メルク(MERCK ティッカーシンボル:MRK)

MRK


スポンサーリンク

2021/03/29:売上50億ドルもある治療薬のパテントが2023年に切れる予定

スポンサーリンク

2021/03/28:薬品株は面白いと思う

  • 薬品株が面白いと思っている。
  • たとえば、ブリストルマイヤー(BMY)、メルク(MRK)、ファイザー(PEF)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)、アッヴィ(ABBV)、アムジェン(AMGN)
  • そういったグループは見過ごされていると思うよ。
スポンサーリンク

2021/03/12:投資妙味ある

MRKをABBVやBMYなどの医薬品銘柄として見てますが、最近のコロナワクチン撤退などグダグダな面があっても投資妙味はある?

  • そういう捉え方でいいと思います。
  • メルクのワクチンを巡るニュースはノイズであり、アメリカの機関投資家は一切無視していると思う。
  • バイデンがメルクにワクチンを作ってくれ…と要請したとか、誰も何も感じていないと思う。
スポンサーリンク

2021/02/06:通年EPSガイダンスは良かったが今期決算はミス

  • 今度CEOが変わります。
  • この前の決算はイマイチだった。
  • EPS予想1.36ドルに対して1.32。売上高予想126.5億ドルに対して結果125.1億ドル。
  • ガイダンス2021年、EPS予想6.19ドルに対して新ガイダンス6.48-6.68ドル。
  • 通年のEPSガイダンスは良かったけれど、今期の決算はミスった。これが下げの原因だと思う。
スポンサーリンク

2020/11/06:上院で60議席の承認が必要

バイデン勝利でヘルスケア銘柄は厳しい?

  • バイデンの公約からヘルスケア関連のことだけを抜き出すと、オバマケアを発展型にしてパブリックオプションをクリエイトすることを提案している。それに関しては上院で60議席の承認が必要。
  • 関連銘柄としては、アンセム(ANTM)、ユナイテッドヘルス(UNH)、ヒューマナ(HUM)、シグナ(CI)、テネット(THC)、ホスピタル・コーポレーション・オブ・アメリカ(HCA)あたり。
  • メディケアに薬価をネゴシエイトすることを許可する提案に関しても、上院で60議席の承認が必要。関連銘柄は、イーライリリー(LLY)、メルク(MRK)、ブリストルマイヤーズ(BMY)、アムジェン(AMGN)、テバ・ファーマシューティカル(TEVA)あたり。
スポンサーリンク

2020/11/04:PER13倍!

  • アッヴィ(ABBV)は、非常に良い会社ですよね。いまPER9倍で取引されている。安いよね〜。
  • 製薬会社の株って安いのが多いよね。ブリストルマイヤーズ(BMY)もPER10倍。これ、どうなんだろうねぇ。EPSなんて30%ぐらいで成長している。なんで買わないのかイミフ。
  • メルク(MRK)だってPER13倍だよね。
  • この辺はどれに投資してっもいいんじゃない?
スポンサーリンク

2020/07/09:メルクの業績を駆動しているのはキートルーダーというガンの薬

  • メルク好きです。ワクチンもそれなりに結果を出すかと思っている。
  • でも、メルクの業績を一番駆動しているファクターは、ガンのお薬でキートルーダーというものがある。近年、ものすごく売上高が増えた。
  • ほんの少しだけ、キートルーダーの陰りが見えているので、それは少し気を付けるべき。
スポンサーリンク

2020/07/09:ワクチンのストーリーで買うべき銘柄ではない

ワクチン競争からほど遠いですか?

  • そんなことない。
  • 今年のある時点で臨床がはじまると思う。
  • メルクは老獪でしっかりした企業のひとつ。
  • ワクチン開発の怖さを知り尽くしているので、石橋を叩いて渡ろうとしている。あえてスピードで競争していない。だけど、本命企業のbひとつ。
  • ただし、メルクは抗がん剤のキートルーダとかで買うべき銘柄。ワクチンのストーリーで買うべき銘柄ではない。なぜなら時価総額が馬鹿でかいからワクチンはほとんど業績に影響しないから。
スポンサーリンク

2020/06/28:年内に第一層臨床試験を開始

  • メルクは年内に第一層臨床試験を開始する。
  • つまりずいぶんゆっくりしているということ。
  • 遺伝子組み換え水疱性口内炎ベクターを使っている。
  • 口も腰も重くて、ようやくワクチン開発を始めた。
  • 遺伝子組み換え水疱性口内炎ウイルス(RVSV)技術を使う。エボラ出血熱ワクチンで使われた実績がある。
  • 先日、テイミスバイオサイエンスという会社を買収すると発表している。テイミスは免疫調節療法の技術を持っているオーストリアの会社。
  • テイミスはセピ、つまり感染症流行対策イノベーション連合から支援金を獲得している。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLMNOPヘルスケア株MRK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました