相場を観察するとは具体的になにをチェックすればよいのか?

じっちゃまが、よく相場を観察しなさいと説いています。

では、具体的に何をどう観察すれば良いのか?

重要なことなので、忘れないようメモしておきます。

スポンサーリンク

相場を観察するとは、具体的になにをチェックすればよいのか?

株価指数ですよね。S&P500みたいなやつね。それが高いのか安いのか気を配る。

それと同じぐらい重要なのは、長期金利ですよね。10年債利回り。上なのか下なのかに気を配る必要がある。

あと、セクター。ネット株が高いとか、銀行株が安いとか、セクターパフォーマンスに注目する必要がある。

たとえば年初来依頼のパフォーマンスをみると、ほぼネット株やハイテク株だけでしょ?高いのは。GAFAM、NVIDA、そこらへんは年初来40-60%高い。それ以外は、軒並みマイナス20-30%と安い。

セクターのピクチャを観ながら、相場の物色の流れ、勢力地図を見る習慣を付けてください。

スポンサーリンク

まとめ

相場を確認するとき重要なこと

  1. 株価指数を確認する
  2. 長期金利を確認する
  3. セクターパフォーマンスを確認する

株価指数は、Yahoo!ファイナンス(例:S&P500指数)、Tradingview(マーケット指数)、証券会社のホームページ(例:楽天証券 株価指数ページ)などで簡単にチェックできます。

長期金利をチャートで観たいときは、tradingviewだとUS10Y、Yahoo!Financeだと^TNXで検索すると表示可能。

セクターパフォーマンスをチェックするには、finviz.comのMAPをチェックするのがわかりやすく便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました