2021年7月ポートフォリオ。楽天証券さんIPO対応、早よしてくれ!

久々のじっちゃまライブ。疲れ切った仕事終わりに、4時間の講義。さすがに集中力とエネルギー消費がすさまじかったです。それをやり切るじっちゃまは、ホントすごいわ。

何回も聞かないと頭に入らないバカなので、ジョグしながら何度もリピート。本当にYoutubePremium、一度入ったら抜けられませんね。ヤバイ。

もれなく…とはいいませんが、このブログにもいくつか銘柄追加しました。

今回のライブコメントは、しんどかった。まとめるのに4日も要しました。キーボードの打ち過ぎで、いつか腱鞘炎になるんじゃないかと心配です。

さて、7月の戦略を。

アノマリー

相変わらずアノマリーに基づいて、7月は強気。

といっても、短期トレードは強気なんでしょうね。結局、僕は下手くそなので、長期トレードじゃないと、うまく相場が張れないことに気づきました。

6月のゴールドはうまく売り抜けましたが、それで欲が出てハーモニーでかすり傷を負いました。強欲になるときが一番危ない!って、まさにそのとおりだと痛感。

オニール式で即損切りできたので、そこは良かったです。

今まで株で損していないのは、早めに損切りしているから。損切りってメッチャ大事ですね。

景気循環サイクルでいうと、米国の現在地は右下のブラウンゾーン後半に突入している感じでしょうか。ヘルスケア株、消費安定株その辺は仕込み時なのでしょう。

現在のポートフォリオちゃんです。

銘柄保有率損益
EURN4.46%-0.9%
NCNO6.24%-14.4%
RPRX23.22%-6.3%
VTI44.61%12.4%
ZI4.19%8.0%
ZM17.29%9.4%

全体では、無事プラスに転じています。

VTI、ZI、ZMがずいぶん黒転換に貢献しました。EURN、RPRXは6月に少しだけ買い増し。RPRXは40ドル切ったら必ず買い増し。

ZMは吐きながら買っていましたので、今、ようやく肩の荷が下りた感じです。よしよし。NCNOも持っていれば、そのうち上がるでしょう。悪い材料は何もありません。

今月は、VTI以外の買い増しはせず、8-10月に備えてキャッシュを貯め込みます。自分のRevenueを増やすことに注力って感じ。

それにしても楽天証券はIPO対応が遅すぎますね。じっちゃまも怒っていましたが、宇宙関連とかも仕込みたい僕としてもイライラしちゃう。

リーガルズームとミスターカーウォッシュ、入りたかったなぁ。

投資日記ポートフォリオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました