バークレー・ライツ(BERKELEY LIGHTS ティッカーシンボル:BLI)


https://www.berkeleylights.com/
https://investors.berkeleylights.com/
スポンサーリンク

2020/07/19:バークレーライツは非常に毛並みの良い会社

56ドルで飛び乗ったが価格的にどう?

  • それでも別に良い値段だと思う。62ドル台に入っているし。
  • あと二日三日ぐらい高いかも。その後で反落するかもしれないけど。
  • バークレーライツという会社は、非常に毛並みが良いし技術力もメチャクチャある。
  • バイオテクノロジー会社がどんどんIPOして資金調達している。その調達した金で、たとえばワクチン開発であればティーセルどうなっているのよ、早く調べろ…というときに、BLIのデバイスを使わなければならない。
  • たとえば5Gとか通信の世界でいうと、群鶴競争で誰が半導体を作るのかというときに、半導体製造装置に相当する。設備投資関連銘柄だということ。
  • バイオはどかどか資金調達されているセクターなので、今の時流に乗った銘柄。良いと思う。
スポンサーリンク

2020/07/15:世界のトップバイオ企業は、みんなこの会社の機器を採用している

  • バイオ、製薬業界のR&Dを実施するときのツールを作っている会社。イルミナが出てきたときのイメージに近い。デジタルセルバイオロジーの機器、消耗品を製造している。
  • ゲノム創薬が流行しているが、遺伝子単位で研究することが大事。究極的にはもうひとつ上のレベルである細胞単位でそれぞれの細胞がどういう機能をもっているかを見極めて、正しい機能を持っている細胞を増殖させることで創薬につなげることが必要になる。
  • 遺伝子レベルでは細胞が実際にどういう働きをするのかは立証できない。創薬する際、原料になる理想の細胞をどうやって選ぶのか…というのが手間暇かかる。そこを合理化するのがバークレーライツ。
  • 合理化をする際、この会社は3つの要素を持ち込んでいる。ひとつはなるべくオートメーション化する。ふたつめは、正確性をもちこむ。3番目は、すべてのプロセスデータを大規模データ処理する。
  • バークレーライツのテスト機器というのは、細胞機能をテストするということ。具体的には、半導体チップみたいなものの上に液体をインポートする。そのチップはマイクロフルイドチップ(マイクロ流体チップ)と言われていて、個々の部屋に一つの細胞がきちんとひとつずつ治まるようにデザインされている。つまり、ナノテクノロジー。
  • 個々の細胞が治まったことをオプティクスで確認しなければならない。この会社の出資者のひとつは日本のニコン。半導体のときにステッパーとかを使うが、それと同じような技術がここで援用されている。
  • 個々の細胞を部屋の中に閉じ込めて、そこに栄養素を送り込み、部屋の中で細胞を育てる。細胞が育つと分離したり、個々の機能が分化してくる。すると細胞の形が進化してきて、となりの部屋に入っている細胞と色や形、機能が違う。それをテストする。その作業のことをディープオプトプロファイリングという。これはAIを使用する。
  • たとえば、ロンドン、上海などの街を歩いていると、監視カメラがある。何万人という人の顔を監視カメラが見ていて、挙動不審な人がいればAIで認識する。バークレーライツのテスト機器は、これにある種、似ている。小さいチップの中で個々の細胞のプロファイリングをやる。
  • この細胞とこの細胞が有望そうだ…と研究者が判断したら、それを抽出して、別のところでもっと育て、創薬につなげる。非常に専門的なことをやっている。
  • ゲノムのネクストステップは、細胞になったときどういう機能を表現するかということを問題にしなければならない。それを大量にスクリーニングして、正しい細胞を選び出してくれるのがバークレーライツ。
  • 世界のトップバイオ企業は、みんなこの会社の機器を採用している。
  • 年間売上高5,670万ドル。前年同期比売上高成長率+80%ぐらい。今年のは、第2四半期は売上高は約1,000万ドルぐらいだろうといわれている。グロスマージンは64%ぐらい。ハイマージンビジネス。
  • IPO条件は、740万株。16~18ドル。値決めは7/16。幹事はJPモルガン、モルガンスタンレー、コーウェン。

JAMF, BLIを初値購入後の株価上昇による利益を取ろう考えています。この場合「公募+売り出し」株数の全発行株数に対する比率が重要なファクターだと考えています。この情報をお持ちでしょうか?

  • 持ってますよ。そうなんだけど、初値がどのぐらいホットになるかということだけであって、高いところで空いて買い付くと不利になる。
  • たとえば、エヌシーノという会社がIPOされたけど、すごく値を飛ばした。良い会社だけど、この水準から追いかけるのはしんどい。
  • すべて出たところ勝負。IPOの値決めをする仕事をしたことがあるし、アフターマーケットでのトレーディングもした。ここらへんの呼吸はすごくよく分かっているが、ふたつとして同じIPOはない。IPOは一回一回が赤ん坊と一緒で無垢の状況。白紙の状態で臨まなければならない。そのぐらい難しい。だから、飛びついて買えば必ず儲かるものではない。

ZIと今日紹介されたJAMF,BLI どれか一つに投資するならじっちゃまならどの銘柄がおすすめ?

  • それはまだわかりません。ジャムフとバークレーライツはどのぐらいの水準で開くのかわからないから。ズームインフォは、IPO後初の決算発表を待って良い決算だということを確認してから買いたい。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLABCDBLI
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました