ファストリー(FASTLY ティッカーシンボル:FSLY)

FSLY


スポンサーリンク

2021/08/05:EPSはOK、売上高、ガイダンスは×

ファストリー 第2四半期決算 EPSはOK、売上高、ガイダンスは×

スポンサーリンク

2020/08/09:心配していません

  • データドッグ(DDOG)、ファストリー(FSLY)などの決算3要件をクリアした会社の株価下落をどう捉えれば良い?
  • 基本的には心配していない。買い場だと思っている。
  • 強いて言えば、ファストリーは予想を上回ったbeat幅が不満足。もう少し良い数字で出てきてもいいと思う。
  • ファストリーは最大の顧客はTikTok。TikTokはアメリカ資本にならないと商売してはいけないとトランプ大統領が言い始めている。MicrosoftがTikTokを買収するといわれているが、そういった不安がTikTokを顧客としているファストリーにも影を落としている。
  • ただ、TikTokがMicrosoftに買収された場合でも、ファストリーが今獲得しているTikTokのビジネスには変更がたぶんないと思う。その理由は、Microsoft自体がすでにファストリーの顧客だから。
  • 具体的には、コーダーエンジニアたちのフォーラムがあるが、ファストリーによって駆動されている。Microsoftとファストリーの関係は良いので心配していない。
  • データドッグも心配していません。
スポンサーリンク

2020/07/19:決算でホームランだした

勝額よりも勝率に拘らなければいけない?

  • そうだと思う。勝ちの幅を決めるのは、チャートではなく決算。ホームランがわかるのは、決算なんです。
  • たとえば、ファストリーという銘柄があるよね。IPO後、しばらく鳴かず飛ばずだったけど、この前の決算はホームランだった。
  • それを起点に株価が動き始めた。スコーン!という決算を何回か繰り返すとテンバガーになる。
  • 株価のアップサイドをみるときは、決算で見てください!
  • チャートでクリーンヒットだわ!という手応え感じる?俺はどうかねと思う。
  • 勝率、とにかく塁に出ることにこだわって。負けをいかに少なくするか。ポテンヒットでいい、バントでもいい。ホームランは決算を軸に判断する。
スポンサーリンク

2020/07/15:念には念を入れて次の決算まで待つ手が良いと思う

エッジコンピューティングでFSLYが話題ですが、AKAM,NET,DDOGは投資対象としてどう?

  • データドッグは今の流れに乗っていると思う。
  • アカマイは今の時流からは外れている。コンセプトがひとつ古いと思う。僕ならファストリーのほうがいい。

FSTYはここからでも買いでしょうか?

  • 僕は大丈夫なような気がします。この前の決算も良かった。
  • 保守的なやり方をするのではあれば、次の決算まで待ってそれが良いことを確認してから買って下さい。念には念を入れてしばらく待つという手が良いと思います。

常々決算を見てからの買いと仰っていますが、今回の様な調整時に欲しかった銘柄を買い付けるのはありですか

  • 最近決算発表している会社で、決算が良かった銘柄を買うという手はある。たとえばファストリーみたいにね。

FSTYの優位性を教えて

  • 面白い会社。クラウドのエッジコンピューティングの会社。
  • ソフトウェアのチカラでネットワークのエッジのコンピューティングリソースを割り振っている。今の機宜を得た銘柄だと思う。
スポンサーリンク

2020/07/12:エッジ処理高速化のど真ん中の銘柄

エッジ処理の高速化ですとSiフォトニクスが一時期盛り上がってましたが、注目銘柄ありますか?

  • ファストリーが良いのではないかと言われるが、僕もそう思う。
  • ソフトウェアによって、エッジにおけるコンピューティングリソースを割り振るサービスだと思う。
  • だから、ファストリーがど真ん中の銘柄。
スポンサーリンク

2020/07/09:良い決算を出した直後が買いポイントだった

FSLYは好決算の発表後から上がり始め、1ヶ月以上経ってから出来高が急増し株価が急伸しました。機関投資家が本格的に買い参入するのは決算発表から大体何日後ですか?

  • 決算が出た直後から人気になったんじゃなかったっけ?
  • あのとき軽くめまいを覚えるような良い決算だったよね。それが買いポイントだった。
  • クラウドのエッヂコンピューティングの会社だよね。
  • youtubeライブやズーム会議とか、インターネットの使い方がずいぶんと変わってきている。昔はTwitterとかテキストだったけど、今はどんどんビデオに移ってきている。
  • クラウドのなかでエンドユーザーに近いところに、なるべく集中させようとする。たとえば今youtubeライブが始まっているから、そこに容量をこのサーバーに割こう…とか自動的に割り当てて、配信が途切れないようにしている。
  • ズームのブームとファストリーの好決算というのは表裏一体なんです。そういうことが今、起きている。
スポンサーリンク

2020/07/06:前回の決算は良かった

  • エッジコンピューティング、プログラマブル・エッジ・プラットフォームを主にソフトウェア会社に提供する会社。
  • 第1四半期の決算は、EPS予想-12セントに対して-6セント。
  • 売上高予想5,940万ドルに対して6,300万ドル。売上高成長率前年同期比+38.2%。
  • 第2四半期のガイダンス、EPS予想-11セントに対して新ガイダンス-2〜0セント。売上高予想5,996万ドルに対して、新ガイダンス7,000〜7,200万ドル。
  • 2020年度EPS予想-40セントに対して新ガイダンス-15〜-8セント。売上高予想2.6億ドルに対して2.8〜2.9億ドルが提示されている。

ファストリーを買いましたが早すぎましたか?

  • そんなことない。

ファストリー買いですか?

  • 次の決算発表を待ちます。
スポンサーリンク

2020/07/02:次の決算まで待って

LVGO, FSLY 今上げていますが、次の決算まで待って、それを見てから買ったほうがいいでしょうか?

  • はい、そうしてください。
スポンサーリンク

2020/06/28:次の決算を待ちます

Fastly上がりすぎていますが、今から買いに入って大丈夫?

  • 普段から決算を見てと何度もお願いしています。
  • ファストリーは良い決算が出たことをきっかけに加熱した。
  • 良い決算が出て、跳ねた後から参戦していくことがいかに重要かということがファストリーで証明されている。
  • 今は、フィーバーしているので、次の決算を待ちたいと思う。
  • 次に良い決算を出せるのであれば、跳ねた後で買って下さい。それが一番安全なやり方なんです。機関投資家からの大きな買いを順風にうけながら買っていくやり方だから。
  • 悪い決算を出したにもかかわらず、自分はこのストーリーが好きだから持つとかはしないで。ガクンと株価が下がった後で、機関投資家がたくさん売ってくる。その売り圧力に個人が立ち向かったって意味がない。
  • ファストリーは次の決算を待ちます。
  • 彼らがやっていることは面白いと思う。クラウドを通じてロードバランスを提供している。これまで企業のIT担当者の仕事だった。
  • しかし、ファストリーが出てきてからそれがエンジニアの担当領域に変わってきたということ。
スポンサーリンク

2020/06/25:良い銘柄だと思う

ファストリーはいかがですか?

  • 非常に勢いのある株。面白そう。
  • もう少し決算を観察したいと思うけど、基本的には良い銘柄だと思う。
スポンサーリンク

2020/06/07:しらない

FSLYが上がってますが見通しどうでしょうか。またFSLY、EBSみたいに地味めの有望株他にあれば

  • その株、しらない。ごめんなさい。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLEFGHハイテク株FSLY
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました