロウみたいな感じ。製造業のサプライチェーンにおいて、デジタル化を加速。バイヤーと製造サービスを提供する企業を結びつけている。
  • 収益の大部分は、当社のプラットフォーム上で売上から得ている。いわば手数料収益モデル。
  • 2018年には3,840万ドル、2019年には8,020万ドル、2020年には1億4,140万ドルの収益を上げ、2019年には109%、2020年には76%の前年比成長を実現。
  • 当社の売上総利益は、2018年に650万ドル、2019年に1,470万ドル、2020年に3,330万ドルで、2018年の売上総利益率は17%、2019年の売上総利益率は18%、2020年の売上総利益率は24%。
  • 純損失は、2018年に2,010万ドル、2019年に3,100万ドル、2020年に3,110万ドル。
  • 2021年3月31日に終了した四半期および2020年3月31日に終了した四半期の売上高は、それぞれ4,390万ドルおよび2,670万ドルで、前年同期比で65%の成長。
  • 2021年3月期および2020年3月期の売上総利益はそれぞれ980万ドルおよび540万ドルで、2020年3月期の売上総利益率が20%であったのに対し、2021年3月期は22%。
  • 2021年3月31日に終了した四半期および2020年3月31日に終了した四半期の純損失は、それぞれ1,050万ドルおよび860万ドル。
  • CEOのランディ・アルトシュラーは、投資銀行DLJでのビジネスキャリアがあり、起業家としてはOffice Tiger(アウトソーシング会社)、CloudBlue(電子廃棄物recycle外車)、ゾーンメトリーを設立している。政治家でもある。
  • 会社の規模を拡大するための成長戦略への投資を継続する予定。
  • 顧客にBMW、NASA、モデルナ、デル、ゼネラルエレクトリックなどがいる。
  • 幹事会社:ゴールドマンサックス、JPモルガンなど

スポンサーリンク

2021/08/13:EPSは×、売上高は〇、3Qガイダンスは若干下、FY2021ガイダンスは〇

  • ゾーメトリー(ティッカーシンボル:XMTR)が第2四半期決算を発表しています。
  • EPSは予想-31¢に対し-$1.46、売上高は予想4831万ドルに対し5059万ドル、売上高成長率は前年同期比+45%でした。
  • 第3四半期売上高は予想5409万ドルに対し新ガイダンス5300~5500万ドルが提示されました。
  • 2021年売上高は予想2.07億ドルに対し新ガイダンス2.08~2.12億ドルが提示されました。
スポンサーリンク

2021/07/25:次の決算を待ちたい

低金利でインフレリスクも低く決算好調が相次ぐ中、IPO銘柄や小型グロースが低迷してるのは何故?

  • IPOがポコポコ生まれていくる状況は健全ではない。ほとんどがゴミみたいな銘柄ばかり。
  • 個々のIPO株のクオリティ株が悪いかというと、それはそうではない。
  • たとえばマルケタ。これは非常にハイクオリティ。それ以外では、ゾーンメトリー、ドクシミティー、ディーローカール、オロ、たくさんある。
  • でも株価が動いていない。それは圧倒的なIPOの供給に押しつぶされて、それらのストーリーが開花していない。だから決算発表を待ちたい。
  • 次から次へとIPOに手を出すのは止めて下さい。四半期決算を出していける強い企業をじっくり観察して、良い決算を出していける限り、長期で保有していく。
  • たとえば、ドキュサイン、モンゴDB、トゥイリオ、トレードデスク、ロク、ズームビデオ、オクタ…そういったグロース株。これらもIPO後に低迷した時期が長く続いた。でも、その間においてもきちんと決算を出していた。
  • 今回もまったく同じようなシナリオを想定しています。
スポンサーリンク

2021/07/03:IPO後初の決算を待ちたい

最近IPOされたDOCS, MQ, CURV, XMTRどう?

  • すべていい。
  • IPOの買い方は、上場初日に買って1回転とる。博打になるけど。
  • 次にIPO企業に投資するかしないかを決定するのは、IPO後初の決算をきちんと数字出せるか。むしろこっちのほうが重要。
  • IPO後初の決算を待ちたい。
スポンサーリンク

2021/07/03:上場後初の決算発表は跨ぎたくない

IPOして間もない会社は長期投資には向かないと言っていましたが、IPO初日で株価がぐんと上がればそこで利確するのが良い?

  • はい、そういうことですよね。
  • ゾーンメトリーは上場初日にパコーンと上がりましたよね。僕はそこで売りました。
  • だから、今回の下げには引っかかっていないけど、良ければまた入りたいと思っていますよ。
  • 要するに上場後初の決算というのは、ものすごい鬼門なんですよ。
  • 上場後、初の決算だけは跨ぎたくないな、と思っています。
  • IPO直後のボラタイズな相場を取りたいのは、それはそれでOK。勝負して下さい。
  • だけど、それで1回転取れたら、もしくは捕まっちゃったら、最初の決算発表までは死に金ですよね。
  • 最初の決算発表は、超リスキーですよ。
  • ほとんどの機関投資家は、最初の決算で確実に良い決算は出せるというのを確認した後でビッグマネーは必要します。それを覚えておいて下さい。
スポンサーリンク

2021/06/29:面白い銘柄になると思う

  • いまだったらゾーメトリーとリーガルズームは良い会社。それにフォーカスすればいい。
  • これは面白い銘柄になると思います。

※マルケタのコメントにゾーンメトリーの会社について触れていましたので、ここにも記載しておきます。

  • ゾーンメトリーという会社がある。物作りを得意とする町工場の人たちが、大手メーカーから製造依頼をうけ、うちではいくらでいつまでに納品できるということを応札するウェブサイトがある。それがIPOする。
  • そのゾーンメトリーという会社は、ゾーンメトリーカードというのを発行する。オンラインの商談が成立したら、請負業者に対して代金の1/3をカードに送金する。それによって町工場が材料費や材料を買うことができる。あるいは工員さんに給料を払う。そのために前金を払う。そういうことは昔のクレカはできなかった。でも、今はできる。
  • カードというのは、クレカとデビットカード、ATMカードだけじゃなくて、いろんな使い方ができる。その使い方をイノベーションしている会社がマルケタなんです。
スポンサーリンク

2021/06/28:町工場のAmazon。末永く栄える企業で注目!

  • ゾーメトリーは町工場のアマゾンみたいなマーケットプレース。大手メーカーの発注主と特殊技術を持つ職人を結びつけます。
  • IPOトレードしてます。ドクシミティー、ミスター・カーウォッシュなど。今週はゾーメトリー、リーガルズームにフォーカス。

スポンサーリンク

2021/06/22:良い会社なので注目

  • ゾーメトリー良い会社なので注目して!
  • ドクシミティー ☆☆☆☆☆
    ゾーメトリー ☆☆☆☆
    リーガルズーム ☆☆☆
    ミスター・カーウォッシュ ☆☆☆
    センティネルワン ☆☆
    インタップ ☆
    スプリンクラー ☆
    コンフルーエント
    インテグラル・アド・サイエンス
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLUVWXYZ消費循環株XMTR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました