ビヨンドミート(BEYOND MEAT ティッカーシンボル:BYND)


スポンサーリンク

2021/08/29:このセクターはどうでもいい

米国において代替タンパク質はどのくらい浸透してきている?

  • あんまり浸透していないね。
  • 決算悪かったよね。長い、長い、道のりだと思う。
  • 僕なら、そのセクターはどうでもいい。
スポンサーリンク

2021/08/06:EPS×、売上高〇、ガイダンス×

  • ビヨンドミート(ティッカーシンボル:BYND)が第2四半期決算を発表しています。
  • EPSは予想-23¢に対し-31¢、売上高は予想1.41億ドルに対し1.49億ドル、売上高成長率は前年同期比+31.8%でした。
  • 第3四半期の売上高は予想1.53億ドルに対し新ガイダンス1.2~1.4億ドルが提示されました。
スポンサーリンク

2021/05/11:決算がひまひとつ

  • 第1四半期決算は、EPS予想-21セントに対して、-42セント。売上高予想1.13億ドルに対して結果1.08億ドル。
  • 売上高成長率前年同期比+11.4%。
  • 第2四半期売上高予想1.42億ドルに対して新ガイダンス1.35-1.5億ドル。
  • 今ひとつだね。あまり良くなかった。
  • 第一、代替肉が急成長しているとか言っておいて、11.4%の成長率。この程度で銘柄なんてゴロゴロあるからね。
スポンサーリンク

2021/04/24:あまり良くない

  • ぜんぜん良い決算を出せなくなっている。
  • パートナーとも組めなくなっている。
  • ビジネスがおかしくなっている。あまり良くないと思う。
スポンサーリンク

2021/04/07:あまり感心しないねぇ

BYND 中国工場設立の発表で(株価)上げてる。

  • どうだろうねぇ〜。あまり感心しない。
  • なぜ金持ちが多くヘルスコンシャスが多いアメリカで、成功していないのに中国行けば成功すると思うわけ?
  • 平均所得は中国はずっと低いですよ。中国人が人工肉をたくさん食べるとは思えないんだけど。
スポンサーリンク

2021/03/12:なんかイマイチだよね

BYNDの今後は?

  • つい先日、ウォルマートに代替肉を置くということを発表している。
  • それ以外では、2/26にマクドナルドがビヨンドミートとの関係について、明確化するという意味で、ビヨンドミートはマクドナルドのプリファードサプライヤーであると発表している。
  • ここらへんあたりもなんか、くっついたり離れたりして、はっきりしない面がありますよね。
  • 決算発表自体は悪かった。
  • 第4四半期EPS予想-12セントに対して結果-34セント。売上高予想1.04億ドルに対して結果1.02億ドル。
  • なんかイマイチだよね。
スポンサーリンク

2021/01/22:ひどい決算だった

BYND見通しは?

  • この前の決算、箸にも棒にもかからないひどい決算だった。
  • しばらく時間かかると思います。
スポンサーリンク

2020/12/20:あちこちで凡ミスした悲惨な決算

  • 決算悪かったね。
  • ま、次の決算が良くなったことを確認してから、ゆっくり重い腰を上げても遅くない。
  • この前の決算は、かなりとっちらかった。あちこちで凡ミスした悲惨な決算だった。
  • 3か月だけでそれを立て直しできるとは「?」ですね
スポンサーリンク

2020/12/20:売上高の成長に加えて利益も出していかなければいけない

売上は右肩上がりでも利益はそれに伴っておらず、マイナスのものがあります。売上と利益率を気にしなければいけない銘柄、売上だけを見ればよい銘柄、という区別があるのでしょうか?

  • 企業がメチャクチャ若いとき、IPOしたてのほとんどの銘柄は、EPSがマイナスになっていると思う。それはそれでいい。そういう企業がまずやらなければならないことは、企業として安定成長するまでのスケールを取りに行かなければならない。その局面では、売上高、売上高、売上高ですよ。銘柄でいえばクラウドストライクとかね。そういう企業は売上高だけを取りに行っていると思う。
  • そういう局面では売上高がきちんと出ているかということを主にみて下さい。
  • もう少し成長すると…たとえば2019年あたりのテスラとか2020年のビヨンドミートとか、そういう銘柄は売上高の成長に加えて利益も出していかなければいけない。そういうステージにある企業は両方見なければならない。
  • Amazonのようにすでにスケールを実現している企業は、もうマーケットシェアをアグレッシブに取りに行く必要はない。すると、ちょっと経営環境がコロナとかでギクシャクすれば、ほんの少し成長を絞ることで利益がファーっと出るのね。
  • いろんな銘柄のEPSのチャートをツイートしたんだけど、今、ものすごくAmazonのEPSはキレイに伸びているでしょう?
  • それはクリティカルマスのスケールを獲得したので、今は微調整するだけで利益をバンバン出せる局面になっている。
  • いずれ、テスラやビヨンドミートも、そういう局面がくる。主にEPS成長でこの銘柄は買われるべきだというふうに投資家から思われる…そういう時期が来ると思います。
スポンサーリンク

2020/07/29:決算見てから決めたい

最近だらだら下げて心配。決算までholdで良い?

  • 次の決算は、8/4。
  • コンセンサス予想は-2¢。決算見てから決めたい。
  • 前回の決算は良かった。
スポンサーリンク

2020/06/28:あまりこの銘柄を甘く見ちゃいけない

下げたけどホールドでいい?

  • 今はホールドしておいて。
  • マクドナルドカナダがテストマーケティングを打ち切ったというニュースですよね。
  • あくまでも決算を手がかりに銘柄を売り買いする習慣をつけてください。
  • ビヨンドミートは、意外にも決算いいですよね。あまりこの銘柄を甘く見ちゃいけないなと思います。
スポンサーリンク

2020/06/10:やや心配している

  • 基本的にはよくやっている。
  • 自分たちの商品を50%をレストラン、残りをスーパーマーケットに卸している。
  • しかし、新型肺炎で外出禁止令が出て、レストランがすべて閉まっちゃった。売上的にはきりきり舞いするはずだった。
  • 即、レストラン向けの代替肉をスーパーマーケットに切り替えてポジティブサプライズを出した。
  • 今は、レストランが再開し始めて、レストランにも商品を出さなければならない。
  • 日々の業務としてはエラーが出やすい局面だけど、非常に頑張っているといえる。
  • そこら辺の切り替えがどのぐらい上手くいっているかは、次の決算発表を見なければならない。
  • そういう意味では、やや心配している。
スポンサーリンク

2020/06/01:長期でもいけそうなトレンド

beyond meatどう思いますか?人工肉が従来の牛豚肉に取って代わる日は来るのでしょうか?

  • かなり良いと思います。
  • 主にスーパーマーケットやレストランに対する出荷が半々だった。
  • スーパーは良いとして、レストラン側の落ち込みがあると懸念していました。
  • この前の決算発表があって、レストランに出していた分、かなりスーパーマーケットで挽回していた。
  • これは長期でもいけそうなトレンドかなと思っています。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLABCDBYND
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました