米国株の営業キャッシュフローマージンを調べる方法

こんにちは酒とロック(@saketorocks)です。

じっちゃまが教える投資法に「Market Hack流投資術10ヵ条」というものがあります。

詳しくはじっちゃまの書籍を読むべきだと思うので割愛しますが、これを投資初心者でも理解しやすくしたのが「じっちゃまの投資学」。

…と、ぼくが勝手に名付けているものです。まず、覚えることは三つだけ。

じっちゃま投資学
  1. 15%以上の法則
  2. 決算!決算!決算!
  3. テメェの価値観、鼻くそピーン!

たぶん、じっちゃまの事を知らない人は「なんのこっちゃ??」でしょう。

本当は「Market Hack流投資術10ヵ条」と名付けられているとおり、正確には10個の教えが著書に記されています。

これ、最初のうちはなかなか覚えられないもの。

なので、10ヵ条のうち、まずは3つに絞って頭にたたきこんでみるのが良いと思います。

そんなじっちゃま投資学のうち「15%以上の法則」は、米国株の銘柄選定の際、知っていればかなり有効なやり方だと思います。

スポンサーリンク

営業キャッシュフローマージンが15-35%の銘柄を狙え

「15%以上の法則」というのは、じっちゃまのお言葉を借りるとすると「営業キャッシュフローのよい会社を買え」ということに尽きます。

さらに突き詰めていうと、具体的には「営業キャッシュフローマージン(以下、営業CF)が15-35%の銘柄を選びなさい」ということです。

なぜ、15%以上か。それは、全米株銘柄の平均値が11.9%だから…だったような(間違ってたら指摘してください)。

ちなみに、最近IPOして間もない企業の場合は、15%以上の法則に当てはまらなくてもOKと、じっちゃまは考えています。

前置きが長くなりました。

ではその営業CFを調べるために、どうしたら良いのかということですが、その手順を記しておきます。

スポンサーリンク

営業キャッシュフローマージンの算出方法

まずは米国版Yahoo!ファイナンスへGO!

検索で銘柄名(ティッカーシンボル)を入力する。

出てきた画面からFinancialsを確認

画面はティッカーシンボルGOOG。つまりアルファベット(Google)。

クリック後、表示される画面のCash Flowを確認

このときQuarterly(四半期)ではなく、Annual(年次)データを確認すOperating Cash Flow(営業CF)の数値を確認しメモ。

同じくFinancialsのIncome Statementを確認。Pretax Income(税引き前純利益)を確認。

純利益と営業キャッシュフローを比較。営業CFがその年の純利益よりも大きい数値でなければならない。そうじゃない場合は粉飾の場合があるので注意。

 202020192018
Operating Cash Flow65,124,00054,520,00047,971,000
Pretax income48,082,00039,625,00034,913,000

つまり、Operating Cash Flow(営業CF)>Pretax Income(税引き前純利益)でなければならない。上表は、いずれもOperating Cash Flowのほうが数値は大きいのでOK!

次にTotal Revenue(売上高)を確認

このとき、営業CFが売上高の何%を占めているかを確認する。これが営業CFマージンになる。

営業CFマージン=営業CF÷売上高

営業CFが15-35%ならばOK!

 202020192018
Operating Cash Flow65,124,00054,520,00047,971,000
Pretax income48,082,00039,625,00034,913,000
Total Revenue182,527,000161,857,000136,819,000
営業CFマージン35.7%33.6%35.1%

営業キャッシュフローマージンが15-35%程度なら投資の勝率がアップする!GOOGは優秀な企業であることが、これでわかる。

まずはここまで覚えておくべし!

Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃま株式投資の基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました