アップスタート(UPSTART HOLDINGS ティッカーシンボル:UPST)

UPST

https://www.upstart.com/
https://ir.upstart.com/
スポンサーリンク

2021/09/06:AIを活用して迅速に個人向け融資を実行

スポンサーリンク

2021/08/13:次のステージへ進んだ

  • ここまでの決算をまとめるとDOCS、UPST、DDOG、COUR、GDRX、MQ、MCW、ABNBの決算に好感を持ちました。サバゲーで次のステージへ進んだ状態。
スポンサーリンク

2021/08/11(2):決算は良いがリスクもふたつあり

  • 重要なのは決算の数字だけ。その観点からいえば、アップスタート、データドッグ、ドクシミティ、コーセラの4つには特に注意を払う必要がある。
  • この会社は、無担保小口消費者ローンのマーケティング会社。ポイントはAIを使ってローン審査をする。
  • 一回の融資実行額は10~500万円ぐらい。結婚資金やリフォーム資金など、小さな資金ニーズに対してお金を貸し出す。
  • 無担保小口消費者ローンの分野は、アメリカでは盲腸みたいな存在。誰もしっかりと掘り起こそうとしていないので、隙間ビジネスである。
  • 貸付金利は借り手の信用度によって変動するが、6~35%ぐらい。かなり金利が高い。無担保ローンなので貸付金利が高くなる。
  • アップスタートは銀行ではない。マーケティング会社。実際の貸し付けはニュージャージー州にあるクロスリバーバンクという地銀、信用金庫みたいなところ。
  • アップスタートは顧客を見つけ、与信審査して、ローンを組むところまでやる。その駄賃に対して固定フォーをクロスリバーバンクからフィーをもらう。
  • 銀行は企業や個人にお金を貸して、その間の金利でお金を儲けるが、アップスタートの場合はローンを組んだところのフィーをもらう。貸倒れリスクは負わないので、見る人によっては魅力的なビジネスだということ。もっといえば、ローンが焦げ付いた場合はクロスリバーバンクが被ることになる。
  • 売上高成長率前年同期比+1,018%という数字は非常に、非常に、急成長だけど、去年の第2四半期はコロナの関係でベースが低い。そこから比較しているので爆発的な成長をしているように見えている。
  • 営業利益は3,630万ドルでした。去年外出禁止令が出ていたときは-1,140万ドル。すでにこの会社は黒字を出しているということ。
  • 修正EBITDAは5,950万ドル、修正EBITDAマージンは31%。比較的固定費が低くて利幅が大きい。
  • 去年ローンを実行した数は28.7万件。前年同期は1.2万件。
  • 借りたいと打診した消費者に対して実際にローンを実施した率は24%。前年同期は9%。
  • トランザクションボリューム(貸付総額)は27.95億ドル。前年同期は1.64億ドル。
  • AIによる完全自動化ローン貸し付けは、全体ローンの71%。
  • アップスタートは信用リスクを取っていない。リスクを取るのはクロスリバーバンク。あるいはローンを証券化して投資家に販売することもしている。機関投資家がパッケージ化されたローンリスクをかぶる。一見すると、リスクがないようにみえるが、もし焦げ付きが増えてクロスリバーバンクや投資家が損をするともう少し融資基準を厳格化してくれという注文が付く可能性がある。
  • 今は、極めて少ないリスクでローンを組める局面。市中金利が低いし、経済は回復途上にあるから。このタイミングでたくさんのローンが焦げ付くことはあまりない。しかし、景気がよくなり無謀な貸し付けが増えたら焦げ付きが多くなる。そのときにクレジットリスクが顕在化してくる。
  • アップスタートのパートナーであるクロスリバーバンクは、あまり聞いたことがない。2006年ぐらいにできた小さい新しい信用金庫みたいなサイズの銀行。アファーム、コインベースなど、新手のフィンテック会社ばかりを相手にしている。
  • アップスタートとクロスリバーバンクの間で問題がない場合でも、他のマーケティング会社(たとえばアファームのバイナウペイレイターという割賦ビジネス)がずっこけた場合、アップスタートは悪くないのにビジネスがポシャる…というリスクはある。

UPSTの融資のAI化というビジネスモデルの将来性についてどう思う?

  • アップスタートはお金の一次ニーズに対して融資しているが、ゆくゆくはそれだけに留まらず、オートローンなど拡大していきたいと考えている。
  • ただ、オートローンは自動車会社が持っている自動車ローン子会社との兼ね合いがあるので、参入は難しいと思う。
  • 車を買うときに、車種、メーカーが消費者にとって重要な事であり、どの会社がローンを貸してくれる…というのはどうでもいいこと。そういう発想はしないので、新規参入が難しいと思う。
  • AIを駆使することで借入金を下げてマーケットシェアを広げるというのが、オートローンの市場に通用するかと思うと…ん~どうだろうねと思う。

UPSTがクロスリバーバンク以外の太いパートナーを見つける可能性について

  • すでに2番目の銀行を使っていると思う。
  • アップスタートも、アファームも、コインベースもクロスリバーバンクを使っている。という事実に対して、クロスリバーバンクスゲー!とは思わない。何かおかしい。なぜ、クロスリバーバンクなの?と。
  • 銀行側で、何かそれらの業者と商売するのを避けている…なにかそういうことがあるんじゃないかということを疑いたくなる。話がうますぎる。
  • ひょっとするとクロスリバーバンクだけがバカだから、アップスタートやアファームと商売しているのかもしれない。
  • (アファームの)バイナウペイレイターなど、まだ新しいビジネスだから、わからないんですよ。ローンの焦げ付きがあった場合、ルールが確立されていない。
  • アップスタートは成長している。アファームも成長している。だけど、今、金が余ってて困っているんだよ、持って行けよ!とプッシュしているから売上高が伸びて当然なんですよ。
  • それ自体とビジネスの健全性は別。アップスタートが良いビジネスかどうかの意見を、今の時点では保留している。
  • クロスリバーバンクがポシャったらチーンだよ。
  • 消費者に対する信用提供ビジネスというのは、本当にリスキーなビジネスです。
  • 消費者ローンのシャドウバンキングのようなもの。新手のフィンテックが増えている
  • 今は買いだと思うけど、どこかではしごを外されるリスクもある。
スポンサーリンク

2021/08/11(1):EPS、売上高、ガイダンスすべてOK

  • アップスタート 第2四半期決算 EPS、売上高、ガイダンスすべてOK
  • UPSTの決算めちゃくちゃ強いですね。
管理人
管理人

以下、第2四半期決算メモ。コンセンサス予想はseekingalpha参照

  • EPS予想25¢に対して、結果62¢ ⇒〇
  • 売上高予想$157.75Mに対して、結果$194M ⇒〇
  • 売上高成長率前年同期比+1,018%
  • 第3四半期ガイダンス、売上高予想$162Mに対して、$205~215M ⇒〇
  • FY2021ガイダンス、予想$601Mに対して$750M ⇒〇
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLUVWXYZハイテク株UPST
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました