ブルームエナジー(BLOOM ENERGY BE)

be

スポンサーリンク

2020/06/01:非常に信頼性の高い技術

原油相場がしばらく低そうですが、それに伴いBEはどうでしょうか?エネルギー株もダメでしょうか?

  • いいんじゃないかなと思っています。
  • ブルームエナジーの顧客の大半は、Googleのデータセンターとか。あるいはJPL、これはNASAのロケット開発の政府機関。あと大病院など、停電で電気が止まっては絶対に困る。そういう需要に対して、フュエルセルをやっている。
  • フュエルセルというのは、化学反応によって電気を作る。もしくは、電気から酸素を作るとかをやっている。
  • スペースXのロケットが打ち上げられて、宇宙飛行士が宇宙ステーションについたけど、宇宙ステーションで酸素を作るシステム、それはフュエルセルで作る。
  • 実は、宇宙ステーションの酸素製造機器を作った人がブルームエナジーの社長さんなんですよ。
  • フュエルセルというのは非常に信頼性の高い技術。実際に、宇宙ステーションでも何十年も稼働している。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLABCDエネルギー株BE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました