ジュミア(Jumia ティッカーシンボル:JMIA)

じっちゃま(@hirosetakao)がアフリカのAmazonといわれるジュミア(ティッカーシンボル:JMIA)について発言された主な内容を、時系列でまとめています。投資ストラテジーにお役立てください。投資判断は自己責任でお願いします。

※あくまでも管理人が把握できたものであり、すべてではありません。※引用元はじっちゃま(@hirosetakao)のTwitter、youtubeチャンネルから行っています。

スポンサーリンク

2021/09/05:終わっている

  • 終わっていると思う。
  • 最近、見てもいない。
スポンサーリンク

2021/06/29:金利は上がらないと思う

  • 金利が上昇すれば売られるリスクはあります。
  • でも、金利は上がらないと思うよ。たぶん。ジャクソンホールになってみないと分からないけど。今の雰囲気では長期金利は下ですね。
スポンサーリンク

2021/04/18:なぜこういう銘柄を突っついているのかよく分からない

  • 決算出てないと思うけど。どうなってんの?ちょっと待てよ〜。
  • 公募はしているよね。シティグループの幹事で。
  • 896万株。かなりまとまった株数だよね。
  • アットザマーケティングオファリングで公募されているね。
  • ニュースを見た感じでは公募が終わったのかわからない。あまり良くない。
  • なぜこういう銘柄を突っついているのかよく分からない。
管理人
管理人

この時点では2/24以降、決算発表はされていません。公募はアットザマーケティングオファリングでされており、3/30に完了しています。

スポンサーリンク

2021/04/05:決算が悪かったからといって株を売るような方の投資には向いてない銘柄

スポンサーリンク

2021/04/03:夢があります

スポンサーリンク

2021/03/30:アット・ザ・マーケット(ATM)完了を発表

スポンサーリンク

2021/02/18:アット・ザ・マーケット(ATM)売出し

  • ジュミア(JMIA)アット・ザ・マーケット(ATM)売出し。896万ADS。シティグループ。
スポンサーリンク

2021/02/06:ちょっと上げすぎじゃない?

  • 決算の情報がわからない。ちょっと上げすぎじゃない?
  • 僕はあまり好きじゃない。
スポンサーリンク

2021/01/14:会計疑惑、出たよ

  • JMIAは会計疑惑出たよ。それで僕は乗れなかった。
  • JMIAがIPOしたときに世界で一番早くこの銘柄が面白いと紹介したのは僕。その後で、あの会社帳簿がおかしいという噂が出て、僕もそれを引っ込めた。ちゃんとした決算が出せなかった。
  • 今、ようやく決算が出せるようになってきたから株価が上がってきた。
  • もしJMIAを持っているなら、IPOしたての頃からのチャートを遡ってみてご覧。
  • IPOして、ギトギトに下がっている。その理由は決算が悪かったから。決算がすべて。決算がすべて。決算がすべてなんです。
スポンサーリンク

2021/01/11:決算待ち

  • 決算を待ちたいと思います。
スポンサーリンク

2020/12/20:きちんとした数字を出す必要がある

  • アフリカのAmazonみたいな会社。
  • IPOしたときに、これは面白いと思って注目した。
  • IPO後に悪い決算を繰り返して、ずっと鳴かず飛ばずでした。
  • 今、アフリカにも新型コロナが蔓延しているので、ストーリーとしてはAmazonとかアリババと同じで買われているんだと思う。
  • 決算発表できちんとした数字を出す必要がある。それをピシッとできる会社になるなら、もっと高くなるだろう。
  • だけど今は、「本当にできるのかよ」っていうことを立証しなければいけない立場だと思う。
スポンサーリンク

2020/12/01:ATMオファリングで売出し。注意して!

  • MELI・JMIA・OZONどう?⇒一番しっかりしているのは、MELIでしょうね。OZONはよく知らないけど、研究しておきます。
  • ジャミア(JMIA)が797万株をATMオファリングで売出し。注意して!
スポンサーリンク

2020/11/21:ひょっとしたら相場が若いかもしれない

  • 新値更新してきているね。
  • これはアフリカのAmazonみたいな会社。
  • IPO直後に決算をしくじって、鼻くそピーンって感じで放置していた銘柄。
  • 今、ようやくシャキッと業績を立て直してきて、株価が上昇してきている。
  • ひょっとしたら相場が若いかも。今後も注目するに値する銘柄。
スポンサーリンク

2020/10/25:見解は特にない

  • 最近、株価が上がっている。
  • 先日M&Aのスペキュレーションでちょっと株価が跳ねている。
  • JMIAに関しての見解は特にない。
スポンサーリンク

2020/06/25:アフリカは面白いが…

アフリカ諸国のインフラが整備されてくれば株価上昇するのでは?

  • アフリカは面白いと思う。
  • しかし、ジュミアはIPO後、帳簿面でしっかりしていないということが言われていて、すっきりした決算を出せていないので敬遠している。
  • 二期連続ぐらいでしっかりした決算を出せたら、見直そうと思う。
  • もっといえば、後回しにしているということ。
スポンサーリンク

2019/05/13:ひどい!とくかく逃げて!

  • ジュミア(JMIA)決算発表。売上高ものすごく未達。ひどい!
  • いま細かい点を調べ中。とにかく、逃げて!
スポンサーリンク

2019/05/11:「詐欺」と決まったわけではない

  • はい。5月16日だと思うけどJMIAが決算発表します。そのときに会社側としてはシトロンに反論する機会があると思います。
  • あ、ごめんなさい、決算発表日は5月13日。コンセンサス予想は-68¢ですね。
  • まずシトロンは好きです。
  • アンドリュー・レフトという人が、ほぼひとりでやっている会社です
  • かつて中国株ADRの不正を次々に暴いた実績があります。
  • ただ彼が百戦百勝か?といえば、そうではないです。一例として最近ではリフトに強気です(笑)
  • シトロンはおもに「売り」から入ります。ショートは、かなり確信を持たないと出来ないので、実際に足を使って調べつくしていると思います。
  • ただ、昔の中国株ADRのショートと、現在のJMIAのショートでは大きく違う点もあります。かつて彼がショートした中国株ADRの多くは、いわゆる「裏口上場」であり、主幹事証券のデュー・デリジェンスがありませんでした。
  • 今回のJMIAの主幹事はモルガンスタンレーであり、当然、しっかりしたデュー・デリジェンスを行っているはず。
  • まとめると、シトロンの売り推奨は僕としては厳粛に受け止めています。ただ、まだ「詐欺」と決まったわけではないと思っています。だから今度の決算発表を待ちたいと思います。
スポンサーリンク

2019/05/10:慎重に臨んだ方がいい

  • ジュミア(JMIA)に対し空売り筋シトロン・リサーチが「これは詐欺だ」というレポートを出しています。
  • 先日のジュミアの大株主MTNの「ロックアップが明けたらジュミア株を売りたい」という発言と合わせて考えた場合、ここは慎重に臨んだ方がいいですね。
スポンサーリンク

2019/05/01:大株主MTNがロックアップ明け次第、売却すると発表し急落

  • ジュミア(JMIA)は大株主MTNが「ロックアップ明け次第、売却する」と発表し急落。
スポンサーリンク

2019/04/17:ぎゃぁぁぁぁーーーー!

  • ぎゃぁぁぁぁーーーー! ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)www
  • 楽天証券はジュミア(JMIA)扱いますね。
  • うわ、ジュミア、寄り前気配+12%
スポンサーリンク

2019/04/13:アフター・マーケットは+67%と強い

  • ジュミア(JMIA)レンジの中ほどで値決めされたにもかかわらずアフター・マーケットは+67%と強い。
スポンサーリンク

2019/04/12:14.5ドルで値決め

  • 「アフリカ大陸のアリババ」ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)は14.5ドルで値決め。今朝からトレードへ。
スポンサーリンク

2019/04/08:アフリカ大陸のアリババ

スポンサーリンク

2019/03/31:NY市場にIPO

スポンサーリンク

2019/03/18:アフター・マーケットは+67%と強い

  • ジュミア(JMIA)レンジの中ほどで値決めされたにもかかわらずアフター・マーケットは+67%と強い。
ティッカーシンボルJMIATICKER SYMBOLIJKL消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました