じっちゃま銘柄逆引き辞典:ドキュサイン(DOCUSIGN DOCU)

スポンサーリンク

2021/04/18:見通しは良い

  • 見通しは非常に良いと思う。
  • 僕の好きな銘柄はオクタ(OKTA)、ズームビデオ(ZM)、ドキュサイン(DOCU)、クラウドストライク(CRWD)、トレードディスク(TTD)、モンゴDB(MDB)。なかでもズームビデオは安いと思う。
スポンサーリンク

2021/04/09:U, AI, DOCUの中で一つ買い増すなら…

  • U, AI, DOCUの中で一つ買い増すならどれ?⇒一番安全なのはドキュサインだと思う。この前の決算発表も良い内容だった。
  • 2番目にいいのがユニティ。
  • AIはひょっとすると一番アップサイドが大きいかも。
スポンサーリンク

2021/04/07:休んでいる=悪い(売り)ということではない

  • この前の決算良かったけど株価さえない。
  • この辺の銘柄は休んでいる。休眠している。
  • 相場は大きく開花したら、ちょっと休んで英気を養わなければならない期間というのがある。
  • 休んでいる=悪い(売り)ということではない。
  • この辺の銘柄、ものすごく観ている。虎視眈々と銘柄を選んでいる最中。一足先にお休み期間に入ったFBやGoogleは今が旬になっている。
  • 物事には順番がある。
  • 良い銘柄。休んでいる期間が違うだけ。

2021/04/04:ここまで売られる理由はない

  • ZMが10買いだとしたらDOCUはどれくらい買い?⇒9ぐらいじゃない?
  • 決算良かった。ここまで売られる理由はない。

2021/03/28:決算は良いがチャートは良くない

  • チャートはレンジ相場。レンジの下弦に近づいている。185ドルを下に切ってきたら余り良くない展開。
  • 決算は良いと思いますよ。
  • 第4四半期、EPS予想13セントに対して37セント。売上高は予想4.08億ドルに対して、4.31億ドル。前年同期比56.7%。ガイダンスは第1四半期、売上高予想4.19億ドルに対してレンジで4.32-4.36億ドル。2021年売上高予想18.9億ドルに対して19.63-19.73億ドル。売上高ガイダンスはいいと思います。
  • 2つまとまった規模の会社を買収している。Seal Software、Liveoak Technologiesという会社。
  • プロダクト面での統合は終わっているはず。今後、どのぐらい営業費用にプレッシャーになるのかはよく覚えていないけど、たぶんガイダンスの数字に反映されていると思う。

2021/03/25:未来はネット系の株

  • 好き。
  • 未来はネット系の株だと思う。あるいは製薬株。一回もおもちゃにされていない。

2021/03/12:ポートフォリオに入れておくべき銘柄

  • 成長株の中でも毛並みの良い株、クソなグロース株との業績格差が鮮明に現れ始めている。
  • 決算がとりわけ素晴らしかった会社で、みんなのポートフォリオに入れておくべきは、ZM、OKTA、DOCU、TWLO、TTD、PINS、FVRR、SQ、ROKU。

2021/03/05:コンセンサス予想EPS13セント

  • DOCUはまだ決算発表になっていないよね。
  • 3/11が決算発表。コンセンサス予想EPS13セント。

2020/11/21:次の決算次第

  • 株価が伸びるかどうかは、次の決算を待ちたい。

2020/11/01:買い増し大丈夫

  • 買い増し大丈夫だと思います。

2020/02/11:ぜんぜん心配していない

  • 今すでに新高値圏にある。84.61ドル。
  • 決算発表は3/12。予想EPSが5セント、売上高2.66億ドル。
  • 過去に発表された第3四半期の決算は、EPS予想4セントに対して11セント。売上高が予想2.4億ドルに対して2.495億ドル。売上高成長率は前年同期比39.9%でした。
  • ドキュサインは去年の夏頃に業績がもたもたした。ドキュメントマネジメントの会社を買収して、単なるサインだけのクラウドサービスではなく、契約書のライフサイクルに合わせ、契約締結から満了まで全部のライフサイクルをマネージする会社に業容拡大しようとした。
  • 売るべき商品が急に増えたので営業がもたもたして、最初、売り方がわからなくて一度業績を落としたことがある。
  • だけど今は好調になってきている。全然心配していません。
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典DOCUTICKER SYMBOLABCDハイテク株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました