新興国ETF インド(WISDOMTREE INDIA EARNINGS FUND ティッカーシンボル:EPI | INDA)

スポンサーリンク

2021/10/17:インドの投資機会

スポンサーリンク

2021/10/16:向こう5年でいえばコアカントリー

インドETFに今から入るのはありでしょうか?PER的には割高水準に来ている気はします。

  • 長期で言えば面白いと思っている国は、インド。ベトナム、バングラデシュ、中東諸国、あとロシア。
  • インドはずっと一本調子で騰がってきたので少し休憩する必要があると思う。でも、向こう5年ぐらいの取り組みならインドはコアカントリーだと思う。
  • PERは常に高いです。だから心配しても仕方ない。

インドなど、新興国をホールドする際、注意点は?

  • インドはとりわけインフレに弱い。それは気を付ける必要がある。今はインフレ気味なので心配の種。
  • 同様のことはベトナムにもいえる。ベトナムもインフレに弱い。
  • その両国はかなり努力してインフレ体質を駆逐しようとしている。
  • ある程度、進捗がありました。だけど産油国ではないので…。
  • インドもベトナムも少し原油はでるけど、圧倒的に出るわけではないので、そこは懸念だと思う。
スポンサーリンク

2021/10/10:OPECはインドにフォーカス!

世界の石油生産国で増産が自由に出来る国はサウジと米国だけ。サウジは先日「増産しない!」と発表しました。米国では「シェール業者がお行儀よくしているか?」が重要。歴史的にシェール業者は儲かると(青)それを直ぐに増産(橙色)に振り向けた。いまは節制している。

油井の数はあまり増えてないです。とりわけ天然ガスは。

このチャートがすべてを物語っていると思う。

別に中国をdisる気は無い。気の毒だと思うだけ。人口動態の逆風は容易には覆せない。

中国の人口ピラミッド

こちらは中国の人口ピラミッド。バブルが去った日本のそれに似てきています。

インドの人口ピラミッド

一方インドの人口ピラミッド。成長があるのはどう見てもこっち。

OPECはもともとマクロ経済調査を行う国際団体としてスタートしたのでリサーチは素晴らしいです。この資料の出典はOPECが毎年発行している「WOO」という長期アウトルックに関する報告書。340ページもある分厚いレポートです。

産油国が長期エネルギー戦略を策定する際の参考資料に使ってもらう事を念頭に入れて編纂してあるので長期予想に関しては他のどの資料より綿密、慎重に編集されています。

OPECのフォーカスは…もう中国じゃありません! インドにものすごくフォーカスしている。

スポンサーリンク

2021/10/03:インドは賃金が安く、人口動態がいい

インド株はまだ良くなりますか?

  • 10年単位の長期で言えば、インド株は、中国株よりはるかに、はるかに将来性がある。
  • それは、賃金が安いから。人口動態的に若い人が多いから。
  • インド人が算数ができるとか、勤勉だとかではない。
  • 中国は人口動態が悪い。以前の日本とそっくり。悲観的に見ている。
  • 以前はBRICSが新しいグロースと言われていた。今は違う。インドだけ。
  • 中国経済は、土木建設などで駆動されている。鉄鋼や石炭の消費ブームを引き起こした。
  • 中国が建設からの脱却をするのであれば、銅を輸出しているブラジル、鉄鉱石のオーストラリアも駄目になる。
  • でも新興国で素材から遠い国は、インドになる。
  • 上海や深圳でアパートを買おうと思ったら年収の35~40倍もする。一生働いてもマイホームは買えない。東京で言うと12倍ぐらい。フロリダは3.9倍。日本もバブル時は30倍ぐらいだった。
  • 中国の株式市場、不動産市場は長期にわたってグズグズすると思う。インドのほうが遙かに良い。

インドと同じような人口動態で人口の多いインドネシアを推している方は少ないように見える。なぜ評価が低い?

  • インドのほうがいいね。全然違うと思う。
スポンサーリンク

2021/09/26:素材で中国と繋がりがないのはインドだからリスクが少ない

中国恒大集団により、インド株が良くなる?

  • 中国株に投資できないと感じているアメリカの機関投資家がいるわけですが、そのひとつの理由は中国株ADRがアメリカ上場廃止になってもかまわないとか、そういう態度に対して、投資家が株主の権利はどうなるのか、誰が保証するのかという私有財産、あるいは会社が仕事として預かっている財産の保全、法的な保護、そういった法的な枠組みが中国という国はしっかりしていない。
  • 政府の気分ひとつで、ネット企業をいじめることができるし、廃業に追い込むこともできる。そういうのは良くないというムードにアメリカの機関投資家はなっている。
  • 新興国をみまわしたときに、法的な保護という観点からすれば、ロシア株は不安に思う。その点、インド株はかなりがっちりした憲法になっている。
  • そういった切り口でインド株を見直すという動きはあるんじゃない?
  • 2003年ぐらいにBRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)がこれからは買いだとゴールドマンが言い始めてブームになったけど、今、中国が投資しにくくなったということになると、ブラジルは鉄鉱石とか資源で中国と密接だし良くない。
  • ロシアも資源国なので中国と資源を通じて繋がっている。
  • 消去法で中国リスクがないところはインドになる。そういう理由でインド株が買われているんじゃないか?
  • チャートはいい形をしている。

インドのETFを買おうと思いますが、11月のほうがいい?

  • いやあ、わかりません。
  • そんなことくよくよ気にしたってマーケットタイミングなんて上手くいかないと思うよ。
スポンサーリンク

2021/09/20-2:中国の時代は終わった。これからはインド、ベトナム、バングラデシュ

  • 中国の時代は終わった。これからはインドだね。
  • 見込みのある国は: ①インド ②ベトナム ③バングラデシュ
  • このうちインドとベトナムはETFで済ませようと思っている。バングラデシュに関しては良いETFが無い。現地飛ぶしかないかも。
  • まず今しっかりGDP成長が出ているということ。
  • 次にインフレの抑制にこれら3国は成功しているということ。

  • 将来の成長のロードマップがハッキリ描ける。
  • ベトナムの弱点は港湾施設がとても貧弱ということ。同じことはバングラデシュにも言える。
  • ベトナムとインドは、かつてのインフレ体質を克服しました。
  • ブラジル、中国、ロシアはBRICsブーム終焉後のGDPの成長率の減速が激しいです。インド、メキシコ、トルコ、ベトナムは殆ど減速していません。

  • バングラデシュのダッカは最近開発が進み始めています。空港近くに新都心が出来つつある。写真はメリディアン・ホテル。そのすぐ裏のビルがダッカ証券取引所。

  • トルコは慢性的にインフレ体質なのでピリピリしながら投資する必要があります。バングラデシュはホットマネーの介入は少ないです。
  • 今は静観して。なにもしないで。新興国も買いじゃないです!
スポンサーリンク

2021/09/20-1:インドとベトナムがいい

アメリカ以外の国で注目のETFは?

  • インドですね。ISHARES MSCI INDIA ETF。ティッカーシンボルは、INDA。
  • 日本のネット証券では買えないから、EPI(WISDOMTREE INDIA EARNINGS FUND)でいい。
  • もうひとつはベトナムETF。VIET NAM DAIRY PRODUCTS JOINT STOCK COMPANY。ティッカーシンボルは、VNM。
  • これもいいと思う。
  • このふたつの国が ファンダメンタルズでは良いと思う。
スポンサーリンク

2020/09/18:5年後のGAFAM???

5年後のネクストGAFAMを選ぶとしたら?

  • 新興国かもしれないね…。
  • わかりません!
スポンサーリンク

2020/08/20:インド株に積み立てるのは博打過ぎる

インドのETFを積み立てるのはどう?

  • iDeCoとか積立NISAをやるんだったら、S&P500とか全世界ファンドとかで積み立てる。インドでは積み立てしない。
  • でも、インド株が将来面白いかもという可能性はあると思う。
  • なぜ、インド株ETFで積立しないかというと博打すぎるから。
  • 積立というものは失敗できないものだから。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLEPI
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました