じっちゃま銘柄逆引き辞典:トライトン・インターナショナルまとめ(Triton International TRTN)

じっちゃま銘柄逆引き辞典(トライトン・インターナショナル編)です。

じっちゃま(@hirosetakao)がトライトン・インターナショナル(ティッカーシンボル:TRTN)について発言された内容を主に時系列でまとめています。投資ストラテジーにお役立てください。投資判断は自己責任でお願いします。

※あくまでも管理人が把握できたものであり、すべてではありません。※引用元はじっちゃま(@hirosetakao)のTwitter、youtubeチャンネルなどから行っています。

スポンサーリンク

2021/05/06:いいけど…

  • いいんだけど、他のほうが元気が良いよね。
  • DACとか。すごい。正直言ってここまで株価が伸びるとは想像していなかった。6ドルぐらいのときに言ったんだけど、最近のアップサイドは取り逃している。
スポンサーリンク

2021/05/01:通常のセオリーでいけば売り

決算ミスしたが原則通り売るべき?

  • 決算確認しますね。第3四半期EPS予想1.74ドルに対し結果1.91。売上高予想3.54億ドルに対し3.47億ドル。売上高成長率前年同期比7.8%。
  • 決算コメントは結構強気だった。経営陣的にはまだ行けるというコメント。
  • 売上高的にはショートしているので、通常のセオリーでいけば売りということ。
スポンサーリンク

2021/04/18:ホールドOK

  • ホールドしててOKだと思います。

2021/04/09:ハイパーグロース株を買った方がよっぽど良いよね

  1. 個別に悪い材料があるというわけではない
  2. ただ、なぜシクリカル株が良いと半年ぐらい前に思ったかといえば、ワクチン完成したら景気が復活すると思ったから。実際に、ワクチンが承認されて、今、経済が力強く元に戻ってきた。
  3. 株式は未来を織り込む習性がある。我々は今ではなく、未来を見るべき。
  4. 1年後、2年後の未来を見た場合、どういう未来があるかというと、米国経済でいえば、今ほどカーッと熱い経済成長ではなく、もう少し沈静化したマイルドな成長。
  5. 米国のGDP成長率は今年は6.4%といわれている。今の段階では一番成長していると思う。そして来年は3.3%。その次は2.2%。
  6. GDP成長率が3.3%とか2.2%だったら、ハイパーグロース株を買った方がよほど良いよって思う。
  7. 経済は刻々と動いている。状況も、金利も変化している。それに合わせて、ストラテジーを微調整していかないと。いつまでもチューニングが外れていたままで放置するのは良くない。

2021/04/04:好き

  • TRTN、TURN、両方とも好き。

2021/03/26:この辺なら許せる

  • まだ大丈夫。
  • シクリカルに属するがこの辺なら許せる。

2021/03/17:ホールドOK

  • ホールドして大丈夫。

2021/03/05:ホールドOK

  • ホールドOKです

2021/03/02:非常に業績が良い

  • いいと思います。コンテナリースの会社で今非常に業績が良い。
  • コンテナの会社。貿易、それも中国からアメリカに完成品を送る。そういうことに敏感なビジネス。

2021/02/14:買おうかなって逡巡している銘柄

  • 今僕が買おうかなって逡巡している銘柄はこれ。トライトンインターナショナル。高速道路とか走っていて、大きなコンテナを積んだトラックが日本でも走っているかどうかはわからないけど、赤茶色のコンテナの端っこの方を見るとトライトンという風に書いてあるコンテナが多い。つまりコンテナリースの会社。
  • 今、世界の海運は新型コロナ以降、息を吹き返している。コンテナ船が不足している。とりわけコンテナが不足している。
  • 需要が凄く偏っている。中国からアメリカ向けのコンテナは満載されているけど、アメリカから中国へのコンテナは空っぽ。
  • コロナが発生したときに船がばったり止まっちゃった。自分たちが想定していない場所に無駄なコンテナが放置されている。そういう理由によってコンテナの需要が高まっているとみている。この銘柄は面白いかな。
  • 新規投資ならSBLKよりよい。この銘柄のほうが財務的リスクは遙かに少なく手堅い。
  • SBLKは7ドルぐらいで買い推奨した。今14ドル。DACは7ドルぐらいで言っていて今37ドル。いくらなんでもやり過ぎ。TRNTはあまり動いていない。
  • DACとトライトンは同じだからね。コンテナのリースをしているだけ。トライトンに行けばいいじゃん。
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

銘柄逆引き辞典TRTNTICKER SYMBOLQRST消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました