ノババックス(NOVAVAX ティッカーシンボル:NVAX)

https://www.novavax.com/
https://www.novavax.com/investor-relations-contact
スポンサーリンク

2021/07/25:ノババックスに関しては、本当にイミフ。よくわからない

今から買って良い?

  • ん~、この会社に関しては完全に外しているんで、僕のいうこと当てにならないと思う。
  • まだ第一層臨床試験の詳細データを出していない。
  • 元FDA長官であるスコットゴドリーブは、ノババックスのデータはいいとテレビで言っている。
  • 何をベースに言っているのかわからないけど…。
  • ま、彼は特別にそういうことを知りうる人間なのでいい加減なことは言っていないと思う。
  • でも、ノババックスに関しては、本当にイミフで、よく分からない。
  • モデルナだって第一層臨床試験が足りないということでボコボコにされた。76ドルだっけ?値決めしてその後でモデルナ批判が噴出して、株価が60ドルぐらいまで下がった。
  • でも、ノババックスって何もデータを示していないのに、なんでみんな喜んで買っているのか僕には分かりません。
スポンサーリンク

2021/07/06:臨床できるか…心配している

  • 今後、ワクチンが複数承認される可能性がでてきたかも。
  • その場合でも、最初のワクチンが承認されたら後のワクチンは全滅かというとそうではない。ワクチンはひとつよりふたつのほうがいい。ふたつより3つのほうがいい。それぐらいないと世界の人に行き渡らない。
  • 同じ事は治療薬にもいえる。レムデシビルがいい、ステロイドがいいという話が出ているけど、VIRのお薬だっていい。
  • HIVの薬も最初のお薬はAZTだけど、他のお薬が出てきてダメだった?死なないでしょ?ガンのお薬だってそう。多ければ多いほどいい。
  • 新型コロナのお薬も多ければ多いほどいい。ワクチンもそう。
  • 今は、投資家がバカタレだから、ひとつのワクチンができたら治療薬を売っているバカがいるけど、それは経験が乏しいから。そうじゃない。多ければ多いほどいい。
  • ただし、ワクチンに関して言うと、3万人を巻き込んだ臨床試験をするというのは大変なこと。ものすごくつらい。ファイザーはそれができるから、NIHのヘルプはいらないといって、サッサと臨床試験をしているが、どの銘柄も同じ事はできない。心配ししているのは、イノビオ(INO)。彼らに第三層臨床試験ができるかといえば、絶対にできないと思う。ノババックスも、どうだろうね~おんぶに抱っこでお尻を拭いてあげて…というかんじで、ようやく第三層臨床試験ができる程度。
  • デカい企業が臨床しはじめれば、部屋の中の空気がどんどん薄まるわけですよ。零細なワクチン開発をやっている企業は臨床しようと思っても臨床できない。
  • 日本もワクチン開発しようとしているわけだけど、なんだか知らないけど大学のチームと組んで(アンジェスが)開発しまーすといっているけど、あんたら臨床できるの?って。
  • フェーズ1、フェーズ2ができるような環境にない。はっきり言って。アメリカに来て臨床するってことなら話は別だけど。それでもできないと思うけど。
  • そういうこと投資家は知らないから、(アンジェスが)買われているけどクソバカげている。
スポンサーリンク

2021/06/04:売りだと思う

もしNVAXが成功した場合、トランプ陣営は一切援助せずゲイツ陣営のみで世界に広めるのですか?

  • プレスリリースを出している。韓国で臨床試験をやると言っていた。
  • 爆速ワクチン計画に採用されなかったネガティブは、ノババックスのワクチンが承認されるされないというワクチンそのものの問題ではなくて、臨床試験のやりやすさなんです。
  • 爆速ワクチン計画に採用された5社が、一斉に臨床試験をはじめると他の企業がはじき出されて、臨床をすすめることができなくなる。
  • ノババックスが直面している問題はつまりそういうこと。
  • だから韓国に行くということになっている。
  • ノババックスのワクチンが成功しないということが決定したわけではない。だけど、大幅に苦しくなったという理解をすべき。

オペレーションワークスピード株が上がらなかった理由は?

  • 金額が示していなかったから。あれはニューヨークタイムズのリーク記事です。
  • 今後、政府の方から個別できちんきちんとこの企業は採用した…ということを発表していくと思う。
  • 一企業あたり、第三層臨床試験は3万人の被検者を募ってワクチンを打たなければならない。今、5社採用されたわけだから、ぜんぶで15万人の臨床試験をやる。これは馬鹿でかい。
  • 今、トランプ政権がガクブルになっているのは、臨床試験に参加してくれる被検者が出てこなかったらどうしよう…とものすごく心配している。
  • 臨床試験をやっている!アメリカのために役に立つことをしてみませんか?もしお国のためにと思うなら、ワクチンの実験台になってくださいというふうにマーケティングしなければいけない。
  • だから、今後、トランプ政権はワクチンプロジェクトを大々的に宣伝すると思う。ボランティアが多ければ多いほど、臨床がデザインすることができる。
  • ノババックスが選に漏れて韓国に行くと決めたかというと、そのマーケティングキャンペーンに乗れなくなっちゃうから。
  • これからもトランプ政権は吹聴する。ワクチンくるぜ!希望を失うな…と。
  • なぜ米国株が上がっているのはなぜ?つきつめていえば、ワクチンが来るんだぞということを皆が囁いているから。ワクチンが来たら、新型肺炎を忘れて良いのね!忘れて良いのね!と言い含められているから、株価が上がっている。
  • 今後、そういう盛り上がりは一層ボリュームを大きくして、声高に喧伝されるわけだから、投資家として何をやらなければいけないかというのはわかりきっている。買いということ。

爆速ワクチン計画に採用されなかったイノビオ、ノババックス、ソレント、バックスアート、オリティニュウムはワクチ開発の結果を待たず、即売りですか?

  • はい、僕は売りだと思います。
スポンサーリンク

2021/05/13:あまり感心しない

  • 昨日、株価がぶっ飛んでいる。
  • SEPI(感染症流行対策イノベーション連合)、ゲイツ基金から後ろ盾を得た非営利団体から、3.8億ドルの寄付を受けた。
  • SEPIは世界の製薬会社に対して、新型肺炎ワクチンの予算を受けたいところを募った。イノビオ、ノババックスなど、いろんな企業がファンディングを受けた。
  • 今回の3.8億ドルの資金は第二陣。途中経過をSEPIに報告し、それをベースにして今までで一番大きな額、3.8億ドルを寄付された。それで株価が伸びた。
  • ワクチンが完成したというわけではなく、研究の骨子がしっかりしているというだけ。
  • 問題点としては、ノババックスのワクチンがトランプ政権の爆速ワクチン計画の後ろ盾を得て、量産のゴーアヘッドをもらえるかというのは、僕はわからないと思っている。
  • 昨日決算発表があって、ノババックスの決算カンファレンスコールを聞いたが、今、新型肺炎ワクチンの研究レビューを言っていたけど、あまり感心しなかった。そういう意味においては、ノババックスも、モデルナでさえ、ん~って感じ。
  • チームとしては、あまり感心しない。でも6月7月に臨床試験の結果がわかる。
  • 寄付をうけた3.8億ドルでワクチンを量産するけど、量産の下請けはエマージェントですよ。
スポンサーリンク

2021/04/25:ワクチン開発に名乗りを上げているが、あまり感心しない

  • ノババックスはワクチン開発に名乗りを上げている。
  • ワクチン株はいい加減な会社が多いから気を付けたほうがいいよ。
  • ノババックスとかバックスアートとかイノビオに言及したけど、会社としてはあまり感心しない。実績がない。
  • この株のワクチンが成功するんだ~とかハナから決めてかかってその株を買うのは博打。そういうの嫌い。
ティッカーシンボルTICKER SYMBOLヘルスケア株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました